『青色讃歌』(丹下健太)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/13 『青色讃歌』(丹下健太), 丹下健太, 作家別(た行), 書評(あ行)

『青色讃歌』丹下 健太 河出書房新社 2007年11月30日初版

第44回文藝賞受賞作。同棲する彼女の収入で暮らす高橋の、猫探しと仕事探しの日々はいつ終わる? 明け方の青い光に彷徨う青春小説。「読ませる、笑わせる、唸らせる」藤沢周氏、「全篇に漂う乾いたユーモア」高橋源一郎氏、他選考委員絶賛! (amazon解説より)

今から8年前に刊行された本なのですが、はたして丹下健太という作家を知っている人がどれくらいいるのかと思うと、いささか心細くもあります。この『青色讃歌』を読んだことがあるという人が少しでもいたらいいな - そんな思いで書いています。

この小説は文藝賞を受賞した丹下健太のデビュー作なのですが、その後の彼の著作はそう多くはありません。失礼ながら、「大丈夫なの?」と声をかけたくなるほどの少なさで、まるでこの小説の主人公・高橋のように頼りなさげで、心もとなくもあるのです。

私がこの本を紹介しようと思った理由はとても単純で、小説の舞台が京都で、高橋や丹下健太と私が、おそらく似たような学生時代を送った者同士じゃないかと感じた点です。とても他人事とは思えない、私にはひどく近しい小説なのです。

小説の中に具体的な地名などが出てくるわけではありませんが、私には分かるのです。丹下健太が同志社の学生だったことや、卒業した後も彼が京都を離れずにいることがとりあえずの根拠ですが、何より細かな描写が京都であることを物語っているのです。
・・・・・・・・・・
話は脇道へ逸れますが、みなさんは全国で学校(大学かな?)施設が一番多い都道府県がどこかご存じですか? それは東京でも神奈川でも、大阪でもなく、京都なのです。理由はよく分かりませんが、とにかく京都にはやたらと学校があるのです。

私が暮らしている地域からも、早ければ中学校から、大概は大学で京都へ行くことになります。大学へ行くなら京都か大阪、それ以外は東京(関東)というパターンです。

関西の方なら言わずもがなですが、「関関同立」と言われる、いわゆる関西有名私立大学というのがありまして、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学の4つの大学を指してそう呼びます。前の2つが大阪と兵庫、後の2つが京都にある学校です。

京都大学、大阪大学、神戸大学といった名だたる国立大学を始めとする公立の大学も沢山ありますので、どこまで「有名」で、どこまでが「優秀」かは判断の別れるところでしょうが、ともかくも4つの大学のどこかに潜り込んでさえおけば、世間的には「勉強ができる」人だと思ってもらえるわけです。

嘘か真か、私の友人(丹下健太と同じ同志社大学に入学した奴)のゼミには、京都大学に僅か2点届かず不合格だった(と言う)奴がいたりしました。(今更ですが、そんなのどうして正確に分かるのかしら?)

そうかと思えば、ほとんど大学にも行かずにアルバイトに精を出す奴、誰かの下宿に入り浸って麻雀ばかりしている連中、一廉の政治家気取りでアジに全精力を注いでいるような奴らなど、まるで学生の本分(それがどんなものかは別にして)をどこかに置き忘れてしまったような輩が大勢いたのです。
・・・・・・・・・・
そうなんです。28歳になって就職活動をしているフリーターの高橋のような人間が、京都にはそれこそ山盛りいたのです。そしてまた、そんな男の話を独り黙々と書いている丹下健太のような人間も。

なんでそう言えるかって? 最初に書きましたでしょ。私もそっちの側にいた一人だったのです。私にしてみれば、高橋は結構立派な奴ですよ。頼りなくはあるけれど、曲がりなりにもめぐみという女性と暮らしていて、ついでに猫まで探し出してあげるのですから。

そもそもあんな猫を飼っていたわけではなかったのです。2ヶ月程前に開いていた窓から勝手に入ってきて居ついた野良猫で、めぐみが喜んだので餌を買い与えていたのですが、一週間程するとまたどこかへ行ってしまいそれっきり戻ってこなかったのです。

ただそれだけの猫だったのです。高橋にとってはどうでもよかったのですが、めぐみがどうしてもあの猫を飼いたいから探してきてというので、高橋はしぶしぶ探すことにしただけのことだったのです。

高橋は何度も会社訪問を繰り返し、その合間を縫って猫の行方を探しています。これはこれでかなり絶望的な状況なのですが、それでもどこかに希望がありそうで、何かが始まる予感を孕んでいます。それが高橋の生来の「呑気さ」に起因するものなのか、単なる「カラ元気」なのかは分からないのですが・・・。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆丹下 健太
1978年愛媛県生まれ。
同志社大学法学部卒業。京都在住。

作品「マイルド生活スーパーライト」「仮り住まい」「猫の目犬の鼻」他

関連記事

『夫のちんぽが入らない』(こだま)_書評という名の読書感想文

『夫のちんぽが入らない』こだま 講談社文庫 2018年9月14日第一刷 "夫のちんぽが入らない"

記事を読む

『沈黙の町で』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『沈黙の町で』奥田 英朗 朝日新聞出版 2013年2月28日第一刷 川崎市の多摩川河川敷で、

記事を読む

『義弟 (おとうと)』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『義弟 (おとうと)』永井 するみ 集英社文庫 2019年5月25日第1刷 克己と

記事を読む

『サンティアゴの東 渋谷の西』(瀧羽麻子)_書評という名の読書感想文

『サンティアゴの東 渋谷の西』瀧羽 麻子 講談社文庫 2019年5月15日第1刷

記事を読む

『レディ・ジョーカー』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『レディ・ジョーカー』(上・下)高村 薫 毎日新聞社 1997年12月5日発行 言わずと知れた、

記事を読む

『ウィステリアと三人の女たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ウィステリアと三人の女たち』川上 未映子 新潮文庫 2021年5月1日発行 大き

記事を読む

『女たちの避難所』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『女たちの避難所』垣谷 美雨 新潮文庫 2017年7月1日発行 九死に一生を得た福

記事を読む

『あむんぜん』(平山夢明)_書評という名の読書感想文

『あむんぜん』平山 夢明 集英社文庫 2022年7月25日第1刷 時に荒唐無稽 時

記事を読む

『私のことならほっといて』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『私のことならほっといて』田中 兆子 新潮社 2019年6月20日発行 彼女たちは

記事を読む

『王国』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『王国』中村 文則 河出文庫 2015年4月20日初版 児童養護施設育ちのユリカ。フルネーム

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

『あいにくあんたのためじゃない』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『あいにくあんたのためじゃない』柚木 麻子 新潮社 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑