『終わりなき夜に生れつく』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『終わりなき夜に生れつく』恩田 陸 文春文庫 2020年1月10日第1刷

終りなき夜に生れつく (文春文庫)

はじめに、あなたは恩田陸の傑作 - 架空の高知 「途鎖国」 を舞台にしたダーク・ファンタジー 『夜の底は柔らかな幻』(文春文庫・上下巻) をご存じだろうか? 日本版・地獄の黙示録と称される、あの壮大な物語のことである。

本作は、そのスピンオフ作品にあたる。山また山の地にあって、「山には何があるのか? なぜ途鎖国にはイロを持つものが多いのか? 闇月に集まる個性的な在色者たちが駆け引きと激しい戦いを繰り広げ、その謎の真相に迫る」 のが、長編 『夜の底は柔らかな幻』 で、

本作では、強力な特殊能力 イロを持って生まれてきた在色者 の男たちは、いかにして残虐な殺人者となったのか? - その真実が明かされる。

「在色者」 とは何者か? 読んで字のごとく 「色の在る者」。そう、この作品世界には 「イロ」 を持って 「生れつく」 ものがいる。手を触れずに物を動かすことができる、心を読むことができる、頭に直接情報を焼き付け送り込むことができる・・・・・・・いわゆる超能力、といったものだ。それを総称して 「イロ」 と呼んでいる。

ただし野放図にその 「イロ」 の力を使えるわけではない。力を使うことで心身につらい反動があり、強い力を使えば強い反動に悩まされるからだ。それが 「イロ」 をもって生まれたものに大きな負担になるため、通常は薬物投与や脳の手術によって 「均質化」 され、ほとんど力を使うことはない。そう、ほとんどは。

また、「途鎖国」 にはなぜか 「イロ」 を持つ者・・・・・・ 「在色者」 が多く存在する。そのため 「途鎖国」 は 「在色者」 の出入国を厳しく制限し管理している。そしてなぜか、山に入ることを禁じている。死者とまみえることができるという 「闇月」 の時期を除いて・・・・・・・。(解説より/一部略)

第一章 「砂の夜」 アフリカの村で、毎晩一人ずつ男が殺されていく
第二章 「夜のふたつの貌」 医学部に蔓延するクスリの出所は?
第三章 「夜間飛行」 闇からこちらを監視する目の主は?
第四章 「終わりなき夜に生れつく」 雑誌記者が追う男の、恐るべき正体

- 残酷。なのに柔らかで、美しい。恩田陸の描く、至高のアクションホラー

索条痕のない窒息死体が連続で見つかった。この殺人事件に、あの男は関与しているのか。雑誌記者が、あとを追う。特殊能力を持つ者たちが覇権を争う 「途鎖国」 でやがて犯罪者の王として君臨する神山が、闇に目覚める瞬間を描く (表題作)。傑作ダーク・ファンタジー 『夜の底は柔らかな幻』 へと続く鮮烈な作品集。 解説・白井弓子 (文春文庫)

※本編(『夜の底は柔らかな幻』)を先に読むか後で読むかは、たいした問題ではありません。言えるのは、本作だけでもえらくおもしろい、ということです。

この本を読んでみてください係数 85/100

終りなき夜に生れつく (文春文庫)

◆恩田 陸
1964年青森県青森市生まれ。宮城県仙台市出身。
早稲田大学教育学部卒業。

作品 「夜のピクニック」「ユージニア」「六番目の小夜子」「中庭の出来事」「木洩れ日に泳ぐ魚」「蜜蜂と遠雷」「私の家では何も起こらない」「EPITAPH東京」他多数

関連記事

『アカガミ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『アカガミ』窪 美澄 河出文庫 2018年10月20日初版 アカガミ (河出文庫) 渋谷で出

記事を読む

『白いセーター』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『白いセーター』今村 夏子 文学ムック たべるのがおそい vol.3 2017年4月15日発行

記事を読む

『生きてるだけで、愛。』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『生きてるだけで、愛。』本谷 有希子 新潮文庫 2009年3月1日発行 生きてるだけで、愛。

記事を読む

『九年前の祈り』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『九年前の祈り』小野 正嗣 講談社 2014年12月15日第一刷 九年前の祈り &nbs

記事を読む

『明るい夜に出かけて』(佐藤多佳子)_書評という名の読書感想文

『明るい夜に出かけて』佐藤 多佳子 新潮文庫 2019年5月1日発行 明るい夜に出かけて (

記事を読む

『R.S.ヴィラセリョール』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『R.S.ヴィラセリョール』乙川 優三郎 新潮社 2017年3月30日発行 R.S.ヴィラセニ

記事を読む

『朝が来るまでそばにいる』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『朝が来るまでそばにいる』彩瀬 まる 新潮文庫 2019年9月1日発行 朝が来るまでそばにい

記事を読む

『てらさふ』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『てらさふ』朝倉 かすみ 文春文庫 2016年8月10日第一刷 てらさふ (文春文庫)

記事を読む

『影裏』(沼田真佑)_書評という名の読書感想文

『影裏』沼田 真佑 文藝春秋 2017年7月30日第一刷 影裏 第157回芥川賞受賞 北緯3

記事を読む

『鯖』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『鯖』赤松 利市 徳間書店 2018年7月31日初刷 鯖 (文芸書) 読めば、地獄。狂気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『貘の耳たぶ』(芦沢央)_取り替えた、母。取り替えられた、母。

『貘の耳たぶ』芦沢 央 幻冬舎文庫 2020年2月10日初版

『BUTTER』(柚木麻子)_梶井真奈子、通称カジマナという女

『BUTTER』柚木 麻子 新潮文庫 2020年2月1日発行

『ファーストラヴ』(島本理生)_彼女はなぜ、そうしなければならなかったのか。

『ファーストラヴ』島本 理生 文春文庫 2020年2月10日第1刷

『さまよえる脳髄』(逢坂剛)_あなたは脳梁断裂という言葉をご存じだろうか。

『さまよえる脳髄』逢坂 剛 集英社文庫 2019年11月6日第5刷

『終わりなき夜に生れつく』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『終わりなき夜に生れつく』恩田 陸 文春文庫 2020年1月10日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑