『推し、燃ゆ』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『推し、燃ゆ』宇佐見 りん 河出書房新社 2021年3月15日40刷発行

推し、燃ゆ

推しが、炎上した。21歳、驚異の才能、現る。

【第164回芥川賞受賞作】

誰かを応援する気持ちが、自らを奮い立たせることがある。
逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を “解釈” することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し - 。デビュー作 『かか』 は第56回文藝賞及び第33回三島由紀夫賞を受賞。21歳、圧巻の第二作。(河出書房新社)

遅まきながら、宇佐見りんの芥川賞受賞作 『推し、燃ゆ』 を読みました。『かか』 を読み、是非にも読みたいと思いながら、あっという間に一年が過ぎました。

歳が歳なだけに、耳慣れない 「推し」 という言葉とそれが意味するところに、薄っすらとした違和感がありました。私と著者の年齢にはおよそ四十年の差があります。こんな年寄りに、はたして二十歳前の少女の気持ちがわかるだろうかと。彼女の中で激しく渦巻く感情が、同じ熱量で私の心に届くのだろうかと。

いささか頼りなくもあり、(芥川賞決定にかかる) 選考委員の講評を読んでみました。九人いるメンバーのうち、二人を選んで紹介します。

◎松浦寿輝
「リズム感の良い文章を読み進めて、その救いの喪失が語られ、引退した 「推し」 の住むマンションを主人公が未練がましく見に行くあたりまで来て、不意にじわりと目頭が熱くなってしまった」 「主人公の嗜好も生活感情も世界との違和感も、ごく特殊なものでありながら、宇佐見氏の的確な筆遣いによって、どこか人間性の普遍に届いているからだろう。」

◎小川洋子
「本作に心を惹かれたのは、推しとの関係が単なる空想の世界に留まるのではなく、肉体の痛みとともに描かれている点だった。」 「DVDの中で真幸は、大人になんかなりたくないピーターパンだった。その尖った靴の先で心臓を蹴り上げられた時、まず彼女の中に飛び込んできたのは、陶酔でも衝撃でも憧れでもなく、痛みだった。」 「推しを通して自分の肉体を浄化しようともがく彼女の姿が、あまりにも切実だった。」

あかりの推しへの強い気持ちは 〈病めるときも健やかなるときも推しを推す〉、この一念に尽きるのでした。

ラジオ、テレビ、あらゆる推しの発言を聞き取り書きつけたものは、二十冊を超えるファイルに綴じられて堆積している。CDやDVDや写真集は保存用と観賞用と貸出用に常に三つ買う。放送された番組はダビングして何度も観返す。

溜まった言葉や行動は、すべて推しという人を解釈するためにあった。解釈したものを記録してブログとして公開するうち、閲覧が増え、お気に入りやコメントが増え、〈あかりさんのブログのファンです〉 と更新を待つ人すら現れた。

アイドルとのかかわり方は十人十色で、推しのすべての行動を信奉する人もいれば、善し悪しがわからないとファンとは言えないと批評する人もいる。推しを恋愛的に好きで作品には興味がない人、そういった感情はないが推しにリプライを送るなど積極的に触れ合う人、逆に作品だけが好きでスキャンダルなどに一切興味を示さない人、お金を使うことに集中する人、ファン同士の交流が好きな人。

あたしのスタンスは作品も人もまるごと解釈し続けることだった。推しの見る世界を見たかった。(本文より)

読むうち気付くのですが、高校一年生の 〈あかり〉 という少女は、どうやら軽度の発達障害であるらしい。それが何を意図し、何を示唆しているかの確かなところはわかりません。ただ、少女がそうであることを “誤解” してはならない、ということだけはわかります。

「推し」 を推すという行為 - その先に、彼女は何を観ていたのでしょう。あかりが生きるすべての理由であり救いであった推しが、やがて 「推し」 でなくなる日がやってきます。そのとき彼女は、何をもって世界と対峙するのでしょう。

かか

この本を読んでみてください係数  80/100

◆宇佐見 りん
1999年静岡県生まれ、神奈川県育ち。
慶應義塾大学文学部国文科の学生。現在2年生。

作品 2019年、『かか』 で第56回文藝賞受賞。第33回三島由紀夫賞を史上最年少で受賞。本作が第二作。

関連記事

『まずいスープ』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『まずいスープ』戌井 昭人 新潮文庫 2012年3月1日発行 まずいスープ (新潮文庫)

記事を読む

『太陽は気を失う』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『太陽は気を失う』乙川 優三郎 文芸春秋 2015年7月5日第一刷 太陽は気を失う &n

記事を読む

『六番目の小夜子』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『六番目の小夜子』恩田 陸 新潮文庫 2001年2月1日発行 六番目の小夜子 (新潮文庫)

記事を読む

『箱庭図書館』(乙一)_書評という名の読書感想文

『箱庭図書館』乙一 集英社文庫 2013年11月25日第一刷 箱庭図書館 (集英社文庫) 僕

記事を読む

『その話は今日はやめておきましょう』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『その話は今日はやめておきましょう』井上 荒野 毎日新聞出版 2018年5月25日発行 その話

記事を読む

『夏をなくした少年たち』(生馬直樹)_書評という名の読書感想文

『夏をなくした少年たち』生馬 直樹 新潮文庫 2019年8月1日発行 夏をなくした少年たち

記事を読む

『あなたの不幸は蜜の味』(辻村深月ほか)_書評という名の読書感想文

『あなたの不幸は蜜の味』辻村深月ほか PHP文芸文庫 2019年7月19日第1版 あなたの不

記事を読む

『ブラフマンの埋葬』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ブラフマンの埋葬』小川 洋子 講談社文庫 2017年10月16日第8刷 ブラフマンの埋葬

記事を読む

『静かにしなさい、でないと』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『静かにしなさい、でないと』朝倉 かすみ 集英社文庫 2012年9月25日第1刷 静かにしな

記事を読む

『アズミ・ハルコは行方不明』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『アズミ・ハルコは行方不明』山内 マリコ 幻冬舎文庫 2015年10月20日初版 アズミ・ハル

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑