『風味絶佳』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/13 『風味絶佳』(山田詠美), 作家別(や行), 山田詠美, 書評(は行)

『風味絶佳』山田 詠美 文芸春秋 2008年5月10日第一刷

70歳の今も真っ赤なカマロを走らせるグランマは、ガスステイションで働く孫の志郎の、ままならぬ恋の行方を静かに見つめる。ときに甘く、ときにほろ苦い、恋と人生の妙味が詰まった小説6粒。恋愛小説の名手がデビュー20年目におくる風味絶佳な文章を、1粒ずつじっくり味わってください。谷崎賞受賞。(文芸春秋BOOKSより)

やはり、読むべき本は選ばなくてはなりません。つい先日はずみで買ったホラー小説が思ったほどには面白くなかったので尚更感じるのかも知れませんが、つまらない本を読むということは、時間を使って尚得るものがないということです。

反対に、読んで得をしたと思えるような本は、いくら時間がかかったとしても必ずその「見返り」があるものです。読んだ時間以上に長い余韻に浸ることができ、しかも忘れない。うまく行けば目の前の景色が一変するとか、見えなかったものが見えてきたりもします。

感じ取ってはいるけれど言葉にできない不確かなニュアンス - そんなものがもののみごとに正しい言葉や文章に置き換えられていたりすると、感心して嬉しくなり、ついでにちょっと得をした気分になります。そういう本に出会いたくて、みんな本を読んでいるんじゃないのでしょうか。
・・・・・・・・・・
山田詠美の『風味絶佳』は、まさにそんな人のために書かれたような小説です。「風味絶佳」とは、あの懐かしい森永ミルクキャラメルのパッケージロゴ「滋養豊富 風味絶佳」から採られたもので、味が非常にすぐれているさまのことを言います。

解説の高橋源一郎氏は、(本当かどうかは分りませんが)、一度に読むのがもったいなくて、毎日1篇ずつ読んだと言い、続けてこんな賛辞を送っています。

この時代に、この国で、こんな小説が書かれているのだ。日本語は、こんなにも素晴らしいことができるのだ。だから、ぼくたちは、まだ大丈夫だ。そう思うと、なんだかたまらない気持ちになって本から目を上げ、窓を眺めた。

ひとつの物語を読み終える度に、本を置き、少しため息をついて、視点が定まらないまま思わずどこかを見つめてしまう。本当に、そんな感じになってしまいます。それぞれの〈滋味深さ〉が後を引いて、しばし放心してしまうのです。

※ 細かな内容の紹介は致しません。と言うか、この小説の見事さを上手く伝える自信がないのです。なまじ半端な解説をして、万が一にも読む気を削いでしまうようなことになりはしまいかと心配で、なら、いっそのこと何も書かないでおこうと決めました。

ですから、これは、肉体労働系の男子を主人公にした「珠玉」の恋愛小説です、とだけ書いておくことにします。

この本を読んでみてください係数  95/100


◆山田 詠美
1959年東京都板橋区生まれ。
明治大学日本文学科中退。

作品 「僕は勉強ができない」「蝶々の纏足・風葬の教室」「ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー」「ジェントルマン」「ベッドタイムアイズ」「A2Z」「色彩の息子」「学問」「放課後の音符」「熱血ポンちゃんシリーズ」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2021年12月25日初版

記事を読む

『俳優・亀岡拓次』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『俳優・亀岡拓次』戌井 昭人 文春文庫 2015年11月10日第一刷 亀岡拓次、37歳、独身。

記事を読む

『ひなた弁当』(山本甲士)_書評という名の読書感想文

『ひなた弁当』山本 甲士 小学館文庫 2019年3月20日第9刷 人員削減を行うこ

記事を読む

『妻は忘れない』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『妻は忘れない』矢樹 純 新潮文庫 2020年11月1日発行 葬儀の晩に訪れた、前

記事を読む

『ひらいて』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『ひらいて』綿矢 りさ 新潮社文庫 2015年2月1日発行 文庫の解説は、タレントの光浦靖子さん

記事を読む

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』(成田名璃子)_書評という名の読書感想文

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』成田 名璃子 幻冬舎文庫 2019年2月10日初版

記事を読む

『半自叙伝』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『半自叙伝』古井 由吉 河出文庫 2017年2月20日初版 見た事と見なかったはずの事との境が私に

記事を読む

『ビタミンF』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ビタミンF』重松 清 新潮社 2000年8月20日発行 炭水化物やタンパク質やカルシウムのよ

記事を読む

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行 元映写技師の夫・信好

記事を読む

『緋色の稜線』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『緋色の稜線』あさの あつこ 角川文庫 2020年11月25日初版 ※本書は、201

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑