『ハンチバック』(市川沙央)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『ハンチバック』(市川沙央), 作家別(あ行), 市川沙央, 書評(は行)

『ハンチバック』市川 沙央 文藝春秋 2023年7月25日第5刷発行

第169回芥川賞受賞作私の身体は、生き抜いた時間の証として破壊されていく

井沢釈華の背骨は右肺を押しつぶす形で極度に湾曲し、歩道に靴底を引きずって歩くことをしなくなって、もうすぐ30年になる。

両親が終の棲家として遺したグループホームの、十畳ほどの部屋から釈華は、某有名私大の通信課程に通い、しがないコタツ記事を書いては収入の全額を寄付し、18禁TL小説をサイトに投稿し、零細アカウントで 「生まれ変わったら高級娼婦になりたい」 とつぶやく。ところがある日、グループホームのヘルパー・田中に、Twitterのアカウントを知られていることが発覚し - 。(文藝春秋BOOKSより)

安易な同情は禁物で、端から望んでなどいません。読むとわかるのですが、露骨に過ぎる悪態も、読者に向けた皮肉に満ちたメッセージも、その揺るがざる意思を裏付けるものに他なりません。圧倒的な迫力やユーモアの源泉は、おそらくそこから生じています。

「ハンチバック」 は 「せむし」 の意。「先天性ミオパチーを患う重度の身体障害者が自嘲気味に、偏見を揶揄しながら、軽妙さと意地悪さと鋭い洞察を織り交ぜて語る作品は、壮絶だが悲惨ではなく、困難だらけなのに暗くない。言葉に芸があるのだ。こんな状況なのに読者のことを慮っている」 とは、8月5日付京都新聞朝刊に載った阿部公彦氏 (東京大教授)の書評の中にある言葉。

背中が湾曲し、肺が押しつぶされ、痰がからむたび死を意識する。「生きれば生きるほど」 身体が 「いびつに壊れていく」。歩行も呼吸も困難で、会話の機会はほとんどありません。そんな中で、密かに彼女が望んでいたのは 「妊娠と中絶がしてみたい」 ということでした。

小説の多くの部分が自分自身についての話だろうと。自由の利かない身体を持て余し、それでも叶えたいと願う夢の実現は、えらく歪で不穏なものでした。しかし彼女は諦めません。夢の実現に一歩近づいたのは、隠れて彼女がしているTwitterがきっかけでした。

「文藝春秋BOOKS」 には 「著者より」 として、こんな挨拶文が載っています。                                               

ハンチバック の著者市川沙央です。

ハンチバックはこんな人におすすめです。

最近ちょっと寝不足の人。

最近ちょっと肩や腰が凝っている人。

最近ちょっと疲れ気味。

ごはんのお供はふりかけと納豆ならふりかけ派の人。納豆派でも大丈夫です

職場の人間関係に悩んでる人。

急に1億円とか空から降ってきたりしてほしいと思う人。

何でもいいから何か面白いこと起こらないかな、とずっと待ちつづけている人。

今日も明日も変わり映えのしない日々。

むしゃくしゃするし、モヤモヤしてる。

こういうときは面白い小説が読みたいぞ。

めちゃくちゃ刺激的なやつ。

見えている世界がひっくり返るくらいの、ね--。

ハンチバック はそんなあなたにおすすめです!

どうぞよろしくお願いします。

※本の中身は、著者が望んだ通り、「見えている世界がひっくり返るくらいの」 「めちゃくちゃ刺激的な」 ものに違いありません。読むと見る目が変わり、何ら思いに至らなかった自分のことが心底クソに思えてきます。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆市川 沙央
1979年神奈川県生まれ。
早稲田大学人間科学部eスクール人間環境科学科卒業。筋疾患先天性ミオパチーによる症候性側彎症および人工呼吸器使用・電動車椅子当事者。本作で第128回文學界新人賞を受賞し、デビュー。

関連記事

『緑の花と赤い芝生』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『緑の花と赤い芝生』伊藤 朱里 小学館文庫 2023年7月11日初版第1刷発行 「

記事を読む

『捨ててこそ空也』(梓澤要)_書評という名の読書感想文

『捨ててこそ空也』梓澤 要 新潮文庫 2017年12月1日発行 平安時代半ば、醍醐天皇の皇子ながら

記事を読む

『結婚』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『結婚』井上 荒野 角川文庫 2016年1月25日初版 東京の事務員・亜佐子、佐世保の歌手・マ

記事を読む

『それを愛とまちがえるから』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『それを愛とまちがえるから』井上 荒野 中公文庫 2016年3月25日初版 ある朝、伽耶は匡にこう

記事を読む

『コロナと潜水服』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『コロナと潜水服』奥田 英朗 光文社文庫 2023年12月20日 初版1刷発行 ちょっぴり切

記事を読む

『レプリカたちの夜』(一條次郎)_書評という名の読書感想文

『レプリカたちの夜』一條 次郎 新潮文庫 2018年10月1日発行 いきなりですが、本文の一部を

記事を読む

『ぼくは勉強ができない』山田詠美_書評という名の読書感想文

『ぼくは勉強ができない』 山田 詠美  新潮社 1993年3月25日発行 山田詠美の小説を大別す

記事を読む

『四とそれ以上の国』(いしいしんじ)_書評という名の読書感想文

『四とそれ以上の国』いしい しんじ 文春文庫 2012年4月10日第一刷 高松の親戚にひきとられた

記事を読む

『ほかに誰がいる』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ほかに誰がいる』朝倉 かすみ 幻冬舎文庫 2011年7月25日5版 あのひとのこと

記事を読む

『他人事』(平山夢明)_書評という名の読書感想文

『他人事』平山 夢明 集英社文庫 2022年11月14日第13刷 本当の恐怖はすぐ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑