『硝子の葦』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 『硝子の葦』(桜木紫乃), 作家別(さ行), 書評(か行), 桜木紫乃

『硝子の葦』桜木 紫乃 新潮文庫 2014年6月1日発行


硝子の葦 (新潮文庫)

 

桜木紫乃が好きである。

 

私にとって、今一番読みたい作家です。

何にそんなに惹かれるのかと言いますと、誠に個人的なことですが、小説の舞台が北海道であることです。

それも随一の都会である札幌などではなく、はるか道東に位置する釧路の町であること。

かつての賑わいが嘘のように、衰退の気配が漂う薄曇りの海沿いの町や、葦で覆われたどこまでも広い湿原の景色は桜木紫乃の小説によく似合います。

北端の地にしかない日常..町から色彩を消し去る霧や霙雪、海からの横殴りの雨風...それらは作者が伝えようとする心象を鮮やかに代弁しているようです。

・・・・・・・・・・・

釧路からさらに東方、根室寄りの厚岸(あっけし)町にあるスナック「バビアナ」が、かつて母と暮らした幸田節子の実家でした。

会計事務所を経営する税理士の澤木と一緒に実家を訪ねた後、節子は「忘れ物をした」と澤木を車に待たせたまま再び実家のスナックへ戻ります。

その直後に爆発火災は起こり、焼跡から節子と思われる女性の焼死体が見つかります。一体そこで何があったのか...

 

物語は、そこから巻き戻されて始まります。

釧路でラブホテルを経営する節子の夫・幸田喜一郎が交通事故を起こして、意識不明の重体になります。

喜一郎が自爆事故のように土留めに突っ込んだシーサイドラインの現場は、節子の実家に近い場所でした。

実家にいる母・律子はかつての喜一郎の愛人で、節子はかつて母親と情交のあった、歳の離れた男と所帯を持つという際立った因果の母子でした。

喜一郎と律子の関係は今もって継続しているようでもあり、節子は節子でかつて勤めていた会計事務所の澤木との関係が切れることはありませんでした。

一方で、節子は初めての歌集「硝子の葦」が上梓されたことがきっかけで、同じ短歌教室の佐野倫子と娘のまゆみ親子と知り合い、やがてまゆみが受けている虐待に気付きます。

倫子の頼みでまゆみを預かることになり、まゆみを家出した喜一郎の娘・梢のアパートへ匿うあたりから節子の日常は徐々に狂い始めるのでした。

まゆみに対する虐待の加害者が父親の佐野であったこと、その佐野が仕組んだ誘拐事件の顛末、節子の母・律子の失踪を予感させる電話...

・・・・・・・・・・・

喜一郎との夫婦関係や澤木との醒めた情交、短歌教室の古株連中や倫子にみせる無機質な言動に、節子が行き着いた諦念をみるようです。

質の悪い大麻を吸う梢を辛辣に説諭し、幼いまゆみと正対し、倫子の夫に対して粛々と臆することなく計画を実行する姿に、節子の強い意志と覚悟を感じます。

打算的にも見える節子ですが、内実は生きることへの執着をどこにも見出せず、埋められない空白を抱えて生きる彼女の方便だったような気がします。

身体が繋がることで得られるものなどそう多くはないことも、彼女はずっと以前から気付いていたのです。

節子の傍に寄り添う澤木は、とうとう最後まで報われない脇役のまま、節子との心の距離は近づくことがありませんでした。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


硝子の葦 (新潮文庫)

◆桜木 紫乃

1965年北海道釧路市生まれ。

高校卒業後裁判所のタイピストとして勤務。

24歳で結婚、専業主婦となり2人目の子供を出産直後に小説を書き始める。

2007年『氷平線』でデビュー。

ゴールデンボンバーの熱烈なファンであり、ストリップのファンでもある。

作品 「氷平線」「凍原」「ラブレス」「起終点駅」「ホテルローヤル」「無垢の領域」「蛇行する月」「星々たち」など

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『この話、続けてもいいですか。』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『この話、続けてもいいですか。』西 加奈子 ちくま文庫 2011年11月10日第一刷 この話、

記事を読む

『七怪忌』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『七怪忌』最東 対地 角川ホラー文庫 2021年4月25日初版 七怪忌 (角川ホラー文庫)

記事を読む

『妻籠め』(佐藤洋二郎)_書評という名の読書感想文

『妻籠め』佐藤 洋二郎 小学館文庫 2018年10月10日初版 妻籠め (小学館文庫) 父を

記事を読む

『カウントダウン』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『カウントダウン』真梨 幸子 宝島社文庫 2020年6月18日第1刷 カウントダウン (宝島

記事を読む

『県民には買うものがある』(笹井都和古)_書評という名の読書感想文

『県民には買うものがある』笹井 都和古 新潮社 2019年3月20日発行 県民には買うものが

記事を読む

『片想い』(東野圭吾)_書評という名の読書感想文

『片想い』東野 圭吾 文春文庫 2004年8月10日第一刷 片想い (文春文庫) 十年ぶりに

記事を読む

『ナイフ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ナイフ』重松 清 新潮社 1997年11月20日発行 ナイフ (新潮文庫)  

記事を読む

『火車』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『火車』宮部 みゆき 新潮文庫 2020年5月10日87刷 火車 (新潮文庫) ミステ

記事を読む

『くちなし』(彩瀬まる)_愛なんて言葉がなければよかったのに。

『くちなし』彩瀬 まる 文春文庫 2020年4月10日第1刷 くちなし (文春文庫)

記事を読む

『月魚』(三浦しをん)_書評という名の読書感想文

『月魚』三浦 しをん 角川文庫 2004年5月25日初版 月魚 (角川文庫) 古書店 『無窮

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑