『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月17日第2刷

間橋さんが育ててくれませんか、田中くんと一緒に。つまり、子ども、もらってくれませんか?
郁也はうつむいたり顔をあげたりを繰り返している。顔をあげても横目で見るのはミナシロさんの方で、わたしの方には全然視線を向けない。
郁也の中では答えは出ているらしい。(本文より)

『おいしいごはんが食べられますように』 で芥川賞を受賞した著者のデビュー作にして第43回すばる文学賞受賞作

自分の身体や生理について、妊娠して生まれてくる子どもについて、女性が抱く感情とはいかなるものなのでしょう? 子どもは犬より、本当に可愛いのでしょうか。

(前略)- で、あたらめて気づかされるのは、本小説の筋立てが、それだけをとってみれば、相当に無理のあるものだという点だ。地方出身で東京のIT企業に勤める女性である 「わたし」 は、学生時代に卵巣の手術を受け、そのせいもあって性的な交わりには消極的なのだが、「わたし」 にはセックスをしなくても構わないとする恋人・郁也がいて同棲している。

郁也は平均的な性的欲求を持つ男性で、子供をもちたいとの願いを抱くのに対して、「わたし」 は妊娠出産が不可能な身体ではないのだけれど、子供を作ることには前向きではない。つまりこれはかなり不自然で歪なカップルなのだが、そこへひとりの女性が登場して、物語は動き出す。

彼女は 「わたし」 に告げる。自分は郁也と金銭の授受を媒介したセックスをした結果、妊娠した。中絶はしたくないから子供は産むが、自分で育てる気はない。郁也と一度結婚して出産したらすぐに離婚するので、そのあと子供を郁也と 「わたし」 で育ててほしい - 。

この非常識とも思える提案を受けたわたしがいかに思考し行動するかが、小説の中核をなすのだが、わたし は状況を吟味し、郁也と話し合い、女性ともまた何度か会ったうえで、提案を受け入れる方向へとむかう。筋立ての無理とは、すなわちこれだ。(解説よりby奥泉光)

「わたし」(間橋薫) は三十歳。(田中)郁也と付き合って三年が経ち、今は半同棲状態にあります。ある日唐突に郁也から明日の夜の予定を聞かれ、「わたし」 がないよと答えると、「じゃあ、駒込駅前のドトールに十八時に来てほしい」 と言ったのでした。

その時のこと。もちろん 「わたし」 とミナシロさんは初対面で、初対面でありながらミナシロさんは、郁也との間に 「間違えて、子どもができてしまって。間橋さんには、ただ、わたしが子どもを産むことと、田中くんがその父親になることを、許してほしいんです」 と、(えらくハードルの高い要求を) いともたやすく言ってのけたのでした。

「婚姻届けを出して、田中くんの戸籍に入れてほしいんです、子どもを」 とミナシロさんが言うと、補足して郁也が 「ミナシロさんと入籍して、戸籍上ちゃんと、生まれてくる子の父親になって、その後で離婚する。それで、子どもはおれが引き取る」 と。

郁也とミナシロさんは大学の同級生で、学科は違うが語学のクラスが一緒で、付き合ったことも、付き合おうとしたこともなく、ただ体の関係だけがあり、その代償としてお金を払っていたということ。理由は定かではありませんが、ミナシロさんという女性は、そういう人でした。一回あたり、一万円。それが高いんだか安いんだか -、薫にはまるで見当が付きません。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆高瀬 隼子
1988年愛媛県生まれ。
立命館大学文学部卒業。

作品 「おいしいごはんが食べられますように」「水たまりで息をする」など

関連記事

『折れた竜骨(上)』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『折れた竜骨(上)』米澤 穂信 東京創元社 2013年7月12日初版 折れた竜骨 上 (創元推

記事を読む

『カラヴィンカ』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『カラヴィンカ』遠田 潤子 角川文庫 2017年10月25日初版 カラヴィンカ (角川文庫)

記事を読む

『雨の鎮魂歌』(沢村鐵)_書評という名の読書感想文

『雨の鎮魂歌』沢村 鐵 中公文庫 2018年10月25日初版 雨の鎮魂歌 (中公文庫)

記事を読む

『女ともだち』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『女ともだち』真梨 幸子 講談社文庫 2012年1月17日第一刷 女ともだち (講談社文庫)

記事を読む

『海よりもまだ深く』(是枝裕和/佐野晶)_書評という名の読書感想文

『海よりもまだ深く』是枝裕和/佐野晶 幻冬舎文庫 2016年4月30日初版 海よりもまだ深く

記事を読む

『あの日のあなた』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『あの日のあなた』遠田 潤子 角川事務所 2017年5月18日第一刷 あの日のあなた (ハルキ

記事を読む

『逢魔』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『逢魔』唯川 恵 新潮文庫 2017年6月1日発行 逢魔 (新潮文庫) 抱かれたい。触られた

記事を読む

『大阪』(岸政彦 柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『大阪』岸政彦 柴崎友香 河出書房新社 2021年1月30日初版発行 大阪 大阪に来た

記事を読む

『嫌な女』(桂望実)_書評という名の読書感想文

『嫌な女』桂 望実 光文社文庫 2013年8月5日6刷 嫌な女 (光文社文庫) 初対面

記事を読む

『いかれころ』(三国美千子)_書評という名の読書感想文

『いかれころ』三国 美千子 新潮社 2019年6月25日発行 いかれころ 「ほんま私は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑