『太陽の坐る場所』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『太陽の坐る場所』辻村 深月 文春文庫 2011年6月10日第一刷


太陽の坐る場所 (文春文庫)

 

高校卒業から十年。元同級生たちの話題は、人気女優となったキョウコのこと。クラス会に欠席を続ける彼女を呼び出そうと、それぞれの思惑を胸に画策する男女たちだが、一人また一人と連絡を絶ってゆく。あの頃の出来事が原因なのか・・・? 教室内の悪意や痛み、十年後の葛藤、挫折そして希望を鮮やかに描く。(「BOOK」データベースより)

いや~、これは難しい。というか、ややこしい。普段通りに読み始めてしまうと、途中でふと「このまま読んでて本当にいいの? 肝心なことをすっ飛ばしてるかも・・・」みたいな気になって、前に戻ったり、気になる部分を読み返したりを何度もする羽目になります。

思った以上に仕掛けがあって、読めば読むほど互いの関係性が怪しくなってきます。分かっていれば最初からもっと気合を入れて読んだのに、などと思うのも何だか言い訳がましいし、ならもう一回読み直すかと言われたら、それはそれで正直つらくもあるのです。
・・・・・・・・・・
そこで、ちょこっと、こんなことを考えてみました。

せっかく読んだことがない本を初めて読もうとするときに、前もっていろんな解説や感想を読んでしまうと、それはやっぱり本末転倒と言うか、本来味わえたはずの感動や驚きを自ら削り取ってしまうことになりかねません。

ですから、真っ新な状態で読み始めるのが一番いいのです。ただ、そうは思うのですが、場合によってはある程度事前の情報と言うか、ここら辺りに注意して読みなさいよというアドバイスがあった方が読みやすい本もあるんじゃないか、と思うわけです。

なぜわざわざこんなことを書くかと言いますと、この『太陽の坐る場所』という小説をすでに読んだ方の多くが、読み終わった後に、「果たして私は本当にこの小説を理解したと言えるのだろうか」というような疑問や戸惑いを、少なからず持ったはずなのです。

各パートごとの話は非常に面白いのです。特に女性ならではの表の顔と裏の顔との落差と言いましょうか、親しげに話す裏に潜む遠慮のない悪意であるとか、痛烈な毒気を含んだ皮肉などは、リアルに過ぎて感嘆さえしてしまいます。

ところが、読み進むにつれて、こうだと思っていたそもそもの関係自体が何ともあやしくなってくるのです。(それこそが辻村深月が仕掛けた罠なのですが)、これがなかなかに巧妙で、何度も言いますが、読み手のこちらが書き手の意図を理解できているのかどうかが分からなくて、いささか落ち着かない気分になるのです。

もちろん、その気分を味わってこそが本来の、正しい読み方だと言えるのでしょう。しかしこの小説に限って言うと、勝手にした思い違いを、そうとは気付かずに最後まで読み切ってしまう懼れがあるのです。

そんなことになったら、つまらんと思いません? 読んだ時間がもったいないし、何より愉しむための読書なら、そもそものところが宙ぶらりんでは愉しさも半減するではないですか。ですから、そんなのはできるだけ解消してから読めばいいと思うのです。

作者の意図が理解できればずいぶん読みやすいものになりますし、余計なストレスを感じなくても済むはずです。但し、これはあくまでも私のような、少々読み解く力に難がある人用に考えた苦肉の策です。くれぐれも読解力に自信のある方はしないでください。

※ で、どうなの。何にも教えてくれないの? という人のために、最後に大きなヒントを。

名前。名前がポイントです。例えば、2人のサトミ。里見沙江子と半田聡美。2人のキョウコ。高間響子と鈴村今日子。鈴村今日子は高校時代、リンちゃんと呼ばれていたりもします。話の主軸は、人気女優になったキョウコ。わざわざカタカナで「キョウコ」なのです。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


太陽の坐る場所 (文春文庫)

◆辻村 深月
1980年山梨県笛吹市生まれ。
千葉大学教育学部卒業。

作品 「冷たい校舎の時は止まる」「凍りのくじら」「ぼくのメジャースプーン」「名前探しの放課後」「鍵のない夢を見る」「ツナグ」「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」他多数

関連記事

『天使が怪獣になる前に』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『天使が怪獣になる前に』山田 悠介 文芸社文庫 2015年2月15日初版 【文庫】 天使が怪獣

記事を読む

『宰相A』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『宰相A』田中 慎弥 新潮文庫 2017年12月1日発行 宰相A (新潮文庫) 揃いの国民服

記事を読む

『ダブル』(永井するみ)_極上のサスペンスは日常から生まれる

『ダブル』永井 するみ 双葉文庫 2020年2月15日第1刷 ダブル<新装版> (双葉文庫)

記事を読む

『月と蟹』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『月と蟹』道尾 秀介 文春文庫 2013年7月10日第一刷 月と蟹   海辺

記事を読む

『誰にも書ける一冊の本』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『誰にも書ける一冊の本』荻原 浩 光文社 2011年6月25日初版 誰にも書ける一冊の本 光文

記事を読む

『実験』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『実験』田中 慎弥 新潮文庫 2013年2月1日発行 実験 (新潮文庫)  

記事を読む

『妻は忘れない』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『妻は忘れない』矢樹 純 新潮文庫 2020年11月1日発行 妻は忘れない(新潮文庫)

記事を読む

『東京放浪』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『東京放浪』小野寺 史宜 ポプラ文庫 2016年8月5日第一刷 (12-4)東京放浪 (ポプラ

記事を読む

『角の生えた帽子』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『角の生えた帽子』宇佐美 まこと 角川ホラー文庫 2020年11月25日初版 角の生えた帽子

記事を読む

『断片的なものの社会学』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『断片的なものの社会学』岸 政彦 朝日出版社 2015年6月10日初版 断片的なものの社会学

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『わたしの本の空白は』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『わたしの本の空白は』近藤 史恵 ハルキ文庫 2021年7月18日第

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑