『歪んだ波紋』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『歪んだ波紋』塩田 武士 講談社文庫 2021年11月16日第1刷

歪んだ波紋 (講談社文庫)

マスコミの 本性」 「ニュースという名の悪意

地方紙記者の沢村は、調査報道チームのデスクから一枚の写真を見せられる。同僚記者が、ひき逃げ事件の犯行車両とスクープしたものだ。「この車、遺族宅にあるらしい」。沢村は取材へ急行する。犯人は家族なのか (「黒い依頼」)。「誤報」 を通じて現代社会の虚と実に迫る、著者会心の傑作。吉川英治文学新人賞受賞作。(角川文庫)

目次
黒い依頼
共犯者
ゼロの影
Dの微笑
歪んだ波紋   (解説 武田砂鉄)

今在る世界や社会の状況について - TVや新聞、ネット等で日々報道されるニュースについて、本当にそれは “その通りなんだろうか” と疑ったことはありますか? 端から正しいこととして、鵜呑みにしてはいないでしょうか。

もしもその情報が巧妙に歪められていたとしたら、どうでしょう。何らかの利益を得ることや意図的に騙すことを目的に仕組まれた “フェイク” だったとしたら・・・・・・・

本書は、事実の在り方をめぐる物語だ。情報が錯綜し、飛び交い続ける社会にあって、一体、誰がどうやって物事の事実を定めるのだろう。

「美沙は記者クラブが当然のシステムだと思っていた。しかし、大半が民間企業である新聞社や放送局は、一体何の 『資格』 があって第一級の情報を独占しているのか。情報を発信する人とそれを受け取る人が、直接結びつく時代。双方向性と透明性が求められる中で、記者クラブのような問屋の存在が、美沙には浮いているように見えた」

・・・・・・・コロナ禍で首相会見が度々開かれたが、なぜか質問は1問に限られ、首相が曖昧に答えたとしても、次の質問に移行していく。(後略)

「以前から申し上げている通り」 「繰り返しになりますが」 「~というのが事実なんだろうと思います」 と言った言葉遣いを政治家は好む。これを繰り返していると、既成事実っぽくなるからだ。

目の前に置いてあったのがリンゴでも、「昨日も同様の質問をいただきましたが、あれはミカンであったと考えています。専門家に分析を依頼したものであり、新たに調査をすることは考えておりません」 と返してくる。すると、ネットでは 「ミカンだって言ってるのに、いつまでリンゴだと主張するんだWWW」 との声が出てきて、そのうち、「リンゴだと主張する反対派グループが集会を行った」 なんてニュースが出てくる。いや、だから、どう考えても、リンゴだったのに。

事実というのは微調整できるものではないが、残念ながら権力者という生き物は、事実を微調整する。いや、豪快に調整する。黒をひっくり返して白にする。そういう調整に挑んでいかなければならないのがメディアなのだが、この時代はむしろ、メディアに対する疑いの目が強まっている。(解説より)

そのメディアがする報道が、もしも “誤報” であったとしたら、どうでしょう。功名心に逸るがために、裏付けもなく発表されたスクープであったり、何らかの意図のもとに、まことしやかに仕組まれた “フェイク” だったとしたら・・・・・・・

五話ある話は、すべてが繋がっています。

ある町の市長選の話に、死亡ひき逃げ事件。大阪市大正区南恩加島にある木造2階建てアパートが全焼した件と、サラ金問題に絡む話。韓国語専門の語学学校で働く野村美沙が挑む、盗撮事件について。セクハラ事件と、滋賀の病院で入院患者8人が相次いで死亡した事件の話。そして最後に 「ファクト・ジャーナル」 の三反園邦雄の過信と失敗について、等々。

大手新聞社で働く社員と元社員をモデルに、ジャーナリストとしての矜持のあり方と、ジャーナリズムに向けた警鐘が縷々綴られています。

この本を読んでみてください係数 85/100

歪んだ波紋 (講談社文庫)

◆塩田 武士
1979年兵庫県生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。

作品 「盤上のアルファ」「女神のタクト」「ともにがんばりましょう」「崩壊」「拳に聞け! 」「雪の香り」「氷の仮面」「罪の声」他

関連記事

『ただいまが、聞きたくて』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『ただいまが、聞きたくて』坂井 希久子 角川文庫 2017年3月25日発行 ただいまが、聞きたくて

記事を読む

『シンドローム』(佐藤哲也)_書評という名の読書感想文

『シンドローム』佐藤 哲也 キノブックス文庫 2019年4月9日初版 シンドローム(キノブッ

記事を読む

『星々たち』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『星々たち』桜木 紫乃 実業之日本社 2014年6月4日初版 星々たち この小説は、実母の咲子と

記事を読む

『風葬』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『風葬』桜木 紫乃 文春文庫 2016年12月10日第一刷 風葬 (文春文庫) 釧路で書道教

記事を読む

『疫病神』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『疫病神』黒川博行 新潮社 1997年3月15日発行 疫病神 (新潮文庫)  

記事を読む

『くちぶえ番長』(重松清)_書評という名の読書感想文

『くちぶえ番長』重松 清 新潮文庫 2020年9月15日30刷 くちぶえ番長 (新潮文庫)

記事を読む

『許されようとは思いません』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『許されようとは思いません』芦沢 央 新潮文庫 2019年6月1日発行 許されようとは思いま

記事を読む

『やがて海へと届く』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『やがて海へと届く』彩瀬 まる 講談社文庫 2019年2月15日第一刷 やがて海へと届く (

記事を読む

『七緒のために』(島本理生)_書評という名の読書感想文

『七緒のために』島本 理生 講談社文庫 2016年4月15日第一刷 七緒のために (講談社

記事を読む

『一億円のさようなら』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『一億円のさようなら』白石 一文 徳間書店 2018年7月31日初刷 一億円のさようなら (文芸書

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑