『僕の神様』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『僕の神様』芦沢 央 角川文庫 2024年2月25日 初版発行

あなたは後悔するかもしれない。第一話で読むのをやめればよかった、と。

教室に浸透する噂と呪い - 。神さま水沢くんが導く真相とは? ラスト、せつなさ迫るミステリ

「知ってる? 川上さん、親に殺されたらしいよ」 僕が通う小学校で広がった、少女の死の噂話。川上さんは父親から虐待を受けていたが、先生からは彼女は転校したと聞かされていた。しかも彼女の怨念が図書室の 「呪いの本」 に込められたという怪談にまで発展する。日常のいろいろな謎を解決し、僕が 「神さま」 と尊敬する水谷くんは、噂の真相と呪いの正体に迫るが・・・・・・・。ラストで世界が反転する、せつないミステリー。(角川文庫)

桜散る川沿いに佇む一人の可憐な少女 - 淡く儚げな表紙の絵に騙されてはいけません。この物語に主に登場するのは小学生ですが、その年頃の、「子供の話」 が書いてあるわけではありません。そうと見せかけて、実は 「大人にこそ読んでほしい」 と思う話が書いてあります。

本書は四話+エピローグからなる連作集だ。春に始まり、季節を一巡りして、春で終わる。物語の語り手は、小学五年生の 「僕」 だ。

第一話は、桜の塩漬けの瓶を 「僕」 が落としてしまう場面から始まる。それは前年の夏に心臓発作で急逝した祖母が、祖父のために作り置いていたものだった。毎年、桜茶を飲むのを楽しみにしていた祖父。どうしよう、とうろたえる 「僕」 の頭に浮かんだのは、みんなから 「神さま」 と呼ばれている水谷くんだった。

そもそも 「僕」 は、水谷君と見つけた捨て猫に牛乳をあげようと、祖父の家に取りに行ったのだ。水谷君は捨て猫と一緒に 「僕」 を待っている。さぁ、ここから、「神さま」 の水谷くんが、どうやって “ダメになった桜の塩漬け問題“ を解決していくのか。

芦沢さんが凄いのは、こんな短い物語の中に、ちゃんと 「謎」 と 「謎解き」 を盛り込んで、きっちりとミステリにしているところだ。それも、思わず、あ! と思ってしまうような。

以降の話でも、真ん中にあるのは 「謎」 で、「謎解き」 をするのは水谷くんなのだが、「僕」 が祖父を思い遣る気持ちに、ほんわりとした温もりを感じていると、第二話ではいきなりヘビーな展開が待ち受けている。「僕」 と水谷くんの同級生である川上さんという女子の登場で、一気に物語の重みが増すのだ。

第二話で描かれるのは、「神さま」 である水谷くんの “限界“ だ。「山野さんのリコーダーがなくなったときも、クラスで飼っていたハムスターがかごから逃げ出してしまったときも、学芸会のためにみんなで作った幕が汚されていたときも」、「真相を推理して解決してきた」 水谷くんでさえ、力が及ばないことが描かれる。(解説より)

※物語の後半、水谷くんはナチスについてこんな言葉を語ります。殺したりなんかしたくなかったから、たくさん殺すことになったんだ - と。彼は何を思って、この言葉を口にしたのでしょう? 著者が書く作品のどれもが、優しいだけで終わる話ではありません。この話も同様で、それが最後にわかります。 

この本を読んでみてください係数 80/100

◆芦沢 央
1984年東京都生まれ。
千葉大学文学部史学科卒業。

作品 「罪の余白」「許されようとは思いません」「いつかの人質」「悪いものが、来ませんように」「火のないところに煙は」「夜の道標」「汚れた手をそこで拭かない」他多数

関連記事

『夏と花火と私の死体』(乙一)_書評という名の読書感想文

『夏と花火と私の死体』乙一 集英社文庫 2000年5月25日第一刷 九歳の夏休み、少女は殺され

記事を読む

『ブエノスアイレス午前零時』(藤沢周)_書評という名の読書感想文

『ブエノスアイレス午前零時』藤沢 周 河出書房新社 1998年8月1日初版 第119回芥川賞受賞

記事を読む

『ボダ子』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『ボダ子』赤松 利市 新潮社 2019年4月20日発行 あらゆる共感を拒絶する、極

記事を読む

『合意情死 がふいしんぢゆう』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『合意情死 がふいしんぢゆう』岩井 志麻子 角川書店 2002年4月30日初版 「熊」とあだ名

記事を読む

『箱庭図書館』(乙一)_書評という名の読書感想文

『箱庭図書館』乙一 集英社文庫 2013年11月25日第一刷 僕が小説を書くようになったのには、心

記事を読む

『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『ふがいない僕は空を見た』窪 美澄 新潮文庫 2012年10月1日発行 高校一年生の斉藤くんは、年

記事を読む

『星の子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『星の子』今村 夏子 朝日新聞出版 2017年6月30日第一刷 林ちひろは中学3年生。病弱だった娘

記事を読む

『プリズム』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『プリズム』百田 尚樹 幻冬舎文庫 2014年4月25日初版 ある資産家の家に家庭

記事を読む

『芽むしり仔撃ち』(大江健三郎)_書評という名の読書感想文

『芽むしり仔撃ち』大江 健三郎 新潮文庫 2022年11月15日52刷 ノーベル文

記事を読む

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行 美しくて、か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑