『完全犯罪の恋』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『完全犯罪の恋』田中 慎弥 講談社 2020年10月26日第1刷

完全犯罪の恋

人は恋すると、罪を犯す。
運命でも、必然でもなく、独りよがりの果てに。
その罪を明かさないのが、何よりの罰」
             --中江有里

「私の顔、見覚えありませんか」
突然現れたのは、初めて恋仲になった女性の娘だった。

芥川賞を受賞し上京したものの、変わらず華やかさのない生活を送る四十男である 「田中」。編集者と待ち合わせていた新宿で、女子大生とおぼしき若い女性から声を掛けられる。「教えてください。母と別れたんですか」
下関の高校で、自分ほど読書をする人間はいないと思っていた。その自意識をあっさり打ち破った才女・真木山緑に、田中は恋をした。ドストエフスキー、川端康成、三島由紀夫・・・・・・・。本の話を重ねながら進んでいく関係に夢中になった田中だったが・・・・・・・。
芥川賞受賞後ますます飛躍する田中慎弥が、過去と現在、下関と東京を往還しながら描く、初の恋愛小説。(講談社BOOK倶楽部より)

下校時、私の腕を摑んだのは緑の方だった。

電話と紙と黒板。そうやろ。冬休み、無言電話したやろ。
緑から目を逸らせなかった。首を縦にも横にも振れなかった。電話や蛍光ペンがひどく子どもっぽい策略に感じられた。

どうなんかねっちゃ。訊きよるんやけ答えりっ。
乾いた喉から声を絞り出そうとしたが、
待って。そういうわざとらしい顔、せんで。いかにも自分が悪かったっちゅうような顔、やめて。ほんで、嘘はつかんで。電話、紙、黒板。ほら、なんか言いいね、は?

惨めに、なりとうない。
はあ? 意味分らん。
ほやけえこれ以上惨めになりとうないって、言いよるやろうが。好きな女にふられたっちゅうだけでも惨めなのにから、その女に、命令されて、どうしてなんもかんも言わんといけんのか。なんで女なんかの言いなりに、ならんといけんのか。

自分の言葉が男だと実感し、いやだった。その何倍もいやな気分のためか、緑は全て諦めた笑い方だったが、謝りたい謝りたいと思えば思うだけ、男の自分を止められずに、

お前がどんだけあいつのことを好きなんか知らんけど、やってしもうたんなら、もうあいつのものっちゅうことやから、俺には関係ない。好きとかふられたとか、もうどうでもええ。たかが女一人やけ。ほやけど、ほやけど、あいつが、三島由紀夫が好きで、お前に本、貸したっちゅうのはどうでもようない。あいつに言うとけ。ほんとに三島由紀夫が好きなんやったら、お前のことがほんとに好きなんやったら、三島とおんなじ死に方、してみいって。

階段を降りながら、矛盾していると分った。たかが女一人どうでもいいのであれば、森戸が三島を緑にすすめたのも、やはりどうでもいいことだ。
しかし、小説はどうでもよくない。ノートに書いた小説以前の文章を、書いた自分が裏切るわけにはゆかない。
(本文 P115.116 一部略)

大なり小なり、人は恋をすると罪を犯します。あるいは、知らず知らずのうちに、小さな罪を重ねます。それが独りよがりのせいだとは思ってもみません。

致し方なく嘘をつくのは、それでも相手によかれと思うからです。たとえ将来立派な文学賞を受賞する作家であったとしても、高校2年生の、初めての体験は、何より 「田中」 を舞上がらせたのでした。苦し紛れに吐いた屁理屈で人が死ぬとは、考えもしません。

この本を読んでみてください係数 85/100

完全犯罪の恋

◆田中 慎弥
1972年山口県下関市生まれ。
山口県立下関中央工業高等学校卒業。

作品 「切れた鎖」「夜蜘蛛」「神様のいない日本シリーズ」「犬と鴉」「共喰い」「図書準備室」「実験」「燃える家」「宰相A」「孤独論/逃げよ、生きよ」他

関連記事

『青春ぱんだバンド』(瀧上耕)_書評という名の読書感想文

『青春ぱんだバンド』瀧上 耕 小学館文庫 2016年5月12日初版 青春ぱんだバンド (小学館

記事を読む

『かたみ歌』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『かたみ歌』 朱川 湊人 新潮文庫 2008年2月1日第一刷 かたみ歌 (新潮文庫) &

記事を読む

『影踏み』(横山秀夫)_書評という名の読書感想文

『影踏み』横山 秀夫 祥伝社 2003年11月20日初版 影踏み (祥伝社文庫) 三月二

記事を読む

『きみの町で』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きみの町で』重松 清 新潮文庫 2019年7月1日発行 きみの町で (新潮文庫) あ

記事を読む

『スリーパー/浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ』(竹内明)_書評という名の読書感想文

『スリーパー/浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ』竹内 明 講談社 2017年9月26日第一刷

記事を読む

『冬雷』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『冬雷』遠田 潤子 創元推理文庫 2020年4月30日初版 冬雷 (創元推理文庫) 因

記事を読む

『ギッちょん』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『ギッちょん』山下 澄人 文春文庫 2017年4月10日第一刷 ギッちょん (文春文庫) 四

記事を読む

『朝が来る』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『朝が来る』辻村 深月 文春文庫 2018年9月10日第一刷 朝が来る (文春文庫)

記事を読む

『カルマ真仙教事件(中)』(濱嘉之)_書評という名の読書感想文

『カルマ真仙教事件(中)』濱 嘉之 講談社文庫 2017年8月9日第一刷 カルマ真仙教事件(中

記事を読む

『この胸に突き刺さる矢を抜け』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『この胸に突き刺さる矢を抜け』 白石 一文 講談社 2009年1月26日第一刷 上下 各@1,600

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑