『無限の玄/風下の朱』(古谷田奈月)_書評という名の読書感想文

『無限の玄/風下の朱』古谷田 奈月 ちくま文庫 2022年9月10日第1刷

第31回三島賞受賞作|第159回芥川賞候補作 奇跡のカップリング小説が待望の文庫化!

死んでは蘇る父にとまどう男たち、母よりも野球を選ぶ女たち - 世界の法則にあらがって鮮烈にして獰猛な赤と黒の物語はいよいよスパークする! (ちくま文庫)

芥川賞候補作 「風下の朱」

漸う、梓に対し、侑希美はこう言ったのでした。

出血はまだなの
侑希美さんがふと呟いた。私はちらりと彼女を見、それからすぐ、ランナーに気を取られたふりをして目をそらした。

でも始まってる。だいたい八日間苦しむのよ。血が出る前の三日間、血が出るあいだの五日間。血はずっしりと重くて、赤よりも黒に近い。それでたまに、内臓のかけらみたいな赤黒い塊が交じる。臭いは腐った魚みたいで、痛みは、その血がひととおり出切るまで続く。そして血と痛みが明けてから二十日後、また同じ苦しみが始まる -

気付くと私は息を止めていた。この話こそが障りのようだった。
二十八日のうち八日も苦しむ。それがこの先、何十年と続く独り言のように囁かれた声が震え、あらためて見ると、涙が頬を伝っていた。

それがなぜ 健康 と呼ばれるんだろう。こんなにもひどいことが。ねえ、梓、私はなぜこんな目に遭ってるんだと思う? これはいったい何のため? 私の人生にどう関係がある? 私は野球がしたいだけよ!

目の前の健やかなフィールドからは次々と野太いかけ声が上がり、彼女の願いは、私の胸と鼓膜を震わせただけで消えた。赤く獣じみた目で、侑希美さんは野球場かあるいはその奥に見える何かを睨みつけていたが、ふと脱力すると、鞄から白いハンカチを取り出した。

そして、とんとんと頬骨を叩きながら、梓、明日からもう、練習に来なくていいわと言った。(本文より)

※私は男ですから、時の侑希美の苦悩や失意について、本当のところはわかりません。彼女が思うところの 「健康」 にその訳がありそうですが、それにしても彼女のあらがいようは異常に過ぎるようにも思えます。

彼女は、なぜあれほどまでに野球に拘り、一方で同じ大学の 「ソフトボール部」 に、なぜあんなにも否定的なんでしょう? 同じ女性でありながら、何が彼女をそこまで追いつめるのでしょう。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆古谷田 奈月
1981年千葉県我孫子市生まれ。
二松学舎大学文学部国文学科卒業。

作品 「星の民のクリスマス」「ジュンのための6つの小曲」「望むのは」「リリース」等

関連記事

『麦本三歩の好きなもの 第一集』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『麦本三歩の好きなもの 第一集』住野 よる 幻冬舎文庫 2021年1月15日初版

記事を読む

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行 表紙の絵とタイ

記事を読む

『湖の女たち』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『湖の女たち』吉田 修一 新潮文庫 2023年8月1日発行 『悪人』 『怒り』 を

記事を読む

『くまちゃん』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『くまちゃん』角田 光代 新潮文庫 2011年11月1日発行 例えば、結局ふられてしまうこと

記事を読む

『陽だまりの彼女』(越谷オサム)_書評という名の読書感想文

『陽だまりの彼女』越谷 オサム 新潮文庫 2011年6月1日発行 幼馴染みと十年ぶりに再会した僕。

記事を読む

『愛がなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『愛がなんだ』角田 光代 角川 文庫 2018年7月30日13版 「私はただ、ずっと彼のそばにはり

記事を読む

『迷宮』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『迷宮』中村 文則 新潮文庫 2015年4月1日発行 すべての始まりは、日置事件でした。

記事を読む

『忌中』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『忌中』車谷 長吉 文芸春秋 2003年11月15日第一刷 5月17日、妻の父が86歳で息を

記事を読む

『懲役病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『懲役病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2023年6月11日初版第1刷発行 累計23万

記事を読む

『はぶらし』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『はぶらし』近藤 史恵 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版 脚本家として順調に生活する鈴音(3

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑