自己紹介

shingoと申します。

50代男性。趣味は読書です。

 

自己紹介に代えて、私が本を読み出した理由を記します。
中学校へ入学したての頃、同じバスケ部へ入部した同級生の家へ行くことがありました。

中学で知り合ったばかりでまだよく知らない奴だったのですが、帰り際に「家に寄ってけよ。一緒に弁当食おうぜ」と誘って来たのです。

日曜日の練習が先生の都合で昼までになったラッキーな日のことでした。
奴の家は、私の家と中学校のちょうど中間くらいにありました。

玄関を上がり左手にある居間へ入ったときです。

私の目に飛び込んできたのは部屋の二つの壁に造り付けられた天井までの本棚とそこにびっしり収まっている本の群でした。

それまで私は学校の図書館以外であれほど大量の本が並んでいる景色を見たことがありませんでした。

それらの本の持主はもちろん奴ではなく、教師の母親でありサラリーマンの父親ですが、誰のものであろうと一般家庭に”本屋並み”に文芸書が並んでいる様に、そのときの私は圧倒され言葉を失くしていたのです。

そして、何より羨ましかった。

そこにある多くの本は、豊かな情緒と大いなる知的好奇心をこの家族に与え、それは死ぬまで消え去ることはないのです。

本を読まなければならない。将来、数え切れないほどの本がある家で暮らしたいと、そのとき13歳の中学生だった私はかなり真剣に決意したのでした。


公開日:

『六番目の小夜子』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『六番目の小夜子』恩田 陸 新潮文庫 2001年2月1日発行 六

『僕が殺した人と僕を殺した人』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『僕が殺した人と僕を殺した人』東山 彰良 文藝春秋 2017年5月10

『私の息子はサルだった』(佐野洋子)_書評という名の読書感想文

『私の息子はサルだった』佐野 洋子 新潮文庫 2018年5月1日発行

『後悔病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『後悔病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2017年4月11日初版 後

『涙のような雨が降る』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『涙のような雨が降る』赤川 次郎 双葉文庫 2018年4月15日第一刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑