『東京零年』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『東京零年』赤川 次郎 集英社文庫 2018年10月25日第一刷


東京零年 (集英社文庫)

殺されたはずの男が生きていた - 。
電車のホームから落ちた生田目健司を救った永沢亜紀。
二人が出会ったとき、運命の歯車が大きく動き始める。

赤川次郎さんの最新作 『東京零年』 は、総ページ数500超えの社会派サスペンス大作です。「すばる」 で約二年半に渡り連載されました。閉塞感漂う現代に、切実な問題提起を込めて放つ力作です。近未来の日本を舞台に、暴走する権力と、それに抗う二人の若者を描くことで、赤川さんが読者に伝えたかった想いとは - 。

〈内容紹介〉
脳出血で倒れ介護施設に入所している永沢浩介が、TV番組に一瞬だけ映った男を見て発作を起こした。呼び出された娘の亜紀は、たどたどしく喋る父の口から衝撃の一言を聞く。
「ゆあさ」- それは昔殺されたはずの男・湯浅道男のことだった。元検察官の父・重治が湯浅の死に関与していた事を知った健司は、真相を解明すべく亜紀とともに動き出す。
時は遡り数年前、エリート検察官の重治、反権力ジャーナリストの浩介、その補佐を務める湯浅。圧倒的な権力を武器に時代から人を消した男と消された男がいた - 。(2015/8 集英社 文芸単行本公式サイトより)

第50回吉川英治文学賞受賞作品

いつになく硬派な感じに、期待しました。途中まではよかったのです。

ところが、次第次第に上手く消化できずに、落ち着かなくなってきます。腑に落ちないところがあるのに気付きます。

例えば、

最初紙面の多くをとって登場する、元刑事の喜多村という人物。この物語における彼の 「重要度」 がわかりません。死んだはずの湯浅を発見したまではいいのですが、その後の彼がどうなったのか。事件と関わり、彼はどんな感慨を持ったのか。知りたいと思う、そこが書かれてはいません。

生田目重治の妻・弥生と永沢浩介の妻・直美とは実は旧知の仲 - という設定に、どんな意味があるのでしょう。ほとんど交わる機会のない二人を、なぜこんな関係にしたのか。その意図がわかりません。

工藤という若い刑事が登場します。彼が刑事を辞めた理由が釈然としません。あまりに唐突にすぎ、書いてある内容だけでは正しく理解できないのではないかと。工藤が亜紀に恋をした - 例えばそうならそうと、もしも違う理由があったのなら、そこをきっちり書いて欲しかった。

そして、湯浅。この人物こそが全ての事件のキーマンだと思うのですが、結局彼の正体は明かされません。

単に私が思い違いをしているだけで、湯浅は、実はキーマンと呼ぶほどの人物ではなかったのかもしれません。いずれにせよ、 (言いたいのはそこではなく) 湯浅で始まった話なら、どんな形にせよ最後もやはり湯浅で締めてほしかった、ということです。

赤川次郎の本をたくさん読んでいるわけではないので、偉そうなことは言えないのですが、この手の話だからこそ、言いたいことがあります。背景をもっと明白に、状況は殊に詳細に、そして設えた伏線は必ずや回収されるものとして書いてほしかった。そんな思いが残ります。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


東京零年 (集英社文庫)

◆赤川 次郎
1948年福岡県生まれ。
桐朋高等学校卒業。

作品 「幽霊列車」「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、「ふたり」「雨の夜、夜行列車に」「涙のような雨が降る」「記念写真」他多数

関連記事

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽とタタン(新潮文庫) 今

記事を読む

『親方と神様』(伊集院静)_声を出して読んでみてください

『親方と神様』伊集院 静 あすなろ書房 2020年2月25日初版 (1)親方と神様 (伊集院

記事を読む

『まずいスープ』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『まずいスープ』戌井 昭人 新潮文庫 2012年3月1日発行 まずいスープ (新潮文庫)

記事を読む

『ツタよ、ツタ』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ツタよ、ツタ』大島 真寿美 小学館文庫 2019年12月11日初版 ツタよ、ツタ (小学館

記事を読む

『テミスの剣』(中山七里)_テミスの剣。ネメシスの使者

『テミスの剣』中山 七里 文春文庫 2017年3月10日第1刷 テミスの剣 (文春文庫)

記事を読む

『戸村飯店 青春100連発』(瀬尾まいこ)_書評という名の読書感想文

『戸村飯店 青春100連発』瀬尾 まいこ 文春文庫 2012年1月10日第一刷 戸村飯店 青春

記事を読む

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行 ホワイトラビット(新潮文

記事を読む

『恋に焦がれて吉田の上京』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『恋に焦がれて吉田の上京』朝倉 かすみ 新潮文庫 2015年10月1日発行 恋に焦がれて吉田の

記事を読む

『ことり』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ことり』小川 洋子 朝日文庫 2016年1月30日第一刷 ことり (朝日文庫) &nb

記事を読む

『チヨ子』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『チヨ子』宮部 みゆき 光文社文庫 2011年7月20日初版 チヨ子 (光文社文庫) 五年前

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑