『1R 1分34秒』(町屋良平)_書評という名の読書感想文

『1R 1分34秒』町屋 良平 新潮社 2019年1月30日発行

第160回芥川賞受賞 1R1分34秒

デビュー戦を初回KOで飾ってから三敗一分。当ったかもしれないパンチ、これをしておけば勝てたかもしれない練習。考えすぎてばかりいる21歳プロボクサーのぼくは自分の弱さに、その人生に厭きていた。長年のトレーナーにも見捨てられ、変わり者のウメキチとの練習の日々が、ぼくを、その心身を、世界を変えていく--。(新潮社)

第160回芥川賞受賞作

21歳の 「ぼく」 の、ボクシングの話。

ボクシングの事ばかりが書いてあります。

彼はれっきとしたプロボクサーで、デビュー戦こそ初回KOという華々しい勝利を飾ったものの、その後がいけません。負けが込み、次戦に向けたモチベーションは下がる一方で、あれやこれやと、考えてばかりいます。

考えて、考えて - 、そのうち、夢に出てくる対戦相手を “親友” と思うようになるのは、

思うに、

自覚があるかどうかはともかくも、おそらく彼は、本当にしたくてボクシングをしているわけではないのだろうと。ボクシングを介し、たぶん彼は、別の何かを掴み取ろうとしています。

先輩ボクサーのウメキチが新しく彼のトレーナーになると、タメ口を利き、ウメキチの言うことは聞こうともしません。

ところが、それをウメキチは逆手に取り、次第次第に、弱虫だった彼を真のファイターへと変化させてゆきます。

※ボクシングなんて観たことないし興味もない - という人にはちょっとしんどいかもしれません。ある時期、何かのスポーツに集中的に取り組んだ経験があるというなら、「ぼく」 が言わんとする “ニュアンス” はわかるはずです。伝えたいのは、「ボクシング」 のことではありません。

この本を読んでよかったと思う方は、ぜひ、著者のデビュー作 『青が破れる』 を読んでみてください。本作とよく似たシチュエーション、よく似た人物らが登場します。

この本を読んでみてください係数  85/100

第160回芥川賞受賞 1R1分34秒

◆町屋 良平
1983年東京都生まれ。
武蔵大学人文学部卒業。

作品 「青が破れる」「しき」「ぼくはきっとやさしい」

関連記事

『失はれる物語』(乙一)_書評という名の読書感想文

『失はれる物語』乙一 角川文庫 2006年6月25日初版 失はれる物語 (角川文庫) 目覚め

記事を読む

『異邦人(いりびと)』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『異邦人(いりびと)』原田 マハ PHP文芸文庫 2018年3月22日第一刷 異邦人(いりびと

記事を読む

『海よりもまだ深く』(是枝裕和/佐野晶)_書評という名の読書感想文

『海よりもまだ深く』是枝裕和/佐野晶 幻冬舎文庫 2016年4月30日初版 海よりもまだ深く

記事を読む

『沈黙の町で』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『沈黙の町で』奥田 英朗 朝日新聞出版 2013年2月28日第一刷 沈黙の町で &nbs

記事を読む

『月魚』(三浦しをん)_書評という名の読書感想文

『月魚』三浦 しをん 角川文庫 2004年5月25日初版 月魚 (角川文庫) 古書店 『無窮

記事を読む

『女ともだち』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『女ともだち』真梨 幸子 講談社文庫 2012年1月17日第一刷 女ともだち (講談社文庫)

記事を読む

『命売ります』(三島由紀夫)_書評という名の読書感想文

『命売ります』三島 由紀夫 ちくま文庫 1998年2月24日第一刷 命売ります (ちくま文庫)

記事を読む

『中国行きのスロウ・ボート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『中国行きのスロウ・ボート』村上 春樹 文芸春秋 1983年5月20日初版 中国行きのスロウ・

記事を読む

『東京奇譚集』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『東京奇譚集』村上 春樹 新潮社 2005年9月18日発行 東京奇譚集 (新潮文庫) &

記事を読む

『赤と白』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『赤と白』櫛木 理宇 集英社文庫 2015年12月25日第一刷 赤と白 (集英社文庫) 冬は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ウツボカズラの甘い息』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『ウツボカズラの甘い息』柚月 裕子 幻冬舎文庫 2018年10月10

『傲慢と善良』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『傲慢と善良』辻村 深月 朝日新聞出版 2019年3月30日第一刷

『ニワトリは一度だけ飛べる』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ニワトリは一度だけ飛べる』重松 清 朝日文庫 2019年3月30日

『県民には買うものがある』(笹井都和古)_書評という名の読書感想文

『県民には買うものがある』笹井 都和古 新潮社 2019年3月20日

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』中山 七里 宝島社文庫 2019年4月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑