『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『死刑について』(平野啓一郎), 作家別(は行), 平野啓一郎, 書評(さ行)

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発行

死刑を存置することで、社会は何を失うのか。現代社会の問題群に果敢に挑み続ける小説家が根源から問う

死刑廃止の国際的な趨勢に反し、死刑を存置し続ける日本。支持する声も依然、根強い。しかし、私たちは本当に被害者の複雑な悲しみに向き合っているだろうか。また、加害者への憎悪ばかりが煽られる社会は何かを失っていないだろうか。「生」 と 「死」 をめぐり真摯に創作を続けてきた小説家が自身の体験を交え根源から問う。(岩波書店)

目次
・死刑は必要だという心情
・「なぜ人を殺してはいけないのか」 の問いに向き合って
・多面的で複雑な被害者の心に寄り添うとは - 「ゆるし」 と 「憎しみ」 と
・なぜ死刑が支持され続けるのか
・「憎しみ」 の共同体から 「優しさ」 の共同体へ - 死刑の廃止に向けて

付録 死刑に関する世界的な趨勢と日本
(1) 死刑廃止国と存置国
(2) 2020年に死刑を執行した国と件数
(3) 日本の死刑執行者数と確定者総数の推移
(4) 死刑をめぐる日本の世論

※本書は2019年12月6日に開催された、大阪弁護士会主催の講演会 「芥川賞作家 平野啓一郎さんが語る死刑廃止」 の記録をもとに、2021年10月12日に開催された日本弁護士会連合会主催のシンポジウム 「死刑廃止の実現を考える日2021」 での発言等を加えて再構成し、大幅に加筆・修正したものです。

この本は京都新聞の朝刊に載った広告で知り、すぐに隣町にあるジュンク堂まで買いに行き、その日のうちに読みました。

「死刑」 について何か特別な思いがあるのか、あるいは、ごく近しい人の中に 「死刑囚」 がいるのか、と問われたら、そんな思いはありませんし、そんな人はいません。しかし、興味がありました。書いているのが平野啓一郎さんで、彼の主張が死刑の 「廃止」 だったからです。

本日7月20日の京都新聞朝刊に、「死刑廃止論 到達を語る」 と題し、この本についての紹介が大々的に載りました。その前文がこうです。

作家の平野啓一郎さんが講演会の記録をもとにした評論死刑についてを刊行した。犯罪被害者の苦悩に迫った小説決壊 を書く過程で、死刑の問題を突き詰めて考え、廃止論に至ったという。小説の執筆を通して生まれた思索の軌跡を平野さんに聞いた。

よく想像し、よくよく考えなくてはなりません。もしも。もしも、あなたの愛する人やごく親しい人が、まるで知らないアカの他人に、理由にもならない理由で、ある日突然殺された - ルールを無視した粗暴な運転の被害者となり死亡した場合も同様です - としたらどうでしょう?

遺された人の激しい怒りや憤りは、何を以て償えば報われるのでしょう。意味なく命を落とした被害者と同等に加害者も 「死んで償えば」、それですべてが解決するのでしょうか。

わかりません。それが、「そうではない」 と書いてあります。

この本を読んでみてください係数  80/100

◆平野 啓一郎
1975年愛知県生まれ。
京都大学法学部卒業。

作品 「日蝕」「葬送」「滴り落ちる時計たちの波紋」「決裂」「ドーン」「空白を満たしなさい」「透明な迷宮」「ある男」「マチネの終わりに」他

関連記事

『作家的覚書』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『作家的覚書』高村 薫 岩波新書 2017年4月20日第一刷 「図書」誌上での好評連載を中心に編む

記事を読む

『青春とは、』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『青春とは、』姫野 カオルコ 文春文庫 2023年5月10日第1刷 目の前に蘇る、

記事を読む

『慈雨』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『慈雨』柚月 裕子 集英社文庫 2019年4月25日第1刷 警察官を定年退職し、妻

記事を読む

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初版 誰か私に、

記事を読む

『あむんぜん』(平山夢明)_書評という名の読書感想文

『あむんぜん』平山 夢明 集英社文庫 2022年7月25日第1刷 時に荒唐無稽 時

記事を読む

『砂に埋もれる犬』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『砂に埋もれる犬』桐野 夏生 朝日新聞出版 2021年10月30日第1刷 ジャンル

記事を読む

『サキの忘れ物』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『サキの忘れ物』津村 記久子 新潮社 2020年6月25日発行 見守っている。あな

記事を読む

『それを愛とは呼ばず』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『それを愛とは呼ばず』桜木 紫乃 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 妻を失った上に会社を追わ

記事を読む

『残穢』(小野不由美)_書評という名の読書感想文

『残穢』小野 不由美 新潮文庫 2015年8月1日発行 この家は、どこか可怪しい。転居したばかりの

記事を読む

『線の波紋』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『線の波紋』長岡 弘樹 小学館文庫 2012年11月11日初版 思うに、長岡弘樹という人は元

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑