『完璧な母親』(まさきとしか)_今どうしても読んで欲しい作家NO.1

『完璧な母親』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年3月30日10刷

完璧な母親 (幻冬舎文庫)

八日目の蝉」 「WOMENに泣いた人はまた涙する! 母の愛の物語。
テレビで見る可哀相な事件が、まさか自分に起こるなんて思いもしなかった午後、うちの子は死んだ。

第一章は、北関東のT市で、夫や6歳の息子・波琉と3人で暮らす主婦・友高知可子の視点で描かれる。数度の流産のあと、やっと息子を無事に出産し、何の不満もない幸せな毎日を送っていた彼女を、1982年の春、不意に悲劇が襲う。波琉が池で溺死したのだ。

息子を失い悲嘆にくれていた知可子は、やがて驚くべき発想に辿りつく。波琉の誕生日と同じ日に再び子供を産むこと - つまり、もう一度 「波琉の母親」 になることだ。天に願いが通じたのか恐るべき意志力の賜物か、知可子はそれを実現する。生まれたのは息子ではなく娘だが、知可子にとってそれは重要ではない。彼女は娘に波琉子と名づけ、二度目の 「完璧な母親」 としての人生を歩みはじめた・・・・・・・。

- 娘に死んだ兄そっくりの名前をつけるにとどまらず、誕生日には二人分のプレゼントを用意し、ケーキに波琉子の年齢より7本多いろうそくを立てるなど、娘に兄の生まれ変わりであることを常に意識させ続ける育て方は明らかに常軌を逸している。

知可子の視点から描かれるだけに、彼女の中に根を張る波琉子は波琉の生まれ変わりであるという思い込みの強さと、それを正当化する論理には慄然とさせられる。それは客観的には狂気に近い心理状態だが、彼女にとってはその正しさは自分で腹を痛めた母親にしかわからないという確信がある。夫や娘の担任がいかに子育てのやり方をたしなめようとも、彼女の信念が揺らぐことはない。(解説からの抜粋/省略有)

波琉子は、それでも母を愛さずにはいられません。

幸せでありたいと願う気持ちが度を超すと、えてしてそれは逆の結果をもたらすことになります。無理が高じて、予期せぬ事態を招くことになります。摑めたはずの幸せを、掴み損ねてしまうことにもなり兼ねません。

波琉子にとって母・知可子は、どんな存在だったのでしょう。今いる自分よりもなお、死んだ兄を愛しく思う母は、幼い彼女にどんな思いをもたらしたのでしょう。

憎んでも、憎んでも憎み切れずに、それでも憎まずにはいられない波琉子の魂は、やがて明かされる兄・波琉の死の真相に、吸い寄せられるように近づいていきます。

この本を読んでみてください係数 85/100

完璧な母親 (幻冬舎文庫)

◆まさき としか
1965年東京都生まれ。北海道札幌市育ち。

作品 「夜の空の星の」「熊金家のひとり娘」「いちばん悲しい」「途上なやつら」「きわこのこと」「ゆりかごに聞く」「屑の結晶」他

関連記事

『神の子どもたちはみな踊る』(村上春樹)_ぼくたちの内なる “廃墟” とは?

『神の子どもたちはみな踊る』村上 春樹 新潮文庫 2019年11月15日33刷 神の子どもた

記事を読む

『これが私の優しさです』(谷川俊太郎)_書評という名の読書感想文

『これが私の優しさです』谷川 俊太郎 集英社文庫 1993年1月25日第一刷 これが私の優しさ

記事を読む

『暗いところで待ち合わせ』(乙一)_書評という名の読書感想文

『暗いところで待ち合わせ』 乙一 幻冬舎文庫 2002年4月25日初版 暗いところで待ち合わせ

記事を読む

『飼う人』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『飼う人』柳 美里 文春文庫 2021年1月10日第1刷 飼う人 (文春文庫) 結婚十

記事を読む

『過ぎ去りし王国の城』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『過ぎ去りし王国の城』宮部 みゆき 角川文庫 2018年6月25日初版 過ぎ去りし王国の城 (

記事を読む

『空中庭園』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『空中庭園』角田 光代 文春文庫 2005年7月10日第一刷 空中庭園 (文春文庫) &

記事を読む

『家系図カッター』(増田セバスチャン)_書評という名の読書感想文

『家系図カッター』増田 セバスチャン 角川文庫 2016年4月25日初版 家系図カッター (角

記事を読む

『あの女』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『あの女』真梨 幸子 幻冬舎文庫 2015年4月25日初版 あの女 (幻冬舎文庫) &n

記事を読む

『劇場』(又吉直樹)_書評という名の読書感想文

『劇場』又吉 直樹 新潮文庫 2019年9月1日発行 劇場 (新潮文庫) 高校卒業後、

記事を読む

『きれいなほうと呼ばれたい』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『きれいなほうと呼ばれたい』大石 圭 徳間文庫 2015年6月15日初刷 きれいなほうと呼ばれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑