『マッチング』(内田英治)_書評という名の読書感想文

『マッチング』内田 英治 角川ホラー文庫 2024年2月20日 3版発行

2024年2月23日公開 映画マッチング原作小説

ウェディングプランナーの仕事が充実している一方、恋愛に奥手な輪花は、同僚に勧められ、渋々マッチングアプリに登録。この日を境に生活が一変する。マッチングした吐夢 (トム) と待ち合わせると、現れたのはプロフィールとは別人のように暗い男。恐怖を感じた輪花は、取引先でマッチングアプリ運営会社のプログラマー影山に助けを求めることに。

同じ頃、“アプリ婚“ した夫婦が惨殺される悲惨な事件が連続して発生。輪花を取り巻く人物たちの “本当の顔“ が次々に明かされ、事件の魔の手が輪花に迫るのだった。誰が味方で、誰が敵なのか - 。出会いに隠された恐怖を描く新感覚サスペンス・スリラー! (KADOKAWA 「公式レーベルサイト」 より)

すでに映画が公開されているとは知らずに買いました。帯に確かに 「2.23 映画公開」 と書いてあります。もう観たよという方も多いのではないでしょうか。今更ではありますが、できれば公開前に読みたかった。なんだかちょっと気が削がれた感じがします。

映画の方はともかくも小説はどうかというと、期待したほどには怖くもなんともありません。早々に誰が犯人かが見当がつき、話の展開ができすぎで、現実味に欠けるというか・・・・・・・ 身に迫る恐怖というものが感じられません。被害者らの殺され方の、これ見よがしなやり方もどんなものかと。

ラスト1秒、あなたの愛が反転する。」 - これはその通り。嘘でも大げさでもありません。

この本を読んでみてください係数 75/100

◆内田 英治
1971年ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。映画監督、脚本家。

日本に帰国後、高校卒業と同時に上京。99年、テレビドラマ 『教習所物語』 で脚本家デビュー。2004年に 『ガチャポン』 で映画監督デビュー。監督、脚本を務めた映画 『ミッドナイトスワン』 は21年、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した。監督作品に 『雪女と蟹を食う』 『全裸監督』 など多数。著書には自身が監督、脚本を手がけた 『ミッドナイトスワン』 『異動辞令は音楽隊! 』」など。

関連記事

『木になった亜沙』(今村夏子)_圧倒的な疎外感を知れ。

『木になった亜沙』今村 夏子 文藝春秋 2020年4月5日第1刷 誰かに食べさせた

記事を読む

『魔女は甦る』(中山七里)_そして、誰も救われない。

『魔女は甦る』中山 七里 幻冬舎文庫 2018年7月25日5版 元薬物研究員が勤務

記事を読む

『もっと悪い妻』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『もっと悪い妻』桐野 夏生 文藝春秋 2023年6月30日第1刷発行 「悪い妻」

記事を読む

『森に眠る魚』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『森に眠る魚』角田 光代 双葉文庫 2011年11月13日第一刷 東京の文教地区の町で出会った5人

記事を読む

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(尾形真理子)_書評という名の読書感想文

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』尾形 真理子 幻冬舎文庫 2014年2月10日初版 年

記事を読む

『つやのよる』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『つやのよる』井上 荒野 新潮文庫 2012年12月1日発行 男ぐるいの女がひとり、死の床について

記事を読む

『くらやみガールズトーク』(朱野帰子)_書評という名の読書感想文

『くらやみガールズトーク』朱野 帰子 角川文庫 2022年2月25日初版 「わたし

記事を読む

『マタタビ潔子の猫魂』(朱野帰子)_派遣OL28歳の怒りが爆発するとき

『マタタビ潔子の猫魂』朱野 帰子 角川文庫 2019年12月25日初版 地味で無口

記事を読む

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』(青柳碧人)_書評という名の読書感想文

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』青柳 碧人 双葉社 2019年6月3日第5刷

記事を読む

『人間タワー』(朝比奈あすか)_書評という名の読書感想文

『人間タワー』朝比奈 あすか 文春文庫 2020年11月10日第1刷 桜丘小学校の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑