『木になった亜沙』(今村夏子)_圧倒的な疎外感を知れ。

公開日: : 最終更新日:2020/05/31 『木になった亜沙』(今村夏子), 今村夏子, 作家別(あ行), 書評(か行)

『木になった亜沙』今村 夏子 文藝春秋 2020年4月5日第1刷

木になった亜沙

誰かに食べさせたい。願いが叶って杉の木に転生した亜沙は、わりばしになって若者と出会う (「木になった亜沙」)。どんぐりも、ドッジボールも、なぜだか七未には当たらない。「ナナちゃんがんばれ、あたればおわる」 と、みなは応援してくれるのだが (「的になった七未」)。夜の商店街で出会った男が連れていってくれたのは、お母さんの家だった。でも、どうやら 「本当のお母さん」 ではないようで・・・・・(「ある夜の思い出」)。『むらさきのスカートの女』 で芥川賞を受賞した気鋭の作家による、奇妙で不穏で純粋な三つの物語。(文藝春秋)

生まれ変わったら甘い実をつけた木になりたい - そんなふうに亜沙が願うのは、自分が差し出す全てのものが、決して人には食べてはもらえないからだ。手作りお菓子も給食当番でも、誰も亜沙の手からは受け取らない。受け取ってはもらえない。

ナナちゃんがんばれ、あたればおわる - 七未は体にものがあたらない。ドッジボールをやっても、彼女はいつも最後に残ってしまう。絶対にボールにあたらない。あててもらえば全てが終わる。やがて七未は、そう考えるようになる。

お母さんはあなたの本当のお母さんじゃないの? - 這いずるように移動しながら家を飛び出した真由美は、夜の商店街である男に出会う。男は真由美と同じように腹這いで歩き、結婚相手を探していたのだという。男が連れていったのはお母さんの家だった。

身の毛がよだつ孤立感。想像してください。いっさい他者と関われない地獄と絶望感を。そこに身を置く、ひとりの少女を。

なってみなければ、こんな話は生まれません。思いつきもしない。

この本を読んでみてください係数  85/100

木になった亜沙

◆今村 夏子
1980年広島県広島市生まれ。

作品 「こちらあみ子」「あひる」「星の子」「父と私の桜尾通り商店街」「むらさきのスカートの女」等

関連記事

『十一月に死んだ悪魔』(愛川晶)_書評という名の読書感想文

『十一月に死んだ悪魔』愛川 晶 文春文庫 2016年11月10日第一刷 十一月に死んだ悪魔 (

記事を読む

『螻蛄(けら)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『螻蛄(けら)』黒川 博行 新潮社 2009年7月25日発行 螻蛄 (角川文庫) &nb

記事を読む

『獅子吼』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『獅子吼』浅田 次郎 文春文庫 2018年12月10日第一刷 獅子吼 (文春文庫) け

記事を読む

『火のないところに煙は』(芦沢央)_絶対に疑ってはいけない。

『火のないところに煙は』芦沢 央 新潮社 2019年1月25日8刷 火のないところに煙は

記事を読む

『月魚』(三浦しをん)_書評という名の読書感想文

『月魚』三浦 しをん 角川文庫 2004年5月25日初版 月魚 (角川文庫) 古書店 『無窮

記事を読む

『ホテル・アイリス』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ホテル・アイリス』小川 洋子 幻冬舎文庫 1998年8月25日初版 ホテル・アイリス (幻冬舎文

記事を読む

『奇貨』(松浦理英子)_書評という名の読書感想文

『奇貨』松浦 理英子 新潮文庫 2015年2月1日発行 奇貨 (新潮文庫)  

記事を読む

『ここは退屈迎えに来て』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『ここは退屈迎えに来て』山内 マリコ 幻冬舎文庫 2014年4月10日初版 ここは退屈迎えに来

記事を読む

『高架線』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『高架線』滝口 悠生 講談社 2017年9月27日第一刷 高架線 そうやって元のところに留ま

記事を読む

『ifの悲劇』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『ifの悲劇』浦賀 和宏 角川文庫 2017年4月25日初版 ifの悲劇 (角川文庫) 小説

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『サロメ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『サロメ』原田 マハ 文春文庫 2020年5月10日第1刷 サ

『合理的にあり得ない』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『合理的にあり得ない』柚月 裕子 講談社文庫 2020年5月15日第

『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1

『冬雷』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『冬雷』遠田 潤子 創元推理文庫 2020年4月30日初版 冬

『猫を棄てる』(村上春樹)_父親について語るとき

『猫を棄てる 父親について語るとき』村上 春樹 文藝春秋 2020年

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑