『俺はまだ本気出してないだけ』(丹沢まなぶ)_書評という名の読書感想文

『俺はまだ本気出してないだけ』丹沢 まなぶ 小学館文庫 2013年4月10日第一刷


小説 俺はまだ本気出してないだけ (小学館文庫)

 

元々は青野春秋の漫画が原作で、先に映画になってます。堤真一が四十路にして夢を追いかけるおっさん・大黒シズオを演じて話題になった映画です。

その映画を完全ノベライズしたのがこの小説です。※原作漫画はコチラ→俺はまだ本気出してないだけ コミック 1-5巻 セット (IKKI COMIX)

もう、笑えばよいと思いますよ。そして、あぁこんなおっさんもいるんだと思って少し安心してもいいでしょう。

 

世のサラリーマンなら一度や二度は必ず口にした、あるいは心で呟いた憶えがある台詞ですよね。
僅かばかりのエリートサラリーマン以外の、敢えて言いますが”しがない”サラリーマンなら思わないわけがありません。

言い方を変えると、世のしがないサラリーマンは「俺はやるときにはやる。まだ本気モードじゃないだけなんだ」という気持ちを活力にして日々仕事に励んでいるわけです。
そうでも思わないと、やってられないじゃないのよ!

なぜあいつばかりが褒められる? なぜ俺より出世が早いのよ?...要領ばかりよくて、実際にやってるのは俺ですよ俺!...なんて思ったことありません?
上司の理不尽な叱責にじっと耐え忍ぶふりをして、今日は会社が終わったら直ぐに帰って好きな映画をたっぷり観よう、ちょっとの我慢、我慢...なんてことないですか?

いいんです、そんなこと思っても全然いいのです。なぜって、みんなホントは同じようなこと考えてるんですから。

たぶん、その日一日私はあまり調子良くなかったんだと思います。でなければ、今日が昨日とほとんど変化なく空気のごとく過ぎ去った日の仕事帰りだったかも知れません。
何を買う予定もないまま書店に立ち寄って、ふと見つけたのがこの本でした...『俺はまだ本気出してないだけ』
特段の事情があったわけでもなく、何となくブルーでとりとめのないときにこのタイトルはなかなかに刺激的で、安い文庫だったのでふらりと買いました。

 

40を過ぎたダメなおっさんが、一念発起してマンガ家になる話です。

大黒シズオ、41歳。バツイチの子持ち。

“本当の自分”を探すために会社を辞めたものの、朝からゲーム三昧で父親の志郎には怒鳴られ、高校生の娘・鈴子には借金する始末。
バイト先のハンバーガーショップではミスを連発、年下の店長に説教される毎日です。

そんなある日、ついにシズオは自分の生き方を見つけたと宣言するのです。「俺、マンガ家になるわ」

編集部の村上。幼なじみの宮田にアルバイト仲間の市野沢。そして、シズオの将来を憂う志郎とシズオを静かに見守る鈴子。

周囲の人たちにはシズオはどう映っているのでしょう。シズオとは別に、周囲の人たちにもそれぞれの人生があります。ここはしっかり読ませます。

シズオの辞書に「落ち込む」という文字はありません。出版社へ持ち込む原稿は当初全く相手にされませんが、シズオは決して諦めません。

婉曲にダメ出しされても、シズオにとってはあくまで教育的指導であり激励なのでした。根拠のない、底抜けのポジィティブさに苦笑いするしかありません。

それでも彼は最後に、デビューの足がかり、のようなものを掴んで明るく小説は終わっているのです。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


小説 俺はまだ本気出してないだけ (小学館文庫)

◆丹沢 まなぶ

1976年神奈川県生まれ。

作品 「シャカリキ!」「罪とか罰とか」「山形スクリーム」「小説MAJOR」など

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『赤頭巾ちゃん気をつけて』(庄司薫)_書評という名の読書感想文

『赤頭巾ちゃん気をつけて』庄司 薫 中公文庫 1995年11月18日初版 赤頭巾ちゃん気をつけ

記事を読む

『噂の女』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『噂の女』奥田 英朗 新潮文庫 2015年6月1日発行 噂の女 (新潮文庫)  

記事を読む

『愛のようだ』(長嶋有)_そうだ! それが愛なんだ。

『愛のようだ』長嶋 有 中公文庫 2020年3月25日初版 愛のようだ (中公文庫)

記事を読む

『逢魔』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『逢魔』唯川 恵 新潮文庫 2017年6月1日発行 逢魔 (新潮文庫) 抱かれたい。触られた

記事を読む

『大阪』(岸政彦 柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『大阪』岸政彦 柴崎友香 河出書房新社 2021年1月30日初版発行 大阪 大阪に来た

記事を読む

『溺レる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『溺レる』川上 弘美 文芸春秋 1999年8月10日第一刷 溺レる (文春文庫) &nb

記事を読む

『五つ数えれば三日月が』(李琴峰)_書評という名の読書感想文

『五つ数えれば三日月が』李 琴峰 文藝春秋 2019年7月30日第1刷 五つ数えれば三日月が

記事を読む

『おまえじゃなきゃだめなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『おまえじゃなきゃだめなんだ』角田 光代 文春文庫 2015年1月10日第一刷 おまえじゃなきゃだ

記事を読む

『アンチェルの蝶』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『アンチェルの蝶』遠田 潤子 光文社文庫 2014年1月20日初版 アンチェルの蝶 (光文社文

記事を読む

『秋山善吉工務店』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『秋山善吉工務店』中山 七里 光文社文庫 2019年8月20日初版 秋山善吉工務店 (光文社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初

『くちぶえ番長』(重松清)_書評という名の読書感想文

『くちぶえ番長』重松 清 新潮文庫 2020年9月15日30刷

『祝福の子供』(まさきとしか)_書評という名の読書感想文

『祝福の子供』まさき としか 幻冬舎文庫 2021年6月10日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑