『ドアの向こうに』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/14 『ドアの向こうに』(黒川博行), 作家別(か行), 書評(た行), 黒川博行

『ドアの向こうに』黒川 博行 創元推理文庫 2004年7月23日初版

大阪南東部の橋梁工事現場でバラバラ死体が発見された。同じ場所から発見されたにも拘わらず、頭部は腐敗し、脚部は干からびたミイラ状態だった。数日後、大阪北部のマンションで心中事件が起き、部屋から新聞・雑誌に掲載されたバラバラ事件の切り抜きが大量に見つかった。二つの事件の繋がりは? おなじみ大阪府警捜査一課の文田巡査部長と総田部長刑事、通称〈ブンと総長〉に、京都出身で御国自慢が鼻に付く五十嵐刑事が加わって、意外な展開を見せる二つの事件を追う。不可思議なバラバラ死体と密室の謎で、黒川博行の作品の中でも、最も〈本格ミステリ〉要素の強い、初期の傑作! (文庫解説より)

物語も随分と後半になってからですが、心中事件の真相にたどり着く手がかりを得ようと、ブンさんと総長が同じマンションに住む小池という老夫婦を訪ねる場面があります。小池夫妻は、マンションのオーナーである隣の正徳寺で、植木の手入れや雑役をしています。

心中事件があったのが、マンションの703号室。小池夫妻の部屋は、一つ上階の803号室です。そのまた上が屋上で、ブンさんと総長は心中事件が実は偽装で、2人を殺した人物がおり、その犯人が8階から屋上へ上がったのではないかと考えています。

断っておきますが、ここが重要なところですよ、ということが言いたいわけではないのです。心中事件において実際に屋上は大変重大な意味を持つのですが、小池夫妻訪問は裏付け捜査の一つに過ぎません。私が伝えたいのは、本筋とはまるで関係のないことです。

そのときの小池翁と総長の会話。
(小池翁)「わし、あれから気持ちわるうてね。何や、下の部屋から青白い手が伸びて来そうで、ゆっくり寝てられへんのです。住職も次の借り手がないいうてぼやいてます」

(総長)「念仏唱えて、お祓いしたらよろしいがな」
(小池翁)「あの人はあきまへん。修行が足りんさかい」
と続き、最後はこんな風で終わります。

小池は空を仰いで嘆息する。前歯が二本欠けていた。
・・・・・・・・・・
どうです? 実に〈本格ミステリ〉らしからぬ、このユルい会話。「前歯が二本欠けていた」などと、軽いオチまでついている。どうでもいい情報の極みですが、でも、ここが面白い。サービス精神が旺盛で、心から「上手やなあ」と感じるところなのであります。

この後ブンさんは家に帰り、自分の悩ましい状況を母親に打ち明けます。彼は総長の読みが正しいと思っているのですが、一方で、どうしても崩し切れない謎を解けずに苦しんでいます。

そこで母親は、(唄うように)こう返します。
「困ったもんやな。あちら立てればこちらが立たず、立たんようになったら人生お終いや」

ブンさんでなくとも「まじめに聞いとるんかい」とツッコミたくなるようなセリフを平気で言ってしまうわけです。もう、こんなことの繰り返し。

結婚前の、十分大人のブンさんに、母はそれでも優しくリンゴをむきます。〈むつ〉よりも〈ふじ〉がええと、子どもみたいなことを言うブンさん。男は食べ物のことをぐちぐちいうもんやないと、母は息子を諌めます。

これなんの話や、などと思ってはいけません。このアホらしい会話のあとで、母はわが息子に、思いもよらぬ重大なヒントを与えることになるのです。

この本を読んでみてください係数 85/100


◆黒川 博行
1949年愛媛県今治市生まれ。6歳の頃に大阪に移り住み、現在大阪府羽曳野市在住。
京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。妻は日本画家の黒川雅子。
スーパーの社員、高校の美術教師を経て、専業作家。無類のギャンブル好き。

作品 「二度のお別れ」「左手首」「雨に殺せば」「カウント・プラン」「絵が殺した」「疫病神」「国境」「悪果」「文福茶釜」「暗礁」「螻蛄」「破門」「後妻業」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『あこがれ』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『あこがれ』川上 未映子 新潮文庫 2018年7月1日発行 第1回 渡辺淳一文学賞受賞作品 ま

記事を読む

『砂に埋もれる犬』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『砂に埋もれる犬』桐野 夏生 朝日新聞出版 2021年10月30日第1刷 ジャンル

記事を読む

『夜また夜の深い夜』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『夜また夜の深い夜』桐野 夏生 幻冬舎 2014年10月10日第一刷 桐野夏生の新刊。帯には

記事を読む

『ヘヴン』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ヘヴン』川上 未映子 講談社文庫 2012年5月15日第一刷 「わたしたちは仲間です」- 十

記事を読む

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 女は男の従属物じゃない - 。1972年、

記事を読む

『Yuming Tribute Stories』(桐野夏生、綿矢りさ他)_書評という名の読書感想文

『Yuming Tribute Stories』桐野夏生、綿矢りさ他 新潮文庫 2022年7月25

記事を読む

『爪と目』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『爪と目』藤野 可織 新潮文庫 2016年1月1日発行 はじめてあなたと関係を持った日、帰り際

記事を読む

『月』(辺見庸)_書評という名の読書感想文

『月』辺見 庸 角川文庫 2023年9月15日 3刷発行 善良無害をよそおう社会の表層をめく

記事を読む

『三面記事小説』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『三面記事小説』角田 光代 文芸春秋 2007年9月30日第一刷 「愛の巣」:夫が殺した不倫

記事を読む

『乳と卵』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『乳と卵』川上 未映子 文春文庫 2010年9月10日第一刷 娘の緑子を連れて大阪から上京した

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑