『ぬるくゆるやかに流れる黒い川』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『ぬるくゆるやかに流れる黒い川』櫛木 理宇 双葉文庫 2021年9月12日第1刷

ぬるくゆるやかに流れる黒い川 (双葉文庫)

殺すのは、女なら誰でもよかった」 女性憎悪の闇を追う長篇サスペンス

六年前、武内譲は二つの家族を惨殺し動機を明らかにしないまま拘置所で自殺した。遺族の栗山香那と進藤小雪は事件当時の武内と同じ二十歳になったときに再会する。「事件を改めて調べよう」 と小雪は香那を誘う。なぜ私たちの家族が殺されなければならなかったのか。真相の周縁にあったのは、世代を超えて女性憎悪の感情で繋がる男の存在だった。注目の作家がおくる長篇サスペンス。(双葉文庫)

清治郎 松治 ミチ トミ 元治郎

兄 (アボ) サンカラ 聞キヨツタラウガ
姉ジョハ 外国サン行クゴツ 決モウタバツテ
ヤウカササ会ヱマセン
外国サンノオショウバイバ ガンバツテ ソウ金スルケンデ
オマエラハ 兄サンノ云フコツバ ヤウ聞ヰテ
イイ子デ タッシャデ ヲルヤウニ
ハナサンヨリ 兼サンヨリ
一番ハヤウニ帰リマス

明治四拾四年 伍月拾伍日
武内チヤ

たまたま玄関のドアが開いていたんです。だから殺しました -
栗山香那の母と弟を殺した犯人は、取調室でそう淡々と供述したという。
わずか一時間のうちに計六人を殺傷した男の名は、武内譲といった。

【鑓戸二家族殺人事件・精神鑑定へ】- 日政新聞
千葉県鑓戸市で20××年7月に6人が殺傷された事件で、殺人罪などで起訴された武内譲 (20) について、弁護側が公判でも精神鑑定をおこなうよう請求したことが関係者の取材で分かった。

起訴状などによると、武内被告は××年7月19日、鑓戸市若葉区の栗山隆司さん方に侵入、在宅だった妻の香子さん (39) と息子の峻くん (3) を包丁で殺害して逃走。路上を通行中の男性 (76) に切りつけたのち、同日に約90メートル離れた同区の進藤ハツエさん (82) 方で、同進藤さんと、同居長男の妻・佳織さん (41)、孫娘の未咲さん (9) を包丁で殺害した。

武内被告は逮捕後の取り調べで、「誰でもいいから殺したかった」、「被害者たちと面識はない。玄関が施錠されていなかったので侵入した」 などと供述した。(本文より抜粋)

武内譲の初公判は、(動機不明のまま) 翌年春に開始されます。ところが、初公判からたった二日後、彼は拘置所内で自ら命を絶ったのでした。後に残った者たちは、なすすべがありません。

それから約6年後、中学校のクラスメイトだった栗山香那と進藤小雪は、事件当時の武内譲と同じ二十歳になっています。なぜ、わたしたちの家庭だったのか、武内譲はなぜ凶行に及んだのか・・・・・・・知りたいと言い出したのは小雪の方でした。

一つの謎は新たな謎を生み出して、行き着くところが見えません。事は譲の家系の何代も前にまで遡り、遠い昔の、その土地ならではの生業にも及びます。

はじめに紹介した時代がかった “手紙” と続く文章を参考に、「その時代」 を想像してみてください。生きるが為の、女の悲愴なまでの覚悟を。男の、あまりな卑劣さを。

この本を読んでみてください係数 85/100

ぬるくゆるやかに流れる黒い川 (双葉文庫)

◆櫛木 理宇
1972年新潟県生まれ。
大学卒業後、アパレルメーカー、建設会社などの勤務を経て、執筆活動を開始する。

作品 「ホーンテッド・キャンパス」「赤と白」「侵蝕 壊される家族の記録」「209号室には知らない子供がいる」「死刑にいたる病」「死んでもいい」他多数

関連記事

『夏をなくした少年たち』(生馬直樹)_書評という名の読書感想文

『夏をなくした少年たち』生馬 直樹 新潮文庫 2019年8月1日発行 夏をなくした少年たち

記事を読む

『あこがれ』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『あこがれ』川上 未映子 新潮文庫 2018年7月1日発行 あこがれ (新潮文庫) 第1回 渡辺

記事を読む

『菊葉荘の幽霊たち』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『菊葉荘の幽霊たち』角田 光代 角川春樹事務所 2003年5月18日第一刷 菊葉荘の幽霊たち

記事を読む

『夜の公園』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『夜の公園』川上 弘美 中公文庫 2017年4月30日再版発行 夜の公園 (中公文庫)

記事を読む

『落英』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『落英』黒川 博行 幻冬舎 2013年3月20日第一刷 落英   大阪府警薬

記事を読む

『森に眠る魚』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『森に眠る魚』角田 光代 双葉文庫 2011年11月13日第一刷 森に眠る魚 (双葉文庫)

記事を読む

『玉蘭』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『玉蘭』桐野 夏生 朝日文庫 2004年2月28日第一刷 玉蘭 (文春文庫) ここではないどこかへ

記事を読む

『猫を拾いに』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『猫を拾いに』川上 弘美 新潮文庫 2018年6月1日発行 猫を拾いに (新潮文庫) 誕生日

記事を読む

『ネメシスの使者』(中山七里)_テミスの剣。ネメシスの使者

『ネメシスの使者』中山 七里 文春文庫 2020年2月10日第1刷 ネメシスの使者 (文春文

記事を読む

『ナキメサマ』(阿泉来堂)_書評という名の読書感想文

『ナキメサマ』阿泉 来堂 角川ホラー文庫 2020年12月25日初版 ナキメサマ (角川ホラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑