『夫の墓には入りません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『夫の墓には入りません』垣谷 美雨 中公文庫 2019年1月25日初版

夫の墓には入りません (中公文庫)

どうして悲しくないんだろう。
夫が死んだというのに、何の感情も湧いてこない。
それどころか、祭壇に飾られた遺影を見つめるうち、まるで知らない人のように思えてくる。

結婚して十五年も経つのに、いったい何回夕食をともにしただろう。疑心暗鬼の苦しい毎日が続いて、ひとり泣いた夜もあったっけ。だけどそのうち、夫に期待するのはやめようと思うようになっていった。つらくなったら別のことを考えればいい。そうやって心の訓練をしたこともある。だけどやっぱり、いつまで経っても諦めの境地に達することなんてできなかった。それでも、なんとか波風立てずに、うまくやってきたつもりだ。(P7.8/冒頭の文章・省略あり)

この物語に登場する二人ほどではないにせよ、所詮、夫婦のことは夫婦にしかわかりません。その上、たとえ夫婦であったとしても (あるいは夫婦であるがゆえに) 知られたくない、隠しておきたいと思うことの一つや二つはきっとあるはずです。

すると決めて結婚した相手ではあるものの、次第次第に互いのことに無関心になるのは、何も夫が、妻が、嫌いになったわけではありません。

突然の夫の死に際し、妻の夏葉子が悲しむわけでもなく、何の感情も湧いてこないのは、(当然ながら) それ相応の訳があります。堅太郎の場合、夏葉子が思うあれやこれやにあまりに無関心が過ぎ、もはや彼女は自分が堅太郎の妻だとは思えなくなっています。

結婚して15年。46歳という若さで脳溢血で急死した夫の遺影を前にして、その時夏葉子は - 実は、言い知れぬほどの解放感を味わっています。

仕事一辺倒で留守ばかりだった夫・堅太郎に対し、妻として、ただ言われるがまま従ってきた自分から - 、地元では旧家で名高い夫の実家に暮らす舅姑に対し、嫁として、ひたすら仲睦まじくと心がけてきた自分から、今まさに解き放たれたのだと。

ある晩、夫が急死。これで嫁を卒業できると思いきや、舅姑や謎の女が思惑を抱えて次々押し寄せる。”愛人” への送金、墓問題、介護の重圧・・・・・・・がんじがらめな夏葉子の日々を変えたのは、意外な人物と姻族関係終了届!? 婚姻の枷に苦しむすべての人に贈る、人生逆転小説。『嫁をやめる日』 を改題。(中公文庫)

今まさに解き放たれたのだと - そう思う夏葉子にとって、それは思いもしない出来事でした。

今から思えば、東京へ出張すると言って家を出た夫が、東京ではなく地元のホテルで急死したと知らされた時、既に、確かな “予兆” が、あるにはあったのです。

事は、死んだ夫が浮気していたのではないかという疑いに始まり、果ては、夫の堅太郎に代わり実家を継ぐべき “嫁” となった夏葉子は、これまで以上に舅姑と深く関わることになります。夫と自分とが入る墓の問題。先んじては舅姑の介護の問題。舅姑だけではなく、夫の実家にはひきこもりの義姉がおり、全てが夏葉子一人を頼りにしています。

夫が亡くなった時点で、自分は誰の妻でもなくなり、晴れて自由の身だと思っていた。だが、どうやら違うらしい。今もこれからも 「高瀬家の嫁」 なのだ。それも、夫が生きていた頃より、もっとずっと明確に。(本文より)

果たして彼女は、この状況を如何にして打開していくのでしょうか?

世のご主人方は、とくと考えてお読みください。夫には夫の人生があり、等しく、妻には妻の人生があるということを。自分が死んでまで夫の実家に妻を縛り付けるのは、妻にとってそれが本当に望ましいことかどうかということを。今更ながら、改めてそんなことを考えました。

この本を読んでみてください係数  85/100

夫の墓には入りません (中公文庫)

◆垣谷 美雨
1959年兵庫県豊岡市生まれ。
明治大学文学部文学科フランス文学専攻卒業。

作品 「竜巻ガール」「リセット」「夫のカノジョ」「ニュータウンは黄昏れて」「後悔病棟」「農ガール、農ライフ」「老後の資金がありません」他多数

関連記事

『赤へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『赤へ』井上 荒野 祥伝社 2016年6月20日初版 赤へ ふいに思い知る。すぐそこにあるこ

記事を読む

『女たちの避難所』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『女たちの避難所』垣谷 美雨 新潮文庫 2017年7月1日発行 女たちの避難所 (新潮文庫)

記事を読む

『哀原』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『哀原』古井 由吉 文芸春秋 1977年11月25日第一刷 哀原 (1977年) 原っぱ

記事を読む

『ウィメンズマラソン』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『ウィメンズマラソン』坂井 希久子 ハルキ文庫 2016年2月18日第一刷 ウィメンズマラソン

記事を読む

『おまえじゃなきゃだめなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『おまえじゃなきゃだめなんだ』角田 光代 文春文庫 2015年1月10日第一刷 おまえじゃなき

記事を読む

『女ともだち』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『女ともだち』真梨 幸子 講談社文庫 2012年1月17日第一刷 女ともだち (講談社文庫)

記事を読む

『オブリヴィオン』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『オブリヴィオン』遠田 潤子 光文社文庫 2020年3月20日初版 オブリヴィオン (光文社

記事を読む

『I’m sorry,mama.』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『I'm sorry,mama.』桐野 夏生 集英社 2004年11月30日第一刷 I’m s

記事を読む

『感染領域』(くろきすがや)_書評という名の読書感想文

『感染領域』くろき すがや 宝島社文庫 2018年2月20日第一刷 【2018年・第16回「こ

記事を読む

『秋山善吉工務店』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『秋山善吉工務店』中山 七里 光文社文庫 2019年8月20日初版 秋山善吉工務店 (光文社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑