『緑の毒』桐野夏生_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/08/20 『緑の毒』桐野夏生, 作家別(か行), 書評(ま行), 桐野夏生

『緑の毒』 桐野 夏生 角川文庫 2014年9月25日初版


緑の毒 (角川文庫)

 

桐野夏生が好きである。

 

先日書店に行ったとき、文庫の新刊コーナーでこの本を見つけました。

桜木紫乃の解説も読みたかったのでつい買ってしまいましたが、家に帰ってみると本棚には単行本がきっちりあるではないですか。

私、文庫の場合結構あるんですよね、こういうこと。少し読めば気付くのに、自分の記憶を過信してよく確かめもせずに買ってしまうこと。

要は忘れているわけです。買ったことも、内容のあらかたも...。だから、めげずにこの際読み直すことにしました。

浮気をする妻への嫉妬、研究者や勤務医に対するコンプレックスを解消するために、39歳の開業医・川辺康之は何度もレイプを繰り返していました。妻カオルが不在になる水曜日の夜ごとに、見知らぬ女性の部屋へ侵入してはセレネース注射で昏睡させて犯す行為を止めることができません。逮捕される恐怖も犯行を重ねるごとに薄れ、更なる欲望が増すばかりです。

一方、被害者の女性たちは事実が公になるのを恐れて口を閉ざしたままでしたが、一人の女性のネットへの書込みから他にも同様の被害者がいることが分かってきます。ネット上の情報交換を続ける内に被害状況がすべて酷似していることも判明します。やがて犯人が医療従事者ではないかという疑念が膨らみ、それが確信に取って代わるのに多くの時間はかかりませんでした。川辺康之の破滅は、もう目の前まで迫っていました。

妻のカオルと浮気相手で医師の玉木、川辺が経営するクリニックの女性スタッフが脇を固めているのですが、猟奇的な犯罪のすぐ近くにいる人間の過敏さとか不穏な予兆の気配をもっと色濃く書いて欲しかったと思います。事件の周辺にいる第三者が犯罪の気配を感じ事実に迫るディテールは読ませどころだと思うのですが、そこが浅いと言うか粗いと言うか。

若作りでブランド志向、スニーカーのヴィンテージマニアという川辺の造形もさほどのことはなく、おぞましいレイプ魔だからこそ持ち合わせる毒のある嗜好の持ち主であって欲しかったし、スタイリッシュな川辺と頓着のない玉木との比較も安易で玉木自身をも台無しにしている感があります。

ひょっとして、、、ひょっとして桐野さん、「男性」を書くのが苦手なのかしら?

 

文庫の裏には「底なしの邪心の蠢きと破壊された女性たちの痛みと闘いを描く衝撃作」という解説文が載っています。嘘だとは言いませんが、解説ほどに衝撃的ではありませんでした。

失礼ですが「桐野さん、どうしたの?」と言いたいくらい、最後まで「衝撃不足」のままでした。

かつて寝るのも忘れて読み耽った「桐野夏生ワールド」..燻る情念、周到な筋書、曖昧を許さない冷徹な視線、あの『顔に降りかかる雨』や『OUT』『柔らかな頬』などで描かれた世界を経験した者にとっては、残念ながら不満の残る作品でした。

 

この本を読んでみてください係数 50/100


緑の毒 (角川文庫)

◆桐野 夏生

1951年石川県金沢市生まれ。父親の転勤で3歳で金沢を離れ、仙台、札幌を経て中学2年生で東京都武蔵野市に移り住む。

成蹊大学法学部卒業。24歳で結婚。シナリオ学校へ通い、ロマンス文学やジュニア文学、漫画の原作などを手がける。

作品 「愛のゆくえ」「錆びる心」「玉蘭」「グロテスク」「残虐記」「魂萌え!」「東京島」「女神記」「IN」「ナニカアル」「ハピネス」「だから荒野」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『愛がなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『愛がなんだ』角田 光代 角川 文庫 2018年7月30日13版 愛がなんだ (角川文庫)

記事を読む

『罪の名前』(木原音瀬)_書評という名の読書感想文

『罪の名前』木原 音瀬 講談社文庫 2020年9月15日第1刷 罪の名前 (講談社文庫)

記事を読む

『乳と卵』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『乳と卵』川上 未映子 文春文庫 2010年9月10日第一刷 乳と卵(らん) (文春文庫)

記事を読む

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行 ミーナの行進 (中公文

記事を読む

『後妻業』黒川博行_書評という名の読書感想文(その2)

『後妻業』(その2) 黒川 博行 文芸春秋 2014年8月30日第一刷 後妻業 ※二部構

記事を読む

『夫のちんぽが入らない』(こだま)_書評という名の読書感想文

『夫のちんぽが入らない』こだま 講談社文庫 2018年9月14日第一刷 夫のちんぽが入らない

記事を読む

『水やりはいつも深夜だけど』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『水やりはいつも深夜だけど』窪 美澄 角川文庫 2017年5月25日初版 水やりはいつも深夜

記事を読む

『ヘヴン』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ヘヴン』川上 未映子 講談社文庫 2012年5月15日第一刷 ヘヴン (講談社文庫)

記事を読む

『グロテスク』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『グロテスク』桐野 夏生 文芸春秋 2003年6月30日第一刷 グロテスク  

記事を読む

『左手首』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『左手首』黒川 博行 新潮社 2002年3月15日発行 左手首 (新潮文庫)  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『はるか/HAL – CA』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『はるか/HAL - CA』宿野 かほる 新潮文庫 2021年10月

『変な家』(雨穴)_書評という名の読書感想文

『変な家』雨穴 飛鳥新社 2021年9月10日第8刷発行 変な

『でえれえ、やっちもねえ』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『でえれえ、やっちもねえ』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2021年6

『推し、燃ゆ』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『推し、燃ゆ』宇佐見 りん 河出書房新社 2021年3月15日40刷

『そこにいるのに/13の恐怖の物語』(似鳥鶏)_書評という名の読書感想文

『そこにいるのに/13の恐怖の物語』似鳥 鶏 河出文庫 2021年6

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑