『生きる』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『生きる』乙川 優三郎 文春文庫 2005年1月10日第一刷


生きる (文春文庫)

亡き藩主への忠誠を示す「追腹」を禁じられ、生き続けざるを得ない初老の武士。周囲の冷たい視線、嫁いだ娘からの義絶、そして息子の決意の行動 - 。惑乱と懊悩の果て、失意の底から立ち上がる人間の強さを格調高く描いて感動を呼んだ直木賞受賞作他、「安穏河原」「早梅記」の二篇を収録した珠玉の中篇集。(文春文庫)

「時代小説はどうも・・・」という方にこそお勧めしたい一冊です。読むと必ず「今」を感じることになります。今いる自分、今まで生きた己の半生を思い返さずにはいられなくなります。
・・・・・・・・・
病質と心労で寝込んでいる(妻)佐和の顔を見てから、又右衛門は久し振りに、部屋の障子を開けて、菖蒲の咲く庭を眺めています。五十にもなって情けないものだ・・・・、又右衛門はこの十日が一夜の夢であってくれたらと、ふとそんな思いに耽っています。

筆頭家老・梶谷半左衛門の言葉を信じ従ったことで、又右衛門がこれまで信じて疑わなかった武家の概念というものが、見る間に変化を見せます。そしてそのことは、その後の又右衛門の人生に、取り戻せない、大きな後悔を残すことになります。

自分のことはともかくも、それは息子や娘、身の内の多くにも及び、計り知れない不幸を招くことになります。又右衛門は、もはや生きてゆく自信や気概といったものをまるで失くした、「生きて死んだ」人のようになり果てます。

殉死は真鍋恵之助(又右衛門の娘・けんの夫)が最後ではなく、それどころか飛騨守(ひだのかみ:藩主)の葬儀の日に三人、その後もひとりまたひとりと続き、遺族が病死と届け出たものも加えると昨日までに十七名が追腹(おいばら)を切っている。

そこまで数が増すと、禁令はあってないに等しく、次は石田又右衛門か小野寺郡蔵かと囁かれ、城にいても肘でつつかれるようで落ち着かない日が続いた。

「追腹」とは、家来が主君の死のあとを追って切腹することをいいます。「供腹」ともいい、世話になった主君に対する奉謝と忠誠の気持ちを、自らの死をもって知らしめること、当時、武士と生まれた者にとっては先から承知の覚悟だったわけです。

又右衛門は、言われるまでもなく、とうに死ぬつもりでいたのでした。それを、若い家老の梶谷が「するな」と命じ、すれば処罰を与えると決めたのでした。

又右衛門と郡蔵を前にして、家老はこう言い募ります。「わしはな、小野寺、そなたにも石田にも生きてもらいたいと考えておる、禁令をもってしてもおそらく追腹はなくなるまい、逆に抗議の意味で腹を切るものが現れるかもしれん、

うまく数が減れば減ったで他家の嘲笑をあびるであろう、しかしそれでも追腹はなくしたい、同じ命を捧げるのであれば、まこと御家のためになることに捧げるのが家臣の務め、そのことを生きてその身で示してもらいたいのだ」

「卑怯もの、臆病もの、恩知らずと罵られるであろう、わしにはそれを止めることもたいした手助けもできぬ、それだけ二人にはつらく長い戦いになるであろう、だが必ずや汚名を雪ぐ日は来る」

「どうであろう、今日ここで死んだつもりで生きてくれぬか、殿もそれでよいと仰せられるに違いない、いずれ宗之さま(次の藩主)にもわしから事実を申し上げよう」

そう言われて二人は返す言葉が見当たらず黙り込んでしまうと、梶谷家老は承諾したものとして二人の前に用意していた誓紙を差し出します。

いかなる場合にも決して腹を切らぬこと、それが藩命であることを他言せぬこと、そしてその二点を守る限り両家の存続を保証するという一文を加えた起請誓紙を差し出され、その場の苦痛から逃れるように小野寺がまず筆を取り、又右衛門が後に続きます。

二人の武士にとり、それは辛すぎる苦渋の末の判断で、その先二人に待っているのは、それをも凌ぐ惑乱と懊悩、長い長い屈辱の日々 - であるわけですが、不意を衝かれた動揺もあり、二人が真に覚悟を決めるのは、もう少しあとのことになります。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


生きる (文春文庫)

◆乙川 優三郎
1953年東京都生まれ。
千葉県立国府台高校卒業。

作品 「藪燕」「霧の橋」「五年の梅」「武家用心集」「蔓の端々」「脊梁山脈」「ロゴスの市」「太陽は気を失う」「トワイライトシャッフル」他多数

関連記事

『薄情』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『薄情』絲山 秋子 河出文庫 2018年7月20日初版 薄情 (河出文庫) 地方都市に暮らす

記事を読む

『レプリカたちの夜』(一條次郎)_書評という名の読書感想文

『レプリカたちの夜』一條 次郎 新潮文庫 2018年10月1日発行 レプリカたちの夜 (新潮文

記事を読む

『罪の余白』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『罪の余白』芦沢 央 角川文庫 2015年4月25日初版 罪の余白 (角川文庫) どうしよう

記事を読む

『歩いても 歩いても』(是枝裕和)_書評という名の読書感想文

『歩いても 歩いても』是枝 裕和 幻冬舎文庫 2016年4月30日初版 歩いても、歩いても (

記事を読む

『哀原』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『哀原』古井 由吉 文芸春秋 1977年11月25日第一刷 哀原 (1977年) 原っぱ

記事を読む

『空中ブランコ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『空中ブランコ』奥田 英朗 文芸春秋 2004年4月25日第一刷 空中ブランコ (文春文庫)

記事を読む

『「いじめ」をめぐる物語』(角田光代ほか)_書評という名の読書感想文

『「いじめ」をめぐる物語』角田 光代ほか 朝日文庫 2018年8月30日第一刷 「いじめ」をめ

記事を読む

『逢魔』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『逢魔』唯川 恵 新潮文庫 2017年6月1日発行 逢魔 (新潮文庫) 抱かれたい。触られた

記事を読む

『臣女(おみおんな)』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『臣女(おみおんな)』吉村 萬壱 徳間文庫 2016年9月15日初版 臣女 (徳間文庫) 夫

記事を読む

『それを愛とまちがえるから』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『それを愛とまちがえるから』井上 荒野 中公文庫 2016年3月25日初版 それを愛とまちがえ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『八月は冷たい城』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『八月は冷たい城』恩田 陸 講談社タイガ 2018年10月22日第一

『地下街の雨』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『地下街の雨』宮部 みゆき 集英社文庫 2018年6月6日第55刷

『らんちう』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『らんちう』赤松 利市 双葉社 2018年11月25日第一刷 ら

『作家刑事毒島』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『作家刑事毒島』中山 七里 幻冬舎文庫 2018年10月10日初版

『アカガミ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『アカガミ』窪 美澄 河出文庫 2018年10月20日初版 アカ

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑