『初恋』(大倉崇裕)_世界29の映画祭が熱狂! 渾身の小説化

『初恋』大倉 崇裕 徳間文庫 2020年2月15日初刷

初恋 (徳間文庫)

あの三池崇史監督が さらば、バイオレンス!! とコメントする “初恋” の世界とは?

三池崇史監督最新作のタイトルが 「初恋」 ?
国内屈指のバイオレンス作品を世に贈り出してきた三池監督作品の意外すぎるタイトル。先行して発表した、カンヌ国際映画祭、トロント国際映画祭、オースティンファンタスティック映画祭、サン・セバスティアン国際映画祭、シッチェスファンタスティック映画祭、そして異例の全米先行公開と、世界中のファンを沸かせた、完全オリジナルストーリーの意欲作 『初恋』 の劇場公開に先駆け、中村雅の脚本を原案に、劇場版 『名探偵コナンから紅の恋歌 (ラブレター)』、『名探偵コナン 紺青の拳 (フォレスト)』 の脚本や、TVドラマ 『警視庁いきもの係』 の原作をはじめ、数多くの推理小説を発表してきた人気作家 大倉崇裕がノベライズを担当

窪田正孝演じる余命わずかのボクサー・葛城レオヤクザに追われ、すべての発端となるヒロインのモニカを3,000人のオーディションから勝ち抜いた新星・小西桜子、ヤクザとの闇取引で私腹を肥やす悪徳刑事・大伴を大森南朋、大友と裏で手を組み、資金源の横流しを企て自らの命を危険にさらす若手ヤクザ加瀬を染谷将太、愛する恋人の命を奪われ復讐に燃えるヤクザの女・ジュリをベッキー、その他にも、村上淳、塩見三省、三浦貴大、滝藤賢一、ベンガル、そして内野聖陽といった、圧巻のキャストたちが、”世界のミイケ” が監督人生で初めて手掛けるラブストーリーに華を添える。そんな三池監督の新境地となる作品の世界観を忠実に再現しつつも、小説ならではの繊細な情景表現や登場人物の心理描写で、三池ワールドを表現しています。(2020年2月2日 PR TIMESより)

一切容赦がありません。欲望のためにだけする暴力。また暴力。血が流れ、何人もの人が死にます。

ハードアクションに次ぐハードアクション。首が飛び、腕が飛び、家が焼けます。焼けた跡から、死んだはずの人間が生き返ってきます。読んだ感想は、バイオレンス以外の何ものでもありません。(映画がどうかはわかりません。あくまでも小説は、ということです)

映画 「初恋」 は 2020年2月28日(金) 全国ロードショー です。こちらもお見逃しなく!! - あの噂のベッキーの鬼気迫る演技が見ものです!

初恋 (徳間文庫)

この本を読んでみてください係数 80/100

◆大倉 崇裕
1968年京都府生まれ。
学習院大学法学部卒業。

作品 1997年 「三人目の幽霊」 で第4回創元推理短編賞佳作を受賞。1998年 「ツール&ストール」 で第20回小説推理新人賞を受賞。「福家警部補の挨拶」 は2009年、2014年にテレビドラマ化された。著者多数。

関連記事

『星に願いを、そして手を。』(青羽悠)_書評という名の読書感想文

『星に願いを、そして手を。』青羽 悠 集英社文庫 2019年2月25日第一刷 星に願いを、そ

記事を読む

『陽だまりの彼女』(越谷オサム)_書評という名の読書感想文

『陽だまりの彼女』越谷 オサム 新潮文庫 2011年6月1日発行 陽だまりの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『貴婦人Aの蘇生』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『貴婦人Aの蘇生』小川 洋子 朝日文庫 2005年12月30日第一刷 貴婦人Aの蘇生 (朝日文

記事を読む

『クジラの彼』(有川浩)_書評という名の読書感想文

『クジラの彼』有川 浩 角川文庫 2010年6月25日初版 クジラの彼 (角川文庫) &

記事を読む

『蛇を踏む』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『蛇を踏む』川上 弘美 文芸春秋 1996年9月1日第一刷 蛇を踏む (文春文庫) ミドリ公園に

記事を読む

『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『ロスジェネの逆襲』 池井戸 潤  ダイヤモンド社 2012年6月28日第一刷 @1,500

記事を読む

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(上巻)伊集院 静 講談社文庫 2016年1月15日第一刷

記事を読む

『木になった亜沙』(今村夏子)_圧倒的な疎外感を知れ。

『木になった亜沙』今村 夏子 文藝春秋 2020年4月5日第1刷 木になった亜沙 誰か

記事を読む

『こちらあみ子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『こちらあみ子』今村 夏子 ちくま文庫 2014年6月10日第一刷 こちらあみ子 (ちくま文庫

記事を読む

『たそがれどきに見つけたもの』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『たそがれどきに見つけたもの』朝倉 かすみ 講談社文庫 2019年10月16日第1刷 たそが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑