『岡山女/新装版』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『岡山女/新装版』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2022年6月25日改版初版

ここはきょうてい生き地獄じゃ。
碧眼の女霊媒師が遭遇する、死霊の怨嗟と人間の悪意。

妾として囲われていたタミエは、ある日旦那に日本刀で切り付けられ左目と美しい容貌を失った。代償に彼女が手にしたのは、この世ならざる魑魅魍魎と死霊の影を捉える霊能力だった。「霊感女性現る」 と町でも評判となるタミエ。やがて彼女の許へは、おぞましい事情を抱えた依頼客達が次々と集まってくるようになり - 。明治の岡山を舞台に、碧眼の女霊媒師の怪異との邂逅を精妙な筆致で描き上げた至高の幻妖怪奇小説。解説・池澤春菜 (角川ホラー文庫)

第124回直木賞候補作

目次
・岡山バチルス
・岡山清涼珈琲液
・岡山美人絵端書
・岡山ステン所
・岡山ハイカラ勧商場
・岡山ハレー彗星奇譚

岡山を舞台にした連作短編集。本書はその新装文庫版です。

物語の紡ぎ手となるタミエは、妾として囲われることで両親を養っていた。だがある日、旦那の宮一に日本刀で切りつけられ、無理心中を図られる。宮一は死に、タミエは左目と商売道具だった容貌を損ねられ、辛うじて生き延びた。だが、それ以来、タミエの見えないはずの左目には、この世とあの世の境を透かし、人ならざるものや、死者が映るように。霊媒として生きることになったタミエの元に、さまざまな思いを抱えた依頼人がやってくる・・・・・。

身なりは良いのにどこか不良娘の匂いをさせる由子は、幼い頃から双子のように仲良く育った利子の話をする。2人は繰り返し同じ夢を見るという。不思議な洋館、気配だけ見せて決して姿を現さない姉妹、地下室の棺。しかし、由子の話と現実は少しずつ食い違っている。悪意という名のバチルスに冒された少女たちの物語 「岡山バチルス」。

岡山清涼珈琲液」、タミエの元に入り婿先の義母を探して欲しいという相談が持ち込まれる。相談者の相田は、人品卑しからぬ風体。だがタミエの目には、花の中で艶然と微笑む美しい年増女が見えていた。

巷で話題の美人絵端書。それを売る店でタミエは不思議な雰囲気の若い男と出会う。後日、タミエの元にやってきたその男は、母を探してくれ、と頼む。彩色された写真の中に閉じ込められた女たちの秘密を描く 「岡山美人絵端書」。(解説より抜粋)

と続きます。どれもが甲乙付け難く、読み応え十分な一冊です。中でお勧め二作を敢えて言うなら第四話 「岡山ステン所」 と、続く第五話 「岡山ハイカラ勧商場」 でしょうか。

ただ単に 「怖い」 だけではありません。時代を背景に、岡山という限られた地域ならではの風習や方言が、人それぞれの生き方が綴られています。その文章は独特で、他の追随を許しません。私はこんなのを、時折無性に読みたくなります。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆岩井 志麻子
1964年岡山県和気郡和気町生まれ。
岡山県立和気閑谷高等学校商業科卒業。

作品 「ぼっけえ、きょうてい」「「チャイ・コイ」「夜啼きの森」「でえれぇ、やっちもねえ」「自由戀愛」「現代百物語」シリーズ 他多数

関連記事

『NO LIFE KING ノーライフキング』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『NO LIFE KING ノーライフキング』いとう せいこう 新潮社 1988年8月10日発行

記事を読む

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行 ホワイトラビット(新潮文

記事を読む

『青くて痛くて脆い』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『青くて痛くて脆い』住野 よる 角川書店 2018年3月2日初版 青くて痛くて脆い 『君の膵臓をた

記事を読む

『藻屑蟹』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『藻屑蟹』赤松 利市 徳間文庫 2019年3月15日初刷 藻屑蟹 (徳間文庫) 一号機

記事を読む

『愛がなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『愛がなんだ』角田 光代 角川 文庫 2018年7月30日13版 愛がなんだ (角川文庫)

記事を読む

『いのちの姿/完全版』(宮本輝)_書評という名の読書感想文

『いのちの姿/完全版』宮本 輝 集英社文庫 2017年10月25日第一刷 いのちの姿 完全版

記事を読む

『アミダサマ』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『アミダサマ』沼田 まほかる 光文社文庫 2017年11月20日初版 アミダサマ (光文社文庫

記事を読む

『義弟 (おとうと)』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『義弟 (おとうと)』永井 するみ 集英社文庫 2019年5月25日第1刷 義弟 (集英社文

記事を読む

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月15日初刷 ある日 失わ

記事を読む

『俺はまだ本気出してないだけ』(丹沢まなぶ)_書評という名の読書感想文

『俺はまだ本気出してないだけ』丹沢 まなぶ 小学館文庫 2013年4月10日第一刷 小説 俺は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷

『腐葉土』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『腐葉土』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第6刷

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発

『ハレルヤ』(保坂和志)_書評という名の読書感想文

『ハレルヤ』保坂 和志 新潮文庫 2022年5月1日発行

『鞠子はすてきな役立たず』(山崎ナオコーラ)_書評という名の読書感想文

『鞠子はすてきな役立たず』山崎 ナオコーラ 河出文庫 2021年8月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑