『月の上の観覧車』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/14 『月の上の観覧車』(荻原浩), 作家別(あ行), 書評(た行), 荻原浩

『月の上の観覧車』荻原 浩 新潮文庫 2014年3月1日発行

本書『月の上の観覧車』は著者5作目の短編集。荻原浩が書く本は、ほんとうに「安心」して読めます。奇を衒わず、ちょっと優しい気持ちになりたいときには最適の読み物です。

人生の半ばを迎え、あるいは峠を少し越えて人が想うこと、自分のでこぼこした半生や共に暮らす伴侶のこと、久しく会わなくなった幼い頃の友のこと、

やり遂げたこととやり残したこと、救われた気持ちや裏切られた切なさなど、誰しもが振り返り改めて思うことのあれこれを、当人になり代わり、優しく語ってくれます。一生懸命生きてきた人々の「今」に焦点をあて、その意味を教えてくれます。

トンネル鏡」・・・・・・・ 東京から故郷の日本海に面した小さな町に帰る列車の中で、今までの人生を辿る男の話。大学受験で上京してから30年、「私」 は50歳を目の前に証券会社を退職しました。現在は離婚しており、故郷で一人暮らしていた母親も亡くなりました。閉ざされて何もない小さな海沿いの町。酒を飲み煙草を喫い、ド演歌を唸る母親から逃げるようにして東京へ向かった 「私」 は、再び故郷の町で暮らそうとしています。

上海租界の魔術師」・・・・・・・ 若い頃上海でマジシャンをしていた祖父の話。
レシピ」・・・・・・・ 書き溜めたレシピノートで昔の恋を想う主婦の話。
金魚」・・・・・・・ 鬱になった男が金魚を通して亡き妻を想う話。
チョコチップミントをダブルで」・・・・・・・ 離婚した妻に引取られた娘と年に一度だけ会う男の話。
ゴミ屋敷モノクローム」・・・・・・・ ゴミ屋敷に住む老女と若い公務員の話。
胡瓜の馬」・・・・・・・ 故郷の好きだった少女の話。昔好きだった少女は、今もやっぱり好きなのです。結婚した妻を愛することとは別に、少女の面影が男の胸から消え去ることはありません。

月の上の観覧車」・・・・・・・ 夜の観覧車で自分の人生をなぞる年老いた男の話。
誰にでも、死者とつかの間出会える瞬間がある・・・・・・・「私」の場合、その場所が観覧車でした。閉園後の遊園地。この施設のオーナーである 「私」 は、高原に立つ観覧車に妻の遼子と乗り込みます。月に向かって夜空を上昇していくゴンドラのなかで、先天的な疾患と障害をもち夭折した息子・久生のことを、二人して思い出しています。

物語の主人公の現在や思い起こす過去のどれかに、必ずやあなたの人生と重なる感慨を発見することになります。

この本を読んでみてください係数 85/100


◆荻原 浩

1956年埼玉県大宮市生まれ。

成城大学経済学部卒業。広告制作会社、コピーライターを経て、1997年小説家デビュー。

作品 「オロロ畑でつかまえて」「コールドゲーム」「明日の記憶」「お母様のロシアのスープ」「あの日にドライブ」「四度目の氷河期」「愛しの座敷わらし」「砂の王国」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『夏をなくした少年たち』(生馬直樹)_書評という名の読書感想文

『夏をなくした少年たち』生馬 直樹 新潮文庫 2019年8月1日発行 第3回 新潮ミ

記事を読む

『骨を彩る』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『骨を彩る』彩瀬 まる 幻冬舎文庫 2017年2月10日初版 十年前に妻を失うも、最近心揺れる女性

記事を読む

『さまよえる脳髄』(逢坂剛)_あなたは脳梁断裂という言葉をご存じだろうか。

『さまよえる脳髄』逢坂 剛 集英社文庫 2019年11月6日第5刷 なんということで

記事を読む

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行 16歳で両親

記事を読む

『貘の耳たぶ』(芦沢央)_取り替えた、母。取り替えられた、母。

『貘の耳たぶ』芦沢 央 幻冬舎文庫 2020年2月10日初版 あの子は、私の子だ。

記事を読む

『雨の夜、夜行列車に』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『雨の夜、夜行列車に』赤川 次郎 角川文庫 2017年1月25日初版 「今夜、九時の列車よ - 」

記事を読む

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第1刷 女性の困窮と憤怒を

記事を読む

『地球星人』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『地球星人』村田 沙耶香 新潮文庫 2021年4月1日発行 恋愛や生殖を強制する世

記事を読む

『きれいなほうと呼ばれたい』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『きれいなほうと呼ばれたい』大石 圭 徳間文庫 2015年6月15日初刷 星野鈴音は十人並以下の容

記事を読む

『失はれる物語』(乙一)_書評という名の読書感想文

『失はれる物語』乙一 角川文庫 2006年6月25日初版 目覚めると、私は闇の中にいた。交通事故に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑