『女神/新装版』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『女神/新装版』明野 照葉 光文社文庫 2021年10月20日初版第1刷発行

女神 新装版 (光文社文庫 あ 40-9)

とびぬけて美しく華やかで、仕事も抜群にできる -
こんなに完璧なのに、この人、どこかおかしい・・・・・・・ 

(どうしてああも完璧なんだろう)。誰をも惹きつける美貌。トップの営業成績。恋人は年下の医者。会社の先輩・君島沙和子に、真澄の目はつい奪われてしまう。だが、ときに垣間見せる尖った表情、その完璧主義、秘密主義に普通ではないものを感じ始めて・・・・・・・。転職、転居を繰り返す沙和子の秘められた素顔とは? 現代社会の病理を深く抉る傑作サスペンス長編! (光文社文庫)

明野照葉という作家が、なぜ私は好きなのか。どんな理由でこの人が書いた小説を読みたいと思うのか - 。その答えは簡単で、手を変え品を変えいろんな 「悪女」 が登場し、その誰もが刺激的で、期待以上に 「悪女」 だからです。人の本性というものを、これでもかと言うほどに、剥き出しにしてみせてくれるからです。

たとえそれが犯罪であったとしても、やると決めたら躊躇なく実行し、迷うことがありません。平気で嘘をつき、人を騙します。都合よく他人を利用し、相手はそれに気付きもしません。沙和子は、皆が憧れる理想の女性を完璧なまでに演じてみせます。

本書は一種のピカレスク・ロマンと称して差し支えないだろう。女性が男性と伍して勝負し、成功するためには尋常な手段では成し得ないのである。しかし本書のヒロインがとった方法は、およそ信じがたい凄まじいものだった。といって、彼女だけが 異常なのではない。その沙和子の異常さを暴いてやろうとするふたりの女性もまた、対人恐怖症の被害妄想およびセルフ・イメージ障害で、周囲との協調がとれず、何者にもなれない ことのコンプレックスを持つ人間である。つまり、ここで描かれるのは何らかのビョーキを抱える人間ばかりなのであった。

心の病気が怖いのは、それが進行していくうちに、単に心の問題だけにとどまらず、精神や、脳にも影響を及ぼして、身体そのものを蝕んでいくことだろう。さらには、そうした歪んだ心の矛先が自分ばかりでなく、他者へと向けられたとき、そこに犯罪が発生する可能性は飛躍的に増大する。しかもその犯罪の芽は、親しい友人や家族の間でも気づかぬうちに育っていき、とある瞬間に突然爆発するのである。

沙和子の場合も、それは唐突に訪れる。
だが、それにしてもと思うのは、沙和子の絶望的な孤独感のありようだ。この暗黒の孤独には、どうにも救いがないのである。彼女がしてきたことは、たとえ正当な理由、高邁な動機がかりにあったとしても、つまるところおのれの 「欲望」 から発した俗に堕するものであろう。そのことは沙和子自身も承知していたに違いない。しかし、実際に踏み出し歩き始めてみると、そこは束の間ほども安らぐ場すらない茫漠たる荒野であったのだ。自分以外誰ひとり信じられず、救いもなく、モラルもない・・・・・・・いやそうしたものがないことが救いであり、モラルであるような、闇を抱えた人間にとっての本当の故郷を感じさせる場所であった(解説より/途中一部割愛)

※そもそも、明野照葉が書きたかったのが “悪女もの” でした。その作家としての希望がこの 『女神』 という作品によって実現し、その後、『汝の名』 『さえずる舌』 『契約』 『誰? 』 へと続いていきます。

この本を読んでみてください係数 85/100

女神 新装版 (光文社文庫 あ 40-9)

◆明野 照葉
1959年東京都中野区生まれ。
東京女子大学文理学部社会学科卒業。

作品 「雨女」「魔性」「輪RINKAI廻」「新装版 汝の名」「誰? 」他多数

関連記事

『火のないところに煙は』(芦沢央)_絶対に疑ってはいけない。

『火のないところに煙は』芦沢 央 新潮社 2019年1月25日8刷 火のないところに煙は

記事を読む

『モルヒネ』(安達千夏)_書評という名の読書感想文

『モルヒネ』安達 千夏 祥伝社文庫 2006年7月30日第一刷 モルヒネ (祥伝社文庫)

記事を読む

『豆の上で眠る』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『豆の上で眠る』湊 かなえ 新潮文庫 2017年7月1日発行 豆の上で眠る (新潮文庫) 小

記事を読む

『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『ロスジェネの逆襲』 池井戸 潤  ダイヤモンド社 2012年6月28日第一刷 @1,500

記事を読む

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行 ミーナの行進 (中公文

記事を読む

『晩夏 少年短篇集』(井上靖)_書評という名の読書感想文

『晩夏 少年短篇集』井上 靖 中公文庫 2020年12月25日初版 晩夏 少年短篇集 (中公

記事を読む

『銃とチョコレート 』(乙一)_書評という名の読書感想文

『銃とチョコレート』 乙一 講談社文庫 2016年7月15日第一刷 銃とチョコレート (講談社

記事を読む

『木洩れ日に泳ぐ魚』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『木洩れ日に泳ぐ魚』恩田 陸 文春文庫 2010年11月10日第一刷 木洩れ日に泳ぐ魚 (文春

記事を読む

『ギブ・ミー・ア・チャンス』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『ギブ・ミー・ア・チャンス』荻原 浩 文春文庫 2018年10月10日第1刷 ギブ・ミー・ア

記事を読む

『惑いの森』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『惑いの森』中村 文則 文春文庫 2018年1月10日第一刷 惑いの森 (文春文庫) 毎夜、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『歪んだ波紋』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『歪んだ波紋』塩田 武士 講談社文庫 2021年11月16日第1刷

『監獄に生きる君たちへ』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『監獄に生きる君たちへ』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2021年

『正しい愛と理想の息子』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『正しい愛と理想の息子』寺地 はるな 光文社文庫 2021年11月2

『日輪の遺産/新装版』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『日輪の遺産/新装版』浅田 次郎 講談社文庫 2021年10月15日

『虚談』(京極夏彦)_この現実はすべて虚構だ/書評という名の読書感想文

『虚談』京極 夏彦 角川文庫 2021年10月25日初版 虚談

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑