『幸福な日々があります』(朝倉かすみ)_恋とは結婚とは、一体何なのか?

『幸福な日々があります』朝倉 かすみ 集英社文庫 2015年8月25日第1刷

幸福な日々があります (集英社文庫)

「夫としてはたぶんもう好きじゃないんだよね」。三十六歳で結婚をしてから十年を迎える年の正月、お雑煮を食べながら森子 (しんこ) は祐一に告げた。別に嫌いになったわけじゃない。親友としてなら、好き。けれどももう一緒にはいたくない。戸惑う夫を尻目に森子は一人暮らしの準備をし、離婚の手続きを進めようとする - 。恋とは結婚とは、一体何なのか。女性の心に潜む本音が共感を呼ぶ長編小説。(集英社文庫)

この人ならと固く心に決めてする結婚が、うまくいくとは限りません。1年や2年ならともかくも10年ともなれば、何かしら二人の関係が変化するのは当然のことだろうと。

誰しもが、出会った頃のままではいられません。それはそれで致し方ないことではありますが、もしも - 、もしもあなたの妻が、結婚10年目のある日突然あなたに対し、

夫としてはたぶんもう好きじゃないんだよね」 と言ったとしたら、どうでしょう? 

そう言わしめるだけの特段の理由があったわけではないにもかかわらず - とある大学の教育学部の教授である夫のあなたからすれば、社会的にも経済的にも妻は十分満たされていたと信じていたにもかかわらず、妻が 「離婚したい」 と言い出したとしたら・・・・・・・

夫の祐一はおしなべて妻の森子に従順で、偉ぶるところがありません。二人が出会った当初、森子は何より祐一が醸し出すムードが可愛いと感じたのでした。

ぶかぶかのシャツを、袖を折り返して着ているおとなしくてお行儀のいい男の子が、保育園でおかあさんがお迎えにくるのをじっと待っているようないじらしさが感じられる。わたしは、つい、いますぐ行きますからね、といいたくなる。そして、ぎゅうっと抱きしめたくなる。(P35.36)

当時はまだ助教授だった39歳の祐一を見て、森子はそんなふうに思ったのでした。

結婚したいといったのは、森子の方でした。

※男性の私が読むと、なかなかに辛い小説です。その言葉を聞いた瞬間の祐一の驚きと当惑はいかばかりだったかと。梯子を外され無様に宙に浮くような。抗いようのない無力感に唖然とするしかないような。これまでの自分を全否定されたような。

まるで謂れのない状況にいたく同情するばかりではありますが、一方で、どうにも立ち行かなくなった森子の言い分も、わからぬわけではありません。

この本を読んでみてください係数 85/100

幸福な日々があります (集英社文庫)

◆朝倉 かすみ
1960年北海道小樽市生まれ。
北海道武蔵女子短期大学教養学科卒業。

作品 「肝、焼ける」「田村はまだか」「夏目家順路」「深夜零時に鐘が鳴る」「感応連鎖」「玩具の言い分」「ロコモーション」「恋に焦がれて吉田の上京」「平場の月」他

関連記事

『犬』(赤松利市)_第22回大藪春彦賞受賞作

『犬』赤松 利市 徳間書店 2019年9月30日初刷 犬 (文芸書) 大阪でニューハー

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 オロロ畑でつかまえて

記事を読む

『火のないところに煙は』(芦沢央)_絶対に疑ってはいけない。

『火のないところに煙は』芦沢 央 新潮社 2019年1月25日8刷 火のないところに煙は

記事を読む

『去年の冬、きみと別れ』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『去年の冬、きみと別れ』中村 文則 幻冬舎文庫 2016年4月25日初版 去年の冬、きみと別れ

記事を読む

『綴られる愛人』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『綴られる愛人』井上 荒野 集英社文庫 2019年4月25日第1刷 綴られる愛人 夫に

記事を読む

『ある一日』(いしいしんじ)_書評という名の読書感想文

『ある一日』いしい しんじ 新潮文庫 2014年8月1日発行 ある一日  

記事を読む

『カルマ真仙教事件(中)』(濱嘉之)_書評という名の読書感想文

『カルマ真仙教事件(中)』濱 嘉之 講談社文庫 2017年8月9日第一刷 カルマ真仙教事件(中

記事を読む

『この世の全部を敵に回して』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『この世の全部を敵に回して』白石 一文 小学館文庫 2012年4月11日初版 この世の全部を敵

記事を読む

『幻年時代』(坂口恭平)_書評という名の読書感想文

『幻年時代』坂口 恭平 幻冬舎文庫 2016年12月10日初版 幻年時代 (幻冬舎文庫) 4

記事を読む

『純平、考え直せ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『純平、考え直せ』奥田 英朗 光文社文庫 2013年12月20日初版 純平、考え直せ (光文社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑