『素敵な日本人』(東野圭吾)_ステイホームにはちょうどいい

公開日: : 最終更新日:2024/01/08 『素敵な日本人』(東野圭吾), 作家別(は行), 書評(さ行), 東野圭吾

『素敵な日本人』東野 圭吾 光文社文庫 2020年4月20日初版

一人娘の結婚を案じる父に、娘は雛人形を指差して大丈夫という。そこには亡き妻の秘密が・・・・・・・。(「今夜は一人で雛祭り」) 独身女性のエリーが疑似子育て体験用赤ちゃんロボットを借りたところ・・・・・・・。(「レンタルベビー」) 世にも珍しい青色の猫。多くの人間が繁殖を目論むが・・・・・・・。(「サファイアの奇跡」) 日本人に馴染み深い四季折々の行事を題材にした4編と、異色のミステリー5編を収録! (光文社文庫)

久しぶりすぎて以前読んだのがいつだったのか、思い出せないくらい久しぶりに東野圭吾を読みました。

この作家に、ハズレなし。- というのはわかります。もう少し若かった頃は、割とよく読みました。ところが、私の読み方が悪いのか、思うほどには ” がつん” ときません。たいていが期待倒れで終わります。”まずまず” は面白いのでつい買ってしまうのですが、そんなこんなで嫌気が差して、しばらくは読まずにいました。

数十冊読んだ後、何年も読まずにいて、やっと気付いたことがあります。但し、これはあくまで 「私に限り」 ということで、熱烈なファンの方は悪く思わないでください。

激しく何かを求めるような読み方をしてはいけません。例えば、胸に刺さって抜けないような、感動のあまり涙するような、強く自省を促すような、そんな読書がしたいなら、概ねそれは東野圭吾ではないでしょう。

そのことを承知しておくべきです。過度に期待してはいけません。つもりとしては、あくまで息抜きとして選択すべき読み物です。するすると最後まで読めたとしたら、それでよしとしましょう。もしも予想をはるかに超えて感動したとしたら、それはそれで儲けものではないですか。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆東野 圭吾
1958年大阪生まれ。
大阪府立大学電気工学科卒業。

作品 「放課後」「秘密」「容疑者Xの献身」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「夢幻花」「祈りの幕が下りる時」「沈黙のパレード」「希望の糸」他多数

関連記事

『スリーパー/浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ』(竹内明)_書評という名の読書感想文

『スリーパー/浸透工作員 警視庁公安部外事二課 ソトニ』竹内 明 講談社 2017年9月26日第一刷

記事を読む

『遮光』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『遮光』中村 文則 新潮文庫 2011年1月1日発行 私は瓶に意識を向けた。近頃指がまた少し変

記事を読む

『スリーピング・ブッダ』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『スリーピング・ブッダ』早見 和真 角川文庫 2014年8月25日初版 敬千宗の大本山・長穏寺に2

記事を読む

『死んでいない者』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『死んでいない者』滝口 悠生 文芸春秋 2016年1月30日初版 秋のある日、大往生をとげた男

記事を読む

『作家的覚書』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『作家的覚書』高村 薫 岩波新書 2017年4月20日第一刷 「図書」誌上での好評連載を中心に編む

記事を読む

『さようなら、オレンジ』(岩城けい)_書評という名の読書感想文

『さようなら、オレンジ』岩城 けい ちくま文庫 2015年9月10日第一刷 オーストラリアに流

記事を読む

『パトロネ』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『パトロネ』藤野 可織 集英社文庫 2013年10月25日第一刷 同じ大学に入学した妹と同居す

記事を読む

『宰相A』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『宰相A』田中 慎弥 新潮文庫 2017年12月1日発行 揃いの国民服に身を包む金髪碧眼の「日本人

記事を読む

『15歳のテロリスト』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『15歳のテロリスト』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2021年8月5日24版発行

記事を読む

『呪文』(星野智幸)_書評という名の読書感想文

『呪文』星野 智幸 河出文庫 2018年9月20日初版 さびれゆく商店街の生き残りと再生を画策す

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑