『カエルの楽園』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『カエルの楽園』(百田尚樹), 作家別(は行), 書評(か行), 百田尚樹

『カエルの楽園』百田 尚樹 新潮文庫 2017年9月1日発行

平和な地を求め旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトが辿り着いた安住の地 「ナパージュ」。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守って暮らしていた。だがある日、平穏な国を揺るがす大事件が起こる - 。日本の姿を寓話に託し、国家の意味を問う 「警世の書」。(新潮文庫)

突如現れたダルマガエルに国を荒らされ、安住の地を求めて60匹のアマガエルが国を捨て旅に出ます。その旅は過酷そのもので、安住の地はいっこうに見つかりません。道中ではヘビやイワナ、イタチなどの天敵に襲われ、彼らは徐々に数を減らしてゆきます。

これはと思う沼や池を見つけても、そこにはすでにアカガエルやトノサマガエルがおり、喜ぶどころか、むしろ彼らは食用として命の危険に晒されます。はじめいた60匹が数十匹に減り、アマガエルの集団は、遂にソクラテスロベルトの2匹だけになってしまいます。

その後、ようやくにして2匹が辿り着いたのが、ツチガエルの国 「ナパージュ」でした。ナパージュは平和そのもので、他国から来たアマガエルの彼らにも限りなく優しく、土地は肥沃で、食べ物も豊富にあります。ソクラテスとロベルトは、遂に思い描いていた 「平和の楽園」 に辿り着いたのだと狂喜します。

ナパージュには、平和を守るためのある決めごとがあります。

(1)  カエルを信じろ (2)  カエルと争うな (3)  争うための力を持つな

ナパージュに暮らすツチガエルの全員はこれを 「三戒」 の教えとし、固く守ることを旨としています。この教えがあるからこそ 「争いそのものが起きようがない」「だから平和なんだ」 と説明します。併せて、彼らは日毎 『謝りソング』 を合唱します。

我々は、生まれながらに罪深きカエル
すべての罪は、我らにあり
さあ、今こそみんなで謝ろう

ツチガエルたちは、その「なんだか変わった歌」を何度も繰り返し歌います。何に謝っているんだろうとロベルトは思い、メスのツチガエルのローラに尋ねると、「わたしたちの遠い祖先が過去に犯した過ち」 すなわち 「原罪」 について謝っているのだといいます。

謝ることで争いを避けることができる。わたしたちはこの歌を歌いながら、平和を願っている。これは祈りの歌でもある - ローラはそう言い、『謝りソング』 は 「三戒」 と同じくらいに大切な歌だといいます。

ナパージュにはその教えを説く指導者的なカエルがおり、名をデイブレイクといいます。彼は進歩的かつ物知りなカエルで、ロベルトはたちまちにして彼の教えの虜になります。

ソクラテスはというと、わかりはするもののいまいち合点がいかずに、さらに 「三戒」 が出来上がった背景を調べてみようと思い立ちます。すると、そこには複雑な事情が絡んでいるのがわかってきます。そして他にも、

ナパージュ周辺を警備している年老いた鷲・スチームボートの存在や、沼地に住むウシガエルも恐れる勇敢なツチガエル、ハンニバル(兄弟) の存在を知ることになります。

・・・・・・・ と、ここら辺りまでが物語の前段です。「三戒」 とは? 『謝りソング』 とは? 何を皮肉って書いてあるのか。それをよく想像して続きを読んでください。

このあと、ツチガエルたちにとってかけがえのない 「平和の楽園」、「三戒」 と 『謝りソング』 に守られ、未来永劫 「平和の楽園」 であり続けるべきはずのナパージュに、

(何があっても襲ってはこないと信じて疑わなかった、あの) 巨大なウシガエルが大挙して侵入し、かつてあった 「カエルの楽園」 が、一夜にして地獄のような騒乱へと場面を変えてゆきます。

※ ナパージュの綴りは 「Napaj」。ひっくり返すと 「Japan」 になります。スチームボートがアメリカ合衆国で、ウシガエルが中国、ぐらいはすぐに察しが付きます。

中に登場するカエルに 「ハンドレッド」 という奴がいます。『語り屋』 とか 『物知り屋』 と呼ばれどちらかというと嫌われ者なのですが、これは著者自らを皮肉って付けたネーミングに思われます。他にもたくさんあります。考えながら読んでみてください。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆百田 尚樹
1956年大阪府大阪市生まれ。
同志社大学中退。

作品 「永遠の0」「海賊とよばれた男」「モンスター」「影法師」他多数

関連記事

『ロスト・ケア』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『ロスト・ケア』葉真中 顕 光文社文庫 2015年4月20日第6刷 戦後犯罪史に残

記事を読む

『コロナと潜水服』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『コロナと潜水服』奥田 英朗 光文社文庫 2023年12月20日 初版1刷発行 ちょっぴり切

記事を読む

『肩ごしの恋人』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『肩ごしの恋人』唯川 恵 集英社文庫 2004年10月25日第一刷 欲しいものは欲しい、結婚3回目

記事を読む

『背中の蜘蛛』(誉田哲也)_第162回 直木賞候補作

『背中の蜘蛛』誉田 哲也 双葉社 2019年10月20日第1刷 池袋署刑事課の課長

記事を読む

『学問』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『学問』山田 詠美 新潮文庫 2014年3月1日発行 私はこの作家が書く未成年たちを無条件に信頼

記事を読む

『黄色い家』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『黄色い家』川上 未映子 中央公論新社 2023年2月25日初版発行 人はなぜ、金

記事を読む

『幸福な日々があります』(朝倉かすみ)_恋とは結婚とは、一体何なのか?

『幸福な日々があります』朝倉 かすみ 集英社文庫 2015年8月25日第1刷 「夫

記事を読む

『ザ・ロイヤルファミリー』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『ザ・ロイヤルファミリー』早見 和真 新潮文庫 2022年12月1日発行 読めば読

記事を読む

『この世にたやすい仕事はない』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『この世にたやすい仕事はない』津村 記久子 新潮文庫 2018年12月1日発行 「

記事を読む

『青春とは、』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『青春とは、』姫野 カオルコ 文春文庫 2023年5月10日第1刷 目の前に蘇る、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑