『一億円のさようなら』(白石一文)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2020/09/28 『一億円のさようなら』(白石一文), 作家別(さ行), 書評(あ行), 白石一文

『一億円のさようなら』白石 一文 徳間書店 2018年7月31日初刷


一億円のさようなら (文芸書)

大きな文字で、一億円のさようなら 白石一文 - とあります。それを取り囲むようにして、

連れ添って20年。発覚した妻の巨額隠し資産。続々と明らかになる家族のヒミツ。爆発事故に端を発する化学メーカーの社内抗争。

俺はもう家族も会社も信じない

加能鉄平は妻・夏代の驚きの秘密を知る。いまから30年前、夏代は伯母の巨額の遺産を相続、そしてそれは今日まで手つかずのまま無利息口座に預けられているというのだ。結婚して20年。なぜ妻はひた隠しにしていたのか。そこから日常が静かに狂いはじめていく。もう誰も信じられない - 。鉄平はひとつの決断をする。人生を取り戻すための大きな決断を。夫婦はしょせん他人か? お金とは? 仕事とは? めくるめく人間模様を描く、直木賞作家・白石一文、文句なしの最高傑作!

とあり、裏へ回ると、

「この2年間、ぼくはこの作品をおもしろくすることだけ考えてきた。これで直木賞を取りたかった」(著者)
「夫婦、男女、家族。ひとは複数の顔を持ち、さまざまな思いを胸に秘めている。ゆえに人生は複雑だ。白石一文はその複雑さを熱気と色気たっぷりに描き出した。絶え間ない、ハラハラドキドキ。これが小説です! 」(崔鎬吉・担当編集者)

とあります。重ねて太字で、直木賞作家・白石一文、文句なしの最高傑作!  とあり、(これだけでもどうかと思うのですが)  さらに背表紙に、

これは一体全体どういうことなのか? 十年も前の出来事とあって、当時の夏代の様子や言動をつぶさに思い出せはしないが、夫の事実上の解雇には、彼女も自分自身のことのように憤慨し、また落胆していたように思う。購入寸前だったマイホームが夢と消えたことにも鉄平同様にショックを隠しきれないふうだった。夫婦であるかぎり当然過ぎる反応だろうが、しかし実際はその陰で二億円もの大金を右から左に動かしていたとなると、これはもうミステリーというより怪談のような趣きである。

と本文からの一節が紹介され、最後に、いまを生き抜く大人たちに贈る 極上娯楽小説 - とあります。

※これだけあればおおよそ想像できるのですが、敢えて下手な説明をすると、物語はこんな感じで語られていきます。

思いもかけない大金を持ちながら、それを一切口にせず、折々に家族が経済的な苦境に立たされるも 「それは無いものとして」 使おうとせず、ひたすら隠し続けた妻がおり、それに夫がブチ切れた・・・・・・・

もしもあなたの妻や家族が、知らないうちに、あなたが思う妻や家族でなくなっていたとしたら?

大学生になったばかりの息子は同棲し、看護学校に通う娘が妊娠していると聞かされます。そして何より、いまさらに妻の相続した財産が48億円もあると知らされたとしたら ・・・・・・・ どうでしょう?

この本を読んでみてください係数  85/100


一億円のさようなら (文芸書)

◆白石 一文
1958年福岡県福岡市生まれ。
早稲田大学政治経済学部卒業。

作品 「一瞬の光」「不自由な心」「すぐそばの彼方」「僕のなかの壊れていない部分」「心に龍をちりばめて」「ほかならぬ人へ」「愛なんて嘘」「翼」「火口のふたり」他多数

関連記事

『携帯の無い青春』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『携帯の無い青春』酒井 順子 幻冬舎文庫 2011年6月10日初版   携帯の

記事を読む

『あの女』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『あの女』真梨 幸子 幻冬舎文庫 2015年4月25日初版 あの女 (幻冬舎文庫) &n

記事を読む

『くちぶえ番長』(重松清)_書評という名の読書感想文

『くちぶえ番長』重松 清 新潮文庫 2020年9月15日30刷 くちぶえ番長 (新潮文庫)

記事を読む

『おいしいごはんが食べられますように』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『おいしいごはんが食べられますように』高瀬 隼子 講談社 2022年8月5日第8刷

記事を読む

『十六夜荘ノート』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『十六夜荘ノート』古内 一絵 中公文庫 2017年9月25日初版 十六夜荘ノート (中公文庫)

記事を読む

『ファーストラヴ』(島本理生)_彼女はなぜ、そうしなければならなかったのか。

『ファーストラヴ』島本 理生 文春文庫 2020年2月10日第1刷 ファーストラヴ (文春文

記事を読む

『送り火』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『送り火』高橋 弘希 文藝春秋 2018年7月25日第一刷 送り火 春休み、東京から山間の町

記事を読む

『R.S.ヴィラセリョール』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『R.S.ヴィラセリョール』乙川 優三郎 新潮社 2017年3月30日発行 R.S.ヴィラセニ

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 オロロ畑でつかまえて

記事を読む

『あなたの不幸は蜜の味』(辻村深月ほか)_書評という名の読書感想文

『あなたの不幸は蜜の味』辻村深月ほか PHP文芸文庫 2019年7月19日第1版 あなたの不

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『連鎖』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『連鎖』黒川 博行 中央公論新社 2022年11月25日初版発行

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑