『素敵な日本人』(東野圭吾)_ステイホームにはちょうどいい

『素敵な日本人』東野 圭吾 光文社文庫 2020年4月20日初版

素敵な日本人 (光文社文庫)

一人娘の結婚を案じる父に、娘は雛人形を指差して大丈夫という。そこには亡き妻の秘密が・・・・・・・。(「今夜は一人で雛祭り」) 独身女性のエリーが疑似子育て体験用赤ちゃんロボットを借りたところ・・・・・・・。(「レンタルベビー」) 世にも珍しい青色の猫。多くの人間が繁殖を目論むが・・・・・・・。(「サファイアの奇跡」) 日本人に馴染み深い四季折々の行事を題材にした4編と、異色のミステリー5編を収録! (光文社文庫)

久しぶりすぎて以前読んだのがいつだったのか、思い出せないくらい久しぶりに東野圭吾を読みました。

この作家に、ハズレなし。- というのはわかります。もう少し若かった頃は、割とよく読みました。ところが、私の読み方が悪いのか、思うほどには ” がつん” ときません。たいていが期待倒れで終わります。”まずまず” は面白いのでつい買ってしまうのですが、そんなこんなで嫌気が差して、しばらくは読まずにいました。

数十冊読んだ後、何年も読まずにいて、やっと気付いたことがあります。但し、これはあくまで 「私に限り」 ということで、熱烈なファンの方は悪く思わないでください。

激しく何かを求めるような読み方をしてはいけません。例えば、胸に刺さって抜けないような、感動のあまり涙するような、強く自省を促すような、そんな読書がしたいなら、概ねそれは東野圭吾ではないでしょう。

そのことを承知しておくべきです。過度に期待してはいけません。つもりとしては、あくまで息抜きとして選択すべき読み物です。するすると最後まで読めたとしたら、それでよしとしましょう。もしも予想をはるかに超えて感動したとしたら、それはそれで儲けものではないですか。

この本を読んでみてください係数  85/100

素敵な日本人 (光文社文庫)

◆東野 圭吾
1958年大阪生まれ。
大阪府立大学電気工学科卒業。

作品 「放課後」「秘密」「容疑者Xの献身」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「夢幻花」「祈りの幕が下りる時」「沈黙のパレード」「希望の糸」他多数

関連記事

『十一月に死んだ悪魔』(愛川晶)_書評という名の読書感想文

『十一月に死んだ悪魔』愛川 晶 文春文庫 2016年11月10日第一刷 十一月に死んだ悪魔 (

記事を読む

『さいはての彼女』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『さいはての彼女』原田 マハ 角川文庫 2013年1月25日初版 さいはての彼女 (角川文庫)

記事を読む

『喧嘩(すてごろ)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『喧嘩(すてごろ)』黒川 博行 角川書店 2016年12月9日初版 喧嘩 「売られた喧嘩は買

記事を読む

『さようなら、オレンジ』(岩城けい)_書評という名の読書感想文

『さようなら、オレンジ』岩城 けい ちくま文庫 2015年9月10日第一刷 さようなら、オレン

記事を読む

『暗幕のゲルニカ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『暗幕のゲルニカ』原田 マハ 新潮文庫 2018年7月1日発行 暗幕のゲルニカ (新潮文庫)

記事を読む

『残穢』(小野不由美)_書評という名の読書感想文

『残穢』小野 不由美 新潮文庫 2015年8月1日発行 残穢 (新潮文庫) この家は、どこか

記事を読む

『サロメ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『サロメ』原田 マハ 文春文庫 2020年5月10日第1刷 サロメ (文春文庫) 頽廃

記事を読む

『殺人鬼フジコの衝動』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『殺人鬼フジコの衝動』真梨 幸子 徳間文庫 2011年5月15日初版 殺人鬼フジコの衝動 (徳

記事を読む

『謎の毒親/相談小説』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『謎の毒親/相談小説』姫野 カオルコ 新潮文庫 2018年11月1日初版 謎の毒親 (新潮文庫

記事を読む

『GIVER/復讐の贈与者』(日野草)_書評という名の読書感想文

『GIVER/復讐の贈与者』日野 草 角川文庫 2016年8月25日初版 GIVER 復讐の贈

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『サロメ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『サロメ』原田 マハ 文春文庫 2020年5月10日第1刷 サ

『合理的にあり得ない』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『合理的にあり得ない』柚月 裕子 講談社文庫 2020年5月15日第

『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1

『冬雷』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『冬雷』遠田 潤子 創元推理文庫 2020年4月30日初版 冬

『猫を棄てる』(村上春樹)_父親について語るとき

『猫を棄てる 父親について語るとき』村上 春樹 文藝春秋 2020年

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑