『九年前の祈り』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/05/27 『九年前の祈り』(小野正嗣), 作家別(あ行), 小野正嗣, 書評(か行)

『九年前の祈り』小野 正嗣 講談社 2014年12月15日第一刷


九年前の祈り

 

芥川賞受賞作『九年前の祈り』を読みました。

舞台は、九州の大分県。県南に位置する(おそらく蒲江という)海辺の小さな町です。リアス式海岸の複雑な地形をしたこの町は、隣町と合併して市に格上げされますが、それに逆行するように過疎化と高齢化が進行する町です。(著者の小野正嗣が生まれて、育った町です。)
・・・・・・・・・・
35歳のシングルマザー・安藤さなえは、東京での暮らしを諦めて故郷の海辺の集落へ戻って来ています。一人息子の希敏(けびん)は、さなえがカナダ人のフレデリックと暮らすようになって3年が過ぎた頃にできた子供でした。希敏は、障害を抱えた子供でした。

さなえには一人、故郷に忘れがたい人物がいました。渡辺ミツ、みっちゃん姉(ねえ)と呼ぶ初老の女性です。9年前、さなえがまだ地元にいた頃、二人は一緒にカナダ旅行をしたことがありました。その旅行こそ、さなえにとって忘れられない大切な記憶でした。

小説は、旅行中のミツに関わる思い出とミツに惹かれるさなえの心象を中心に語られます。また、ミツという女性を通して小野正嗣は故郷の町も語っています。土地の風土や人の好さ、目ぼしい仕事がない地方の厳しい暮らしぶりが、ミツの言動から読み取れます。

カナダ旅行は国際交流推進を目的に教育委員会が募集したもので、臨時職員のさなえを含めて参加者は7名。外国語指導助手のジャックが引率で、20代はさなえだけ、あとは40代の後半より上、田舎の港町のおばちゃんグループの賑やかな旅行でした。

物語はカナダ旅行を振り返るシーンと現実の間を幾度も往来し、交錯します。あるとき現実は遠ざかり、さなえは夢想の世界へ迷い込んだりします。さなえが今の自分に動揺し、混乱している心の在り様が詳細に語られます。
・・・・・・・・・・
ミツの息子が脳腫瘍の手術を受け大分の大学病院に入院していると母から聞かされたさなえは、ミツに会いたさに見舞いに行こうと思い立ちます。見舞いには母の生まれ故郷の文島の、厄除けの効能があると言われる貝殻を持って行こうと思いつくのでした。

港に行くために希敏を車に乗せようとした途端、希敏の「スイッチ」が入ります。さなえの表現では「引きちぎられたミミズ」が現れて、希敏は激しい抵抗を示します。希敏は、変化が極度に苦手な子供でした。突発的に泣き叫ぶ希敏は、さなえの手にも負えません。

ようやく乗船したブルーマリン号の船室で、さなえは幻覚を見ます。船内はさなえと希敏の二人きりなのですが、そこへみっちゃん姉が現れるのです。そのきっかけは、カナダ旅行の飛行機の中で聞いた赤ん坊の泣き声でした。

文島に着いてもさなえの幻覚は続きます。みっちゃん姉が希敏を連れ去る映像に慄き、また大きな解放感にも包まれるさなえです。子を想う母のさなえと子を負担に感じる個としてのさなえが葛藤する優しくも痛々しいシーンです。
・・・・・・・・・・
モントリオールの教会で、赤いリュックを背負った小柄なみっちゃん姉が頭を垂れ、一心に祈る姿を、さなえは忘れることができません。大分の病院に入院しているミツの息子も、
小さい頃から人より発育の遅れた子供で、ミツはそれをひどく気にかけていました。

病んだ心とは反対に、希敏は可愛く天使のような容姿です。さなえの帰郷の理由を知りながらも、周囲の人々は希敏に優しく接します。気を病むミツを勇気づけたのもまた、共に暮らす隣人たちでした。希敏も、ミツの息子も地域の子、この土地の子供なのです。

生まれ故郷の田舎町の閉塞感、個人が個人ではいられない明け透けな暮らし。反して、それらを補う無私の心と太い連帯感。異国の血が混ざる、普通ではない息子を持つさなえは、この土地でこれからどんな風に生きて行くのでしょう。さなえは今、悲しみを感じながらも、悲しみのささやきを聞こうとはしていません。
・・・・・・・・・・
“地方の現実”-それは、地方の人しか分からない。小野正嗣は、そう言います。
私は職場の都合で2年間、大分県の別府市で暮らしたことがあります。観光港前のマンションから眺める別府湾と湾に隣接する鶴見岳の景色は絵葉書そのもので、平地が広がるだけの土地で生まれ育った私には、まるで別世界のようでした。

しかし、私は別府での暮らしの窮屈さにすぐ気付くことになります。すぐ前の海と後ろに迫る山々の間の狭い丘陵地に貼り付くように並ぶ住宅には余白がなく、絶えず見上げるか見下ろすかの視野域が胸を圧迫するように感じるのでした。
蒲江は別府からはるか遠く南の、宮崎に近い小さな海沿いの町です。

本書には「九年前の祈り」の他に、「ウミガメの夜」「お見舞い」「悪の花」の3編が収められています。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


九年前の祈り

◆小野 正嗣
1970年大分県蒲江町(現佐伯市)生まれ。
東京大学教養学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科、パリ第8大学卒業。
現在、立教大学文学部文学科文芸思想専修准教授。

作品 「水に埋もれる墓」「にぎやかな湾に背負われた船」「森のはずれで」「マイクロバス」「線路と川と母のまじわるところ」「夜よりも大きい」「獅子渡り鼻」など

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
おかげさまでランキング上位が近づいてきました!嬉しい限りです!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『空海』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『空海』高村 薫 新潮社 2015年9月30日発行 空海   空海は二人いた

記事を読む

『初恋』(大倉崇裕)_世界29の映画祭が熱狂! 渾身の小説化

『初恋』大倉 崇裕 徳間文庫 2020年2月15日初刷 初恋 (徳間文庫) あの三池崇

記事を読む

『崩れる脳を抱きしめて』(知念実希人)_書評という名の読書感想文

『崩れる脳を抱きしめて』知念 実希人 実業之日本社文庫 2020年10月15日初版 崩れる脳

記事を読む

『あなたの本当の人生は』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『あなたの本当の人生は』大島 真寿美 文春文庫 2019年8月1日第2刷 あなたの本当の人生

記事を読む

『教団X』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『教団X』中村 文則 集英社文庫 2017年6月30日第一刷 教団X (集英社文庫) 突然自

記事を読む

『朝が来るまでそばにいる』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『朝が来るまでそばにいる』彩瀬 まる 新潮文庫 2019年9月1日発行 朝が来るまでそばにい

記事を読む

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(上巻)伊集院 静 講談社文庫 2016年1月15日第一刷

記事を読む

『合意情死 がふいしんぢゆう』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『合意情死 がふいしんぢゆう』岩井 志麻子 角川書店 2002年4月30日初版 合意情死(がふ

記事を読む

『国境』(黒川博行)_書評という名の読書感想文(その1)

『国境』(その1)黒川 博行 講談社 2001年10月30日第一刷 国境 上 (文春文庫)

記事を読む

『ふじこさん』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ふじこさん』大島 真寿美 講談社文庫 2019年2月15日第1刷 ふじこさん (講談社文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『草にすわる』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『草にすわる』白石 一文 文春文庫 2021年1月10日第1刷

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑