『白いしるし』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『白いしるし』西 加奈子 新潮文庫 2013年7月1日発行


白いしるし (新潮文庫)

 

【夏目香織】
夏目は32歳の独身で、恋人もいません。アルバイトをしながら、金にならない絵を描いています。はやく結婚しろという親からの催促を気にかけながらも、幸か不幸か、アルバイト先には同じような境遇の人が多く働いているということもあって、焦る気持ちに火がつかないでいます。

地元の友人はほとんど結婚して子供もいるのですが、集まれば、育児の大変さや姑への愚痴、浮気を繰り返す夫への不満ばかり。「結婚してからのほうがしんどいこと多いで、あんたギリギリまで独身でおったらええねん」- 結局はこう言われるのです。

もう十分ギリギリちゃうのんか - と思う夏目ですが、確かに彼女たちを見ていると、貧乏でも恋人がいなくても、自由に行動でき、それなりに出会いのある今の生活の方が、自分にとっては魅力的であるかも知れない、と思ったりしています。

 

【瀬田】
夏目にとって気のおけない男友だちである瀬田は、女性誌やカルチャー誌で活躍している写真家です。同郷で、同じ年齢ということもあって、いつの間にか二人で飲んだりメールのやりとりをするような仲になっています。

明朗というわけでもなく、いつも不遜といっていい態度なのですが、話はとても面白く、信頼できる人間なので、誰でもが瀬田の友だちになりたがります。そしてその輪が、いつの間にか周りにも広がっているのです。

気がつけば心の中にするりと入ってくる、その様子に微塵も嫌らしさや不自然さがない人柄の瀬田 - だから彼に誘われると、夏目はいつも、屈託なく会いに行くことができるのです。そんな瀬田から、夏目は一枚のフライヤーを貰います。

 

【間島昭史】
「夏目が好きそうな絵を描く」- そう言って瀬田がくれたフライヤーは、真っ白い地に、黒いゴシックで、『間島昭史 作品展』という文字と、隅の方に小さく、ギャラリーの情報が書かれているだけのものでした。

「絵を描く人やのに、フライヤーに絵まったく載ってへんのって、おかしない」と訊くと、瀬田は「あ、ほんまやな」と呑気に言うので、夏目は思わず笑ってしまいます。「でも、夏目、絶対好きやから」-「夏目の絵も俺好きやけど、こいつの絵も、ほんまに、ええねん」

夏目が描いているのは、派手な色使いの、泥臭い油絵です。いつも黒か白、シンプルで、センスの良い服を着ている瀬田が、なぜそんな彼女の絵を好きでいてくれるのかは分からないのですが、友人に薦め、何枚か買わせてくれたことまであるのです。

・・・・・・・・・・

間島の絵は、夏目が描いている絵とは対極にあるような絵です。しかし、瀬田の予言通り、夏目は間島の描いた「しろい」絵が一瞬で好きになります。それは、すごい絵を見た、嬉しい、という気持ちと、こんな絵を描く人がいるのだという驚き、そして多分に、甘い嫉妬の感情が入っています。夏目は絵の前から動けないでいます。

この『白いしるし』という小説は、そんな夏目の、間島に対する、全身全霊の恋の物語です。夏目は『間島昭史』の絵が好きになり、やがて、その絵を描いた『間島昭史』に恋をします。

但し、気にかけておくべきことは、彼女がもうそんなに若くはないということです。実は、間島に出会う前の夏目は失恋を繰り返しており、そのせいで誰かにのめりこんで傷つくことを恐れ、長い間恋を遠ざけていたのです。

相手への想いが強い分沸き上がる疑念や嫉妬に身を削り、幼稚な罵詈雑言のやり取りに終始するような恋愛 - そんな境地には二度と近づきたくないと思っています。次に恋人を得るなら、穏やかな、凪の海みたいな恋愛をしたい、夏目はそう思っていたのです。

だから -『間島昭史』には、会うまい。そう自分に言い聞かせて、夏目は日々をやり過ごしています。「あの人に会うのは危険である」というシグナル。その一方では「会いたい」と願う、まことにシンプルな欲求。はてさて、夏目のやせ我慢はどれほど続くものやら・・・。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


白いしるし (新潮文庫)

◆西 加奈子
1977年イラン、テヘラン生まれ。エジプト、大阪府堺市育ち。
関西大学法学部卒業。

作品 「あおい」「さくら」「きいろいゾウ」「窓の魚」「円卓」「漁港の肉子ちゃん」「きりこについて」「通天閣」「炎上する君」「ふくわらい」「サラバ!」他

関連記事

『サムのこと 猿に会う』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『サムのこと 猿に会う』西 加奈子 小学館文庫 2020年3月11日初版 サムのこと 猿に会

記事を読む

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日第1刷 夜がどれほど暗く

記事を読む

『さまよえる脳髄』(逢坂剛)_あなたは脳梁断裂という言葉をご存じだろうか。

『さまよえる脳髄』逢坂 剛 集英社文庫 2019年11月6日第5刷 さまよえる脳髄 (集英社

記事を読む

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日第一刷 その先の道に消え

記事を読む

『ネメシスの使者』(中山七里)_テミスの剣。ネメシスの使者

『ネメシスの使者』中山 七里 文春文庫 2020年2月10日第1刷 ネメシスの使者 (文春文

記事を読む

『呪文』(星野智幸)_書評という名の読書感想文

『呪文』星野 智幸 河出文庫 2018年9月20日初版 呪文 (河出文庫) さびれゆく商

記事を読む

『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁)_書評という名の読書感想文

『十二人の死にたい子どもたち』冲方 丁 文春文庫 2018年10月10日第一刷 十二人の死にた

記事を読む

『魔女は甦る』(中山七里)_そして、誰も救われない。

『魔女は甦る』中山 七里 幻冬舎文庫 2018年7月25日5版 魔女は甦る (幻冬舎文庫)

記事を読む

『絶叫』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『絶叫』葉真中 顕 光文社文庫 2019年3月5日第7刷 絶叫 (光文社文庫) - 私

記事を読む

『捨ててこそ空也』(梓澤要)_書評という名の読書感想文

『捨ててこそ空也』梓澤 要 新潮文庫 2017年12月1日発行 捨ててこそ 空也 (新潮文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ウィステリアと三人の女たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ウィステリアと三人の女たち』川上 未映子 新潮文庫 2021年5月

『私の友達7人の中に、殺人鬼がいます。』(日向奈くらら)_書評という名の読書感想文

『私の友達7人の中に、殺人鬼がいます。』日向奈 くらら 角川ホラー文

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』天童 荒太 新潮文庫 2021

『おもかげ』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『おもかげ』浅田 次郎 講談社文庫 2021年2月17日第4刷発行

『ぼくがきみを殺すまで』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくがきみを殺すまで』あさの あつこ 朝日文庫 2021年3月30

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑