『地先』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『地先』(乙川優三郎), 乙川優三郎, 作家別(あ行), 書評(た行)

『地先』乙川 優三郎 徳間文庫 2022年12月15日初刷

通り過ぎた歳月。その重さ。思いがけない出来事に揺れる男女。
あまたの文学賞を総なめにした名手が贈る至高の短篇集。

絵描きになる夢をあきらめ、平凡な主婦生活を送っていた幸代。娘の作品が美術展に入賞したので上野に連れ立って出かけた。そこで青春時代、芸術家としての才能を信じ、尽くしきった男が、街頭で絵を売っている姿をみる。動揺する幸代が帰宅して描くのは・・・・・・・。(「言葉さえ知っていたら」) 他、御宿を舞台にした 「海の縁」 「地先」 など、苦しみの果てにのぞく希望を繊麗な筆致で描く八篇! (徳間文庫)

作品を通して感じられるのは、たとえていうと海が凪いだような穏やかさ、幾多の起伏を越えて今ある人生の静寂、あるいは諦念、とでもいったものでしょうか。若かった日の取り返しのつかなさと、人はどう折り合いをつけて生きていくのでしょう。その先、再度希望は訪れるのでしょうか。そんなことを考えました。

燃えるような恋心でも刺すような欲望でもない。かすかに疼き、たとえ疼きのまま終わったとしても、羽ばたきのように過ぎて、なんの執着ものこさない。いつか記憶を揺らすことはあっても、激しい痛苦をともなうものではないだろう。
そんな恋愛小説を読みたいですか? 私は読みたい。刹那のうちに充足し、その充足が明日の糧になるわけでもないそんな恋愛を、よく知っているように思うからだ。
(温水ゆかり/解説より)

目次
・海の縁
・まるで砂糖菓子
・ジョジョは二十九歳
・言葉さえ知っていたら
・そうね
・おりこうなお馬鹿さん
・すてきな要素
・地先

御 宿 (おんじゅく)
作品に登場する印象深い土地の名前。千葉県の南東、房総半島の東に位置する小さな町。海岸には約2キロに渡る真っ白な砂浜が広がり、童謡 「月の沙漠」 発祥の地として知られています。

ある日 失わずにすむもの 本作の一年前に発表された短編集。戦争という大きな物語に巻き込まれる前の小さな日常を、ボストン、バンクーバー、バルセロナ近郊の小村、マニラのスラム、パラオと、地球を横断するように点描したもの。(本作とはまるで関係ありません。ただ、中にこれに似た話があり、強く印象に残っています) それが -

ジョジョは二十九歳 実は本作八篇の中に一篇、やや趣きの異なる作品が混ざっています。それが第三話 「ジョジョは二十九歳」。フィリピン人ジョジョの儚い運命を描いたもので、戦争とはまるで関係ないのですが、先に記した 「ある日 失わずにすむもの」 の中の一篇のようで、ジョジョの人生の辛苦や叶わぬ希望を思うと、涙なしでは読めません。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆乙川 優三郎
1953年東京都生まれ。
千葉県立国府台高校卒業。

作品 「五年の梅」「生きる」「蔓の端々」「脊梁山脈」「ロゴスの市」「太陽は気を失う」「トワイライトシャッフル」「ある日 失わずにすむもの」他多数

関連記事

『月』(辺見庸)_書評という名の読書感想文

『月』辺見 庸 角川文庫 2023年9月15日 3刷発行 善良無害をよそおう社会の表層をめく

記事を読む

『鯖』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『鯖』赤松 利市 徳間書店 2018年7月31日初刷 読めば、地獄。狂気。そして、破滅。気持ち良

記事を読む

『やがて海へと届く』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『やがて海へと届く』彩瀬 まる 講談社文庫 2019年2月15日第一刷 一人旅の途

記事を読む

『ダブル』(永井するみ)_極上のサスペンスは日常から生まれる

『ダブル』永井 するみ 双葉文庫 2020年2月15日第1刷 被害者女性の特異な容

記事を読む

『夏と花火と私の死体』(乙一)_書評という名の読書感想文

『夏と花火と私の死体』乙一 集英社文庫 2000年5月25日第一刷 九歳の夏休み、少女は殺され

記事を読む

『新装版 汝の名』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『新装版 汝の名』明野 照葉 中公文庫 2020年12月25日改版発行 三十代の若

記事を読む

『舎人の部屋』(花村萬月)_書評という名の読書感想文

『舎人の部屋』花村 萬月 双葉文庫 2018年1月14日第一刷 過食嘔吐を繰り返す小説家志望の自称

記事を読む

『ユージニア』(恩田陸)_思った以上にややこしい。容易くない。

『ユージニア』恩田 陸 角川文庫 2018年10月30日17版 [あらすじ]北陸・K

記事を読む

『業苦 忌まわ昔 (弐)』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『業苦 忌まわ昔 (弐)』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2020年6月25日初版

記事を読む

『地を這う虫』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『地を這う虫』高村 薫 文春文庫 1999年5月10日第一刷 高村薫と言えば硬質で緻密な文章で知

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『錠剤F』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『錠剤F』井上 荒野 集英社 2024年1月15日 第1刷発行

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑