『くらやみガールズトーク』(朱野帰子)_書評という名の読書感想文

『くらやみガールズトーク』朱野 帰子 角川文庫 2022年2月25日初版

わたし、定時で帰ります。シリーズが話題! ”社会の不平等感を吹き飛ばす、一気読みの物語!

小さい頃から 「女らしく」 を押しつけられてきた - 。そもそも時短や子育てを求められるのはどうして女ばかり? 結婚では夫の名字になるのはどうして? 恋愛、引っ越し、結婚、出産、子育て、親の介護など、人生の節目で変化する人間関係の中で、女性たちが人に言えず背負い込んでいる気持ち - くらやみから届く女子たちの本音の物語。私たちはもう一度、生まれ変わる。社会の “不平等” と戦う女性たちを解放する応援歌! (角川文庫)

8話ある中の最終話 「帰り道」 より

妹なんか生まれてこなければいい。
日本昔ばなしに出てくる子供はほとんどがいい子だ。悪者は欲の皮が張ったおじいさん。鈴音は子供なのに、悪いおじいさんみたいなことを考えている。

妹さえ生まれなければ、鈴音はいい子だった。お母さんに可愛がってもらえた。
涙は止まらない。寒かった。スニーカーの中の爪先が冷えてきた。指を動かしていないと凍りそうだ。手も冷たい。もう泣くのをやめないともっと冷えてしまう。

鈴音の、九十八歳になるひいおばあちゃんが亡くなった直後の出来事でした。「お葬式の相談があるから、先に帰ってなさい」 とお母さんに言われ、病院からの帰り、鈴音が一人で乗ったバスでのことでした。

練馬駅のロータリーから荻窪駅行きのバスに乗ったはずの鈴音は、どこか、いつもと違う気配を感じています。バスの天井近くにある広告用の枠の中は真っ白で、広告はひとつもありません。

左に曲がるはずだと思うと、バスは右へ曲がります。次こそ左だ。そう思うのですが、またもやバスは右に曲がります。そんなときのことでした。お客さんたちの中から、一人のおばあさんが苦しそうに抜けでてきたのは - 。

運転手さんは猛スピードでバスを運転している。
鈴音は手を差し出した。
ありがとう
おばあさんは鈴音の手を強く握った。石のように冷たい。手をひっこめたくなった時にはもう、おばあさんは隣に腰をおろしていた。消毒液みたいなにおいがした。

鈴音ちゃんかね?
鈴音は息をのんだ。どうして名前を知っているんだろう。知らない人と話してはいけないと言われている。身を硬くした。しかし、
このバスがどこへ行くか知ってるの
と尋ねられると、つい答えてしまった。
知らない
おばあさんは何度かうなずいた。

これはね、死んだ人が乗るバスよ、きっと」
意味がわからない。鈴音は激しく首を振った。

私は死んでない
そうかねえ
まだ小学生だし、まだ死なない。お母さんが言ってた。死ぬのはおばあさんになってからだって

おばあさんはしばらく黙って、そして言った。
それはそうだね。その通りだ。でもね、鈴音ちゃん。おばあちゃんは何度もこのバスに乗ったことがあってね、それで考えたんだけど、人間は生きながら死ぬってことがあるんだと思うのね
やっぱり意味がわからない。変なおばあさん。

おばあちゃんはね、何度もこのバスに乗ったことがあるの
それはさっき聞いた。
初めて振り袖を着た時も乗った。好きな人ができた時も乗った。お嫁に行った時も。そうそう、子供を産んだ時も乗ったんだった。ずいぶん乗ったものでしょう?
おばあさんの話はよくわからなかった。鈴音は下を向いていた。

※前もって断っておきますと、(目次を見れば何とはなく想像できるのですが) この短編集は “楽しくガハハと” 笑えるものではありません。むしろ不穏で、”怪談” に似た話ばかりが並んでいます。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆朱野 帰子
1979年東京都中野区生まれ。
早稲田大学第一文学部卒業。

作品 「マタタビ潔子の猫魂」「海に降る」「わたし、定時で帰ります。」「超聴覚者 七川小春 真実への潜入」「真壁家の相続」「対岸の家事」他多数

関連記事

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷 『蟻の棲み家』(新潮

記事を読む

『教団X』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『教団X』中村 文則 集英社文庫 2017年6月30日第一刷 突然自分の前から姿を消した女性を探し

記事を読む

『母と死体を埋めに行く』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『母と死体を埋めに行く』大石 圭 角川ホラー文庫 2021年10月25日初版 美し

記事を読む

『海の見える理髪店』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『海の見える理髪店』荻原 浩 集英社文庫 2019年5月25日第1刷 第155回直木

記事を読む

『劇団42歳♂』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『劇団42歳♂』田中 兆子 双葉社 2017年7月23日第一刷 大学で劇団を組んでい

記事を読む

『にぎやかな落日』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『にぎやかな落日』朝倉 かすみ 光文社文庫 2023年11月20日 初版1刷発行 「今まで自

記事を読む

『生きる』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『生きる』乙川 優三郎 文春文庫 2005年1月10日第一刷 亡き藩主への忠誠を示す「追腹」を禁じ

記事を読む

『業苦 忌まわ昔 (弐)』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『業苦 忌まわ昔 (弐)』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2020年6月25日初版

記事を読む

『罪の轍』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『罪の轍』奥田 英朗 新潮社 2019年8月20日発行 奥田英朗の新刊 『罪の轍』

記事を読む

『さまよえる脳髄』(逢坂剛)_あなたは脳梁断裂という言葉をご存じだろうか。

『さまよえる脳髄』逢坂 剛 集英社文庫 2019年11月6日第5刷 なんということで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑