『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10日 第1刷

あの街の空気が呼びおこす遠い記憶と、かすかな希望、そして・・・・・・・ 人気女性作家6人の競作! |文庫オリジナル

台湾出身だと語る風変わりな青年、探偵屋に漂うルーロー飯の香り、動けなくなったあの日に作った一皿、生まれ育った香港を離れた彼女の迷い、異国の地でひっそりと暮らす男性に打ち明けた思い、夢に出てきた愛猫に呼ばれた街でふいに蘇った懐かしい記憶・・・。人気女性作家6人による、心に沁みる珠玉のアジアン・アンソロジー。(文春文庫)

韓国、中国・香港、台湾、タイにマレーシアに、シンガポール。少し南のバリ島などにも行きました。三十代の頃のことです。特に旅行が好きだったわけではありません。就いた仕事上、致し方なくのことでした。

それでも刺激はありました。赤や緑の原色看板に。肌を露出した若い女性の檳榔売りに。屋台で食べる、日本とはちょっと違う焼き鳥に。うず高く積まれたドリアンの山に。甘辛く濃い味のルーロー飯に。しかし、大抵のことは忘れました。どうでもよさそうな、些細なことだけを今も覚えています。

書いてあるのは、主に台湾、中に香港にまつわる諸々です。思うほど “海外海外“ してはいません。舞台の大方は日本国内で、主人公は普通の人で。普通に暮らす中に、ふと “アジア“ が交ります。入り込む、あるいは既に入り込んでいる、といっていいかもしれません。6作品共に味わい深く、どれが気に入るかはあなた次第だと思います。

1 中島京子隣に座るという運命について」 文芸サークルで偶然出会ったエイフクさんは幽霊?・・・・・・・

2 桜庭一樹 月下老人」 火事を出した台湾料理屋が探偵屋の1階に転がり込んで・・・・・・・

3 島本理生停止する春」 勤続15年目のある日、会社を休んだ。次の日もその翌日も・・・・・・・

4 大島真寿美チャーチャンテン」 1997年の夏、お腹のなかにいたあの子は2022年に・・・・・・・

5 宮下奈都石を拾う」 わたしの身体の中には活火山があって、ときどき噴火する・・・・・・・

6 角田光代猫はじっとしていない」 1年前にいなくなった愛猫のタマ子が、夢の中に出てきて・・・・・・・

※私の一番は、冒頭の 「隣に座るという運命について」 でしょうか。何せ、中島京子さんの文章が素晴らしい。こんな文章が書けたらと、読むたび思います。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆中島京子 (なかじま・きょうこ)
1964年東京都生まれ。『小さいおうち』 『長いお別れ』

◆桜庭一樹 (さくらば・かずき)
1971年島根県生まれ。『赤朽葉家の伝説』 『私の男』

◆島本理生 (しまもと・りお)
1983年東京都生まれ。『夏の裁断』 『ファーストラブ』

◆大島真寿美 (おおしま・ますみ)
1962年愛知県生まれ。『ピエタ』 『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』

◆宮下奈都 (みやした・なつ)
1967年福井県生まれ。『田舎の紳士服店のモデルの妻』 『羊と鋼の森』

◆角田光代(かくた・みつよ)
1967年神奈川県生まれ。『対岸の彼女』 『八日目の蝉』

関連記事

『愛と人生』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『愛と人生』滝口 悠生 講談社文庫 2018年12月14日第一刷 「男はつらいよ」

記事を読む

『暗幕のゲルニカ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『暗幕のゲルニカ』原田 マハ 新潮文庫 2018年7月1日発行 反戦のシンボルにして20世紀を代表

記事を読む

『悪の血』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『悪の血』草凪 優 祥伝社文庫 2020年4月20日初版 和翔は十三歳の時に母親を

記事を読む

『赤い部屋異聞』(法月綸太郎)_書評という名の読書感想文

『赤い部屋異聞』法月 綸太郎 角川文庫 2023年5月25日初版発行 ミステリ界随

記事を読む

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行 過払い金マフィア、マル

記事を読む

『十六夜荘ノート』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『十六夜荘ノート』古内 一絵 中公文庫 2017年9月25日初版 英国でこの世を去った大伯母・玉青

記事を読む

『あのひとは蜘蛛を潰せない』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『あのひとは蜘蛛を潰せない』彩瀬 まる 新潮文庫 2015年9月1日発行 ドラッグストア店長の

記事を読む

『泳いで帰れ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『泳いで帰れ』奥田 英朗 光文社文庫 2008年7月20日第一刷 8月16日、月曜日。朝の品川駅

記事を読む

『海の見える理髪店』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『海の見える理髪店』荻原 浩 集英社文庫 2019年5月25日第1刷 第155回直木

記事を読む

『ウエストウイング』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ウエストウイング』津村 記久子 朝日文庫 2017年8月30日第一刷 女性事務員ネゴロ、塾通いの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑