『百舌の叫ぶ夜』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2018/02/28 『百舌の叫ぶ夜』(逢坂剛), 作家別(あ行), 書評(ま行), 逢坂剛

『百舌の叫ぶ夜』 逢坂 剛 集英社 1986年2月25日第一刷


百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ) (集英社文庫)

 

「百舌シリーズ」第一作。(テレビドラマ「MOZU」の原作)


MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~ DVD-BOX

実に今から28年も前のものです。私の手元にあるのは、初版の翌年2月に発行された第八刷のもの。えらく衝撃的な出会いで、書き出しの数行を読み、すぐにレジに並んだのが昨日のことのようです。

殺戮の本能を持ち速贄(はやにえ)の儀式に酔う魔性の鳥 - それが「百舌」。寡黙でクールな公安刑事・倉木尚武との相性は他の追随を許しません。不気味で残虐、繰り広げられる死闘の連続に読む手が止まりません。

物語は重層して進行しますので後を追うのが少ししんどいかも知れません。時系列をしっかり頭に入れて読む必要があります。明星美希新谷和彦倉木尚武、そしてもう一人、捜査一課警部補として事件に絡む大杉良太がこの物語の主要な人物です。

警視庁公安部公安第3課巡査部長・明星美希が密かに暴力団系豊明興業の殺人請負人・新谷和彦を尾行している目の前でその爆発は起きました。フリーライターの筧俊三が持っていたボストンバッグの中で小型爆弾が暴発したものでした。

この時、美希はそうとは知らず新谷を尾行していたのですが、実は彼は豊明興業から筧を殺す仕事を請け負っており、機会を窺っていたのでした。爆発による死者は2名。一人は筧、あとの一人は近くにいた主婦だったのですが、それが公安特務第一課・倉木尚武の妻、珠枝であることが判明します。

東京新宿で発生した爆発事件は、近々来日する南米のある国の大統領暗殺を暗示するものでした。新谷は標的の爆死で仕事を果たすのですが、その後豊明興業の手によって能登半島で崖から突き落とされ殺されそうになります。

一方、倉木は妻の珠枝の死が腑に落ちず、上層部の制止を無視して独自に調査を開始します。捜査一課の大杉良太は、爆発事件の捜査をするなかで、警察内部に陰謀の匂いを嗅ぎつけます。

明星美希は、直属の課長を飛び越えて警視正の津城からの特命である捜査を続けています。倉木と大杉は、美希が表に出ない何かを隠していることに気付き、それを問い詰めます。大統領訪日用に作成された警備計画書とある写真の争奪戦の果てに、ある時、倉木の前に百舌が姿を現します。

公安警察の大いなる野望とは? 百舌の正体とその屈折した過去とは・・・・・・・?

※爆発事件が物語の契機に違いないのですが、ストレートに話は進みません。行きつ戻りつを繰り返します。語る視点や人物が次々と変化するので戸惑わないようにしてください。分かりにくいという批判もありますが、それだけ内容が濃く真相に辿り着くための手順が不可欠だということ。シリーズの最初の作品で、これで諦めたら如何にももったいない。ぜひ、読み切ってください。

 

この本を読んでみてください係数 95/100

 


百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ) (集英社文庫)

◆逢坂 剛

1943年東京都文京区生まれ。

中央大学法学部法律学科卒業。卒業後は、博報堂に勤務しながら執筆活動。約17年後に退職、専業作家となる。

サビーカスのフラメンコギターのレコードを聴いて衝撃を受け、後にスペインに興味を持つようになる。スペインを題材にした小説も数多い。

作品 「カディスの赤い星」「屠殺者よグラナダに死ね」「百舌シリーズ」「岡坂伸策シリーズ」「御茶ノ水警察署シリーズ」「イベリアシリーズ」「禿鷹シリーズ」他多数

関連記事

『奴隷商人サラサ/生き人形が見た夢』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『奴隷商人サラサ/生き人形が見た夢』大石 圭 光文社文庫 2019年2月20日初版 奴隷商人

記事を読む

『海』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『海』小川 洋子 新潮文庫 2018年7月20日7刷 海 (新潮文庫) 恋人の家を訪ね

記事を読む

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』(青柳碧人)_書評という名の読書感想文

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』青柳 碧人 双葉社 2019年6月3日第5刷

記事を読む

『その可能性はすでに考えた』(井上真偽)_書評という名の読書感想文

『その可能性はすでに考えた』井上 真偽 講談社文庫 2018年2月15日第一刷 その可能性はす

記事を読む

『夏と花火と私の死体』(乙一)_書評という名の読書感想文

『夏と花火と私の死体』乙一 集英社文庫 2000年5月25日第一刷 夏と花火と私の死体 (集英

記事を読む

『地獄への近道』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『地獄への近道』逢坂 剛 集英社文庫 2021年5月25日第1刷 地獄への近道 (集英社文庫

記事を読む

『今だけのあの子』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『今だけのあの子』芦沢 央 創元推理文庫 2018年7月13日6版 今だけのあの子 (創元推理

記事を読む

『静かにしなさい、でないと』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『静かにしなさい、でないと』朝倉 かすみ 集英社文庫 2012年9月25日第1刷 静かにしな

記事を読む

『貘の耳たぶ』(芦沢央)_取り替えた、母。取り替えられた、母。

『貘の耳たぶ』芦沢 央 幻冬舎文庫 2020年2月10日初版 貘の耳たぶ (幻冬舎文庫)

記事を読む

『獅子渡り鼻』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『獅子渡り鼻』小野 正嗣 講談社文庫 2015年7月15日第一刷 獅子渡り鼻 (講談社文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 リリア

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑