『正しい愛と理想の息子』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『正しい愛と理想の息子』寺地 はるな 光文社文庫 2021年11月20日初版1刷

正しい愛と理想の息子 (光文社文庫)

物語は、こんな場面で幕を開けます。

主人公、長谷眞は三十二歳、清掃会社でアルバイトをする傍ら、ふたつ年下の友人の沖遼太郎と組んで、偽宝石売りをしています。
(中略)
もちろん、長谷は偽宝石を偽物として売るのではありません。長いまつ毛に陶器のような肌を持つ、きれいな顔の友人、沖と共謀して、女性を罠にかけて売りつけるのです。女性たちは沖との未来を夢見て、道ばたの石ころほどの値打ちのアクセサリーに大金を出します。つまりは詐欺。

長谷の父親は五十八歳、母親は長谷が一歳になる前に出奔して今は行方不明。父は長谷が四歳ぐらいの時に仕事で怪我をしました。働くのに支障が出るほどの傷ではなかったのに、父は仕事をしなくなり、現在の息子と同じように女たちにたかって生きています。

まさにこの親にしてこの子あり、という状況です。長谷は十六の時に親の家を出て、十七から、違法カジノの暴力的な経営者、灰嶋の元で働いています。つまり、一生の半分はたった一人、裏社会で生きてきた男です。でも、そのわりに、堅固な強さや賢さ、覚悟が伴っているわけでもありません。どこかふらふらしている。今、売っている偽宝石は、その灰嶋から預かったもので、訳あってそれを売って二人で二百万円を作らないといけない状況なのです。

この冒頭から始まる、長谷と沖の詐欺から灰嶋との邂逅の部分、これがとてもリアルでうまい。

そして、

何より長谷、つまりだましている側の男性の心理や思考、その細かな変化を言語化するのは並大抵のことではないと思うのですが、不自然さがまったくない。女性が書いているということを意識せずに読ませてくれます。

と続きます。

このあと物語には、沖の七十四歳になる母・ふさ子 (元は公立の小学校の教師で、夫に先立たれ、今は一人暮らしをしています) や、長谷が詐欺のターゲットとして狙いを付けた老人の典子婆さんや善一郎爺さん、そして長谷とは小学校・中学校と同級生の若き民生委員・山田民恵といった面々が登場します。

軽妙な語り口、時に滑稽で、とても読み易く面白い。しかし、評価すべきはそこではありません。軽い話にみせかけて、実は、多くの読者にとって、長谷や沖の今在る状況が 「とても他人事とは思えない」 点にこそあります。

※たとえば、
今話題の、原田ひ香の 『三千円の使いかた』、あるいは、
天海祐希主演で映画になった、垣谷美雨の 『老後の資金がありません』、
メディアワークス文庫で人気の、北川恵海の 『ちょっと今から仕事やめてくる』、
私が好きな、村井理子の 『兄の終い』、

- などの本を読んで面白かった、ためになったと思う方は、ぜひ読んでみてください。よく似たノリで、最後に “ぐっとくる” かもしれません。

この本を読んでみてください係数 85/100

正しい愛と理想の息子 (光文社文庫)

◆寺地 はるな
1977年佐賀県唐津市生まれ。大阪府在住。
高校卒業後、就職、結婚。35歳から小説を書き始める。

作品 「ビオレタ」「ミナトホテルの裏庭には」「夜が暗いとはかぎらない」「わたしの良い子」「水を縫う」など

関連記事

『月の砂漠をさばさばと』(北村薫)_書評という名の読書感想文

『月の砂漠をさばさばと』北村 薫 新潮文庫 2002年7月1日発行 月の砂漠をさばさばと (新潮文

記事を読む

『僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ』(辻内智貴)_書評という名の読書感想文

『僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ』 辻内智貴 祥伝社 2012年10月20日初版 僕は

記事を読む

『でえれえ、やっちもねえ』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『でえれえ、やっちもねえ』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2021年6月25日初版 でえれえ、

記事を読む

『茄子の輝き』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『茄子の輝き』滝口 悠生 新潮社 2017年6月30日発行 茄子の輝き 離婚と大地震。倒産と転職。

記事を読む

『断片的なものの社会学』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『断片的なものの社会学』岸 政彦 朝日出版社 2015年6月10日初版 断片的なものの社会学

記事を読む

『高架線』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『高架線』滝口 悠生 講談社 2017年9月27日第一刷 高架線 そうやって元のところに留ま

記事を読む

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』浦賀 和宏 角川文庫 2020年7月5日再版 デルタの悲劇

記事を読む

『青春ぱんだバンド』(瀧上耕)_書評という名の読書感想文

『青春ぱんだバンド』瀧上 耕 小学館文庫 2016年5月12日初版 青春ぱんだバンド (小学館

記事を読む

『ツ、イ、ラ、ク』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ツ、イ、ラ、ク』姫野 カオルコ 角川文庫 2007年2月25日初版 ツ、イ、ラ、ク (角川文

記事を読む

『煩悩の子』(大道珠貴)_書評という名の読書感想文

『煩悩の子』大道 珠貴 双葉文庫 2017年5月14日第一刷 煩悩の子 (双葉文庫) 桐生極

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『歪んだ波紋』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『歪んだ波紋』塩田 武士 講談社文庫 2021年11月16日第1刷

『監獄に生きる君たちへ』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『監獄に生きる君たちへ』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2021年

『正しい愛と理想の息子』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『正しい愛と理想の息子』寺地 はるな 光文社文庫 2021年11月2

『日輪の遺産/新装版』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『日輪の遺産/新装版』浅田 次郎 講談社文庫 2021年10月15日

『虚談』(京極夏彦)_この現実はすべて虚構だ/書評という名の読書感想文

『虚談』京極 夏彦 角川文庫 2021年10月25日初版 虚談

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑