『シャイロックの子供たち』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『シャイロックの子供たち』池井戸 潤 文春文庫 2008年11月10日第一刷


シャイロックの子供たち (文春文庫)

ある町の銀行の支店で起こった、現金紛失事件。女子行員に疑いがかかるが、別の男が失踪・・・・・・・!?  ”たたき上げ” の誇り、格差のある社内恋愛、家族への思い、上がらない成績・・・・・・・事件の裏に透ける行員たちの人間的葛藤。二転三転する犯人捜し、組織の歯車の中でリアルな生が交差する圧巻の金融クライム・ノベル! (文春文庫)

花の咲かない人生というのもあるのだろうか。その日、午後五時を過ぎても遠藤は店に戻ってはこなかった。

第四話「シーソーゲーム」の半ばあたりの場面。思い通りにいかない人生の悲哀感に満ち満ちたこのときの光景が、他人事とは思えず、強く印象に残っています。

遠藤拓治は業務課の課長代理(= 係長)。35歳。エリア内における取引企業の新規開拓が担当の営業職で、何より「結果」が問われる日々を送っています。しかし、やれどもやれども成果は上がらず、追い詰められて、あげく彼はとうとう気が変になります。

ようやくにして足掛かりを得たといい、遠藤が課長の鹿島を連れ出した先は、洗足池(せんぞくいけ)を横切った奥にある千足八幡神社の境内でした。

遠藤が連れて行こうとしているのは予てよりの営業先・洗足池板金で、課長と二人して社長と出会い、重ねて新規取引のお願いをする - 当然のこと、鹿島はそれがための同行だと思っています。ところが、

会社への近道の途中とばかり思っていた矢先に、遠藤の、「社長! 」という声がします。鹿島はその視線の先を探すのですが、そこに人の気配はありません。

「社長、本日はうちの課長をお連れしました」 遠藤は、顔を輝かせて鹿島を振り返る。
「課長、こちらが洗足池板金の社長さんです。どうぞ、ご挨拶ください」

そこには、古ぼけた狛犬が鎮座していた。
狛犬の台座や足元には、銀行の粗品がまるでおままごとのような丁寧さで並べられている。

あまりのことに唖然として言葉が出ない課長の鹿島。が、はっと我に返ります。気が動転し、とっさに、ここは合わせるのが一番だという考えが頭に浮かびます。

「失礼します」 鹿島は遠藤とならんで地面の上に正座した。
「課長の鹿島でございます」
狛犬に向かって深々と頭を下げたとき、頭上のどこかでカラスが鳴いた。

ここまでではないにせよ、サラリーマンのあなたならきっとわかるはずです。遠藤がしたことは滑稽に過ぎますが、誰も笑えません。課長の鹿島ですら、いや、鹿島だからこそ、笑うわけにはいかないのだろうと。

逃れようのないノルマに追い立てられ、しかし為す術はなく、打ちひしがれて店に戻るとき、何度思ったことか。俺は一体なにをしているんだろう、と。その頃の(言うに言われぬ)惨めな気持ちを思い出し、私は少し涙ぐんでしまいました。

この小説は、東京第一銀行長原支店で働く様々な年齢や職種の行員たちの姿を描く短篇集として幕を開けます。モラルハラスメントを繰り返す副支店長の古川、努力を重ねても成果の上がらない現状に苦しむ融資課の次席・友野、亡き父に代わって一家を支える行員の北川愛理・・・・

そして、半ば前の第五話に至り、長原支店で密かに進行する犯罪を追う物語が浮上してきます。最初感じる各話かぎりの短篇集ではなくして、それぞれが相互に関わり合う長篇ミステリーへと変貌を遂げます。

名だたるメガバンクに勤める銀行員といえども、人は人。なまじ「過大な」自信を持って入行したばかりに、ひとたび出世の道が閉ざされるとなると、当人にとってそれは自分を全否定されるという切羽詰まった思いにもつながりかねません。

そのとき男は、己を見失うことがあります。父や母、妻や子供がいるのをわかっていながら、(常にはない)暗く歪んだ衝動をどうすることもできません。承知の上で、それでも彼らは諦めようとしません。その間際を描く巧みさを、思う存分味わってください。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


シャイロックの子供たち (文春文庫)

◆池井戸 潤
1963年岐阜県生まれ。
慶應義塾大学文学部および法学部卒業。

作品 「果つる底なき」「M1」「銀行狐」「最終退行」「不祥事」「空飛ぶタイヤ」「鉄の骨」「民王」「陸王」「下町ロケット」「七つの会議」他多数

関連記事

『背高泡立草』(古川真人)_草刈りくらいはやりますよ。

『背高泡立草』古川 真人 集英社 2020年1月30日第1刷 【第162回 芥川賞受賞作】背

記事を読む

『レプリカたちの夜』(一條次郎)_書評という名の読書感想文

『レプリカたちの夜』一條 次郎 新潮文庫 2018年10月1日発行 レプリカたちの夜 (新潮文

記事を読む

『火のないところに煙は』(芦沢央)_絶対に疑ってはいけない。

『火のないところに煙は』芦沢 央 新潮社 2019年1月25日8刷 火のないところに煙は

記事を読む

『variety[ヴァラエティ]』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『variety[ヴァラエティ]』奥田 英朗 講談社 2016年9月20日第一刷 ヴァラエティ

記事を読む

『遊佐家の四週間』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『遊佐家の四週間』朝倉 かすみ 祥伝社文庫 2017年7月20日初版 遊佐家の四週間 (祥伝社

記事を読む

『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村 深月 講談社 2009年9月14日第一刷 ゼロ、ハチ、ゼロ、

記事を読む

『田舎でロックンロール』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『田舎でロックンロール』奥田 英朗 角川書店 2014年10月30日初版 田舎でロックンロール

記事を読む

『EPITAPH東京』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『EPITAPH東京』恩田 陸 朝日文庫 2018年4月30日第一刷 EPITAPH東京 (朝

記事を読む

『事件』(大岡昇平)_書評という名の読書感想文

『事件』大岡 昇平 創元推理文庫 2017年11月24日初版 事件 (創元推理文庫) 196

記事を読む

『沈黙博物館』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『沈黙博物館』小川 洋子 ちくま文庫 2004年6月9日第一刷 沈黙博物館 (ちくま文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

『破局』(遠野遙)_書評という名の読書感想文

『破局』遠野 遙 河出書房新社 2020年7月30日初版 破局

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑