『すべて真夜中の恋人たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『すべて真夜中の恋人たち』川上 未映子 講談社文庫 2014年10月15日第一刷


すべて真夜中の恋人たち (講談社文庫)

 

わたしは三束さんのことがすきだった。たぶん、はじめて会ったときからわたしは三束さんのことがすきだった。そうはっきりと言葉にしてしまうと、わたしは椅子に座っていることができないくらいに苦しくなり、机に突っ伏して顔を腕のなかに入れて目をつむった。
わたしは三束さんがすき。小さな声でそう言ってみた。よろよろとかすれて頼りないその声は、しばらく耳のなかに留まってからすぐに消えていった。(作中より)

主人公の冬子が、心に留め置いた気持ちを初めて吐露するシーンです。文庫では350ページある長編の、実に273ページ目のことです。冬子は、臆病すぎるくらい臆病な女性です。

人付き合いが苦手で、一人があたり前のようにして暮らしています。彼女はフリーの校閲者ですが、そうなったのは決して積極的な理由があったからではありません。元々彼女は小さな出版社の社員で、校閲の担当者として働いていました。

職場に居づらくなった時期に、たまたまフリーになることを勧めてくれる人がいて、誰とも会わず、一日中部屋に籠って仕事ができる - それが何よりも魅力に思えたのでフリーになったまでのことです。生活が叶うなら、彼女にはそれ以上望むことがなかったのです。

冬子が仕事を受ける窓口になるのが、石川聖という大手出版社の校閲局に勤めるやり手の女性です。冬子と聖は同い年、同じ長野の出身です。仕事がきっかけで2人は親しい仲になり、聖はやがて冬子にとって唯一の友人と呼べる女性になります。

冬子は、34歳。もちろん独身です。高校生の頃に(不本意な形ではあったものの)初体験を済ませているのですが、それ以後はただの一度もセックスをしたことがありません。彼女は、ずっと一人で生きています。

そんな冬子が、ある日カルチャーセンターで初老の男性と知り合います。男性は三束(みつつか)という名前で、年齢は58歳。高校で物理の教師をしていると言います。冬子は三束がする〈光の話〉に魅せられて、彼が決まって立寄る喫茶店に通うようになります。

2人の関係は、互いが初めて異性と言葉を交わすような、ぎこちない空気のなかで始まっていきます。会話はいつも途切れ途切れで、とりとめがありません。冬子はぽつりぽつりと脈絡のない問いかけを繰り返し、その度に三束は短い返事を繰り返します。

光の話に興味を持った冬子に対して、三束は一冊の本を差し出します。ぜひこの音楽を聴いてくれと、ショパンのアルバムを渡します。アルバムの中で一番気に入っている曲がまるで光のイメージそのものなのだと言い、恥ずかしそうに渡すのです。
・・・・・・・・・・
ここに登場する人物は、誰もが孤独です。言い知れぬ孤独を抱えて、時には自分のあるべき姿を隠し、時に自分を見失っているかのようにも思えます。

しかし、それは何も特別なことではありません。おそらく人なら誰もが経験し、誰もが晒される現実です。行く先の見えない絶望を抱えきれないほど抱えて、折れそうになる心を必死に堪えて生きている人間は、そこにも、ここにもいるのです。

逃れ難い現実ではあるのですが、しかしその一方で、それらの人々が抱える孤独や絶望からくる心の痛みを拭い去ってくれる「何か」がきっとあるはずだ、という思い。その思いを信じるが故に、この物語は書かれたのではないかと思います。

でなければ、「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろう」と思い、「誕生日に真夜中のまちを散歩する」ことが唯一の趣味だという冬子は、あまりに不幸です。

有能で、言いたいことを言い、おまけに美人で目立つ聖は、さんざん男と寝た挙句にシングルマザーになることを決心します。冬子とはまるで正反対ですが、聖が幸せかと言うと決してそんな風には見えません。

冬子が恋をする三束は、いかにも教師然とした紳士です。年の割には控え目で、やや朴訥に過ぎるくらいの男性です。しかし、どうかするとその真摯さの裏にある、彼自身が抱える孤独を思わずにはいられません。三束は、たとえば冬子にしか見えない虚像のような、何とも現実味を欠いた男性です。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


すべて真夜中の恋人たち (講談社文庫)

◆川上 未映子
1976年大阪府大阪市生まれ。
日本大学通信教育部文理学部哲学科在学中。

作品 「わたくし率 イン 歯-、または世界」「ヘヴン」「乳と卵」「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」「愛の夢とか」「安心毛布」他

関連記事

『墓地を見おろす家』(小池真理子)_書評という名の読書感想文

『墓地を見おろす家』小池 真理子 角川ホラー文庫 2014年2月20日改訂38版 墓地を見おろ

記事を読む

『静かな炎天』(若竹七海)_書評という名の読書感想文

『静かな炎天』若竹 七海 文春文庫 2016年8月10日第一刷 静かな炎天 (文春文庫) ひ

記事を読む

『遮光』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『遮光』中村 文則 新潮文庫 2011年1月1日発行 遮光 (新潮文庫)  

記事を読む

『奴隷小説』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『奴隷小説』桐野 夏生 文芸春秋 2015年1月30日第一刷 奴隷小説  

記事を読む

『銃とチョコレート 』(乙一)_書評という名の読書感想文

『銃とチョコレート』 乙一 講談社文庫 2016年7月15日第一刷 銃とチョコレート (講談社

記事を読む

『世界から猫が消えたなら』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『世界から猫が消えたなら』川村 元気 小学館文庫 2014年9月23日初版 世界から猫が消えた

記事を読む

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 抱く女 (新潮文庫) 女は男の従属物

記事を読む

『悪果』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪果』黒川 博行 角川書店 2007年9月30日初版 悪果 (角川文庫)  

記事を読む

『サクリファイス』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『サクリファイス』近藤 史恵 新潮文庫 2010年2月1日発行 サクリファイス (新潮文庫)

記事を読む

『紙の月』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『紙の月』 角田 光代  角川春樹事務所 2012年3月8日第一刷 @1,500 紙の月 (ハ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ウィステリアと三人の女たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ウィステリアと三人の女たち』川上 未映子 新潮文庫 2021年5月

『私の友達7人の中に、殺人鬼がいます。』(日向奈くらら)_書評という名の読書感想文

『私の友達7人の中に、殺人鬼がいます。』日向奈 くらら 角川ホラー文

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』天童 荒太 新潮文庫 2021

『おもかげ』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『おもかげ』浅田 次郎 講談社文庫 2021年2月17日第4刷発行

『ぼくがきみを殺すまで』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくがきみを殺すまで』あさの あつこ 朝日文庫 2021年3月30

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑