『そこにいるのに/13の恐怖の物語』(似鳥鶏)_書評という名の読書感想文

『そこにいるのに/13の恐怖の物語』似鳥 鶏 河出文庫 2021年6月20日初版

そこにいるのに: 13の恐怖の物語 (河出文庫 に 7-5)

怖い、でも止められない。

撮ってはいけない写真、曲がってはいけないY字路、帰ってはいけない部屋、見てはいけないURL、剥がしてはいけないシール、探してはいけない場所、思い出してはいけないモノ・・・・・・・。本格ミステリの旗手が挑む初のホラー短編集。読み進めるほど後悔する13の恐怖と怪異の物語。(河出文庫)

(第12話) インターネット・プロトコル

Google ストリートビューでね。
なんとなく、適当な道を見て回ったことはない?
それ、やめた方がいいよ。
時々、見えちゃいけないものが映ってるところがあるから。

たとえばね。
N 37.59.41 E 140.08.38 は、見ない方がいいよ。
空き地に停めてある、黒い車の中に、顔の上半分がない女が映ってるから。

それからね。
N 35.31.23 E 133.12.29 は、見ない方がいいよ。
側溝の中に、ばらばらにされた男の首と右脚が映ってるから。

それからね。
N 34.36.41 E 135.32.06 は、見ない方がいいよ。
ゴミ捨て場に積まれたクママリのぬいぐるみの横に、女の首が捨てられてるから。

それからね。
N 43.33.54 E 144.52.52 は、見ない方がいいよ。
森の中に、逆さまにぶら下がっている死体が映ってるから。

それからね。
N 35.06.17 E 136.54.37 は、見ない方がいいよ。
デニーズの看板のうしろに、頭が潰れた男が映ってるから。

言ったよね。見ない方がいいよって。
どうして見たの? すべて見たら、もうだめだよ。だから見ない方がいいよって言ったのに。
ほら、外に何かいるでしょ?
裁ちばさみを持ってる? ふうん。 じゃあ、殺されるね。
全部見ちゃ、いけないんだよ。なのに、見ちゃったんだよね。じゃあ、仕方ないよ。

N 35.36.19 E 139.40.07 は、見ない方がいいよ。
家のベランダに、裁ちばさみで刺し殺された人が映ってるから。

※13ある話の中で一番短い話が、これ。長い話で約30ページ。何気に読んだ、後でくる。

この本を読んでみてください係数 85/100

そこにいるのに: 13の恐怖の物語 (河出文庫 に 7-5)

◆似鳥 鶏
1981年千葉県生まれ。
千葉大学教育学部卒業。北海道大学法科大学院在学中に小説家デビュー。

作品 「理由あって冬に出る」「戦力外捜査官 姫デカ・海月千波」「神様の値段」「昨日までの不思議の校舎」「目を見て話せない」他多数

関連記事

『惑いの森』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『惑いの森』中村 文則 文春文庫 2018年1月10日第一刷 惑いの森 (文春文庫) 毎夜、

記事を読む

『三の隣は五号室』(長嶋有)_あるアパートの一室のあるある物語

『三の隣は五号室』長嶋 有 中公文庫 2019年12月25日初版 三の隣は五号室 (中公文庫

記事を読む

『ワルツを踊ろう』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ワルツを踊ろう』中山 七里 幻冬舎文庫 2019年10月10日初版 ワルツを踊ろう (幻冬

記事を読む

『蜃気楼の犬』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『蜃気楼の犬』呉 勝浩 講談社文庫 2018年5月15日第一刷 蜃気楼の犬 (講談社文庫)

記事を読む

『静かに、ねぇ、静かに』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『静かに、ねぇ、静かに』本谷 有希子 講談社 2018年8月21日第一刷 静かに、ねぇ、静かに

記事を読む

『あおい』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『あおい』西 加奈子 小学館文庫 2007年6月11日初版 あおい (小学館文庫) &n

記事を読む

『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』滝口 悠生 新潮文庫 2018年4月1日発行 ジミ・ヘ

記事を読む

『自覚/隠蔽捜査5.5』(今野敏)_書評という名の読書感想文

『自覚/隠蔽捜査5.5』今野 敏 新潮文庫 2017年5月1日発行 自覚: 隠蔽捜査5.5 (

記事を読む

『絶唱』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『絶唱』湊 かなえ 新潮文庫 2019年7月1日発行 絶唱 (新潮文庫) 悲しみしかな

記事を読む

『三面記事小説』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『三面記事小説』角田 光代 文芸春秋 2007年9月30日第一刷 三面記事小説 (文春文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑