『ぼくの死体をよろしくたのむ』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ぼくの死体をよろしくたのむ』川上 弘美 新潮文庫 2022年9月1日発行

うしろ姿が美しい男に恋をし、銀色のダンベルをもらう。掌大の小さな人を救うため、銀座で猫と死闘。きれいな魂の匂いをかぎ、夜には天罰を科す儀式に勤しむ。精神年齢の外見で暮らし、一晩中ワルツを踊っては、味の安定しないお茶を飲む。きっちり半分まで食べ進めて交換する駅弁、日曜日のお昼のそうめん。恋でも恋じゃなくても、大切な誰かを思う熱情がそっと心に染み渡る、18篇の物語。(新潮文庫)

ここではないどこかへつれだす18の短篇 - その中の一篇 「二百十日

風の強い日だった。
先週電話があって、萩原の伯母が来る約束になっていたのだけれど、なんだか伯母は来ないのではないかという予感がしてならなかった。
ときどきあたしは、こういう勘がはたらく。


三時半ごろに、インターフォンが鳴った。
るかです
子供の声だった。

伯母は、足をくじいたのだという。
一人で来たの?
るかは、うなずいた。小さな手提げかばんを持ち、背中にはリュックをしょっていた。

学校は、と、るかに聞いた。
行ってないんです、今は。るかは下を向いて答えた。
登校拒否?
ずけずけ聞くと、るかはうっすらと笑った。

伯母が泊まることになっていた小さな洋間に、るかを連れていった。連れていくといっても、狭いマンションの中だ。数歩歩いたところにあるはずなのだけれど、なかなか洋間にたどり着かない。

あんた、魔法かなんか、使ってるの
なんだかいらいらしたので腹立ちはんぶんに聞いたら、るかはうなずいた。
はい。少し、使えます。たいしたことはないけれど

ようやく洋間についたので、るかのかばんを広げた。下着と、Tシャツが数枚にパジャマ、それにぬいぐるみの人がたが一つ、入っていた。

勉強道具がないよ
勉強は、しません
ふうん、と言うと、るかは上目遣いであたしを見た。
そういう目つき、しないで。感じ悪いから
下から見るとこういう目つきになるので、しょうがないんです
るかは、人がたを出窓のところに置いた。風がガラスを鳴らした。(本文より/冒頭部分を抜粋)

るかは 「本当は萩原 (の伯母) に連れてきてもらうはずだった」 と言い、「しばらくお世話になる予定だった」 と。あたしは何も聞いていません。男の子を連れてくるなんて、伯母はひとことも言っていなかったし、、そのうえ、滞在するなんて・・・・・・・。

るかにはとりあえず麦茶を出しおき、伯母の携帯に連絡するも留守電で、用件は入れずに、仕方なくあたしは電話を切ったのでした。

るかが来て、五日が経ちました。ほぼ寝たきりだった萩原の伯父が亡くなったという知らせが来たのは、その日の夜のことでした。

そののち、ようやくにして事の真実が明らかになります。

※18ある中で、これはまだ比較的 “わかりやすい” 話の範疇で、本のタイトルになっている 「ぼくの死体をよろしくたのむ」 に登場する娘の黒河内瑠莉香が、父が書いた遺書らしきものに対して吐いた 「何ですか、これ」 - みたいな話がたくさん出てきます。力まず、無理に理解しようとしないことです。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆川上 弘美
1958年東京都生まれ。
お茶の水女子大学理学部卒業。

作品 「神様」「溺レる」「蛇を踏む」「真鶴」「ざらざら」「センセイの鞄」「天頂より少し下って」「水声」「どこから行っても遠い町」「大きな鳥にさらわれないよう」他多数

関連記事

『破局』(遠野遙)_書評という名の読書感想文

『破局』遠野 遙 河出書房新社 2020年7月30日初版 破局 第163回芥川賞受賞作

記事を読む

『不時着する流星たち』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『不時着する流星たち』小川 洋子 角川文庫 2019年6月25日初版 不時着する流星

記事を読む

『風葬』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『風葬』桜木 紫乃 文春文庫 2016年12月10日第一刷 風葬 (文春文庫) 釧路で書道教

記事を読む

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没 ポリコレ、ネット中傷、

記事を読む

『学校の青空』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『学校の青空』角田 光代 河出文庫 2018年2月20日新装新版初版 学校の青空 (河出文庫)

記事を読む

『八月六日上々天氣』(長野まゆみ)_書評という名の読書感想文

『八月六日上々天氣』長野 まゆみ 河出文庫 2011年7月10日初版 八月六日上々天氣 (河出

記事を読む

『犯罪小説集』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『犯罪小説集』吉田 修一 角川文庫 2018年11月25日初版 犯罪小説集 (角川文庫)

記事を読む

『飛族』(村田喜代子)_書評という名の読書感想文

『飛族』村田 喜代子 文春文庫 2022年1月10日第1刷 飛族 (文春文庫 む 6-6)

記事を読む

『パレートの誤算』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『パレートの誤算』柚月 裕子 祥伝社文庫 2019年4月20日初版 パレートの誤算 (祥伝社

記事を読む

『玉蘭』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『玉蘭』桐野 夏生 朝日文庫 2004年2月28日第一刷 玉蘭 (文春文庫) ここではないどこかへ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『プリズム』(貫井徳郎)_書評という名の読書感想文

『プリズム』貫井 徳郎 実業之日本社文庫 2022年8月9日初版第2

『自転しながら公転する』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『自転しながら公転する』山本 文緒 新潮文庫 2022年11月1日発

『呪い人形』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『呪い人形』望月 諒子 集英社文庫 2022年12月25日第1刷

『騒がしい楽園』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『騒がしい楽園』中山 七里 朝日文庫 2022年12月30日第1刷発

『モナドの領域』(筒井康隆)_書評という名の読書感想文

『モナドの領域』筒井 康隆 新潮文庫 2023年1月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑