『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行

毒母ですが、なにか (新潮文庫)

16歳で両親が事故死し孤児となったりつ子は、絶縁状態だった父の生家・財閥の玉垣家に引き取られる。贅沢な生活を送りながらも常に 〈よそ者〉 でしかない孤独感を紛らわすかのように勉強に励み、東大に合格。卒業後は名家の御曹司と結婚し、双子を出産する。すべてを手に入れたりつ子が次に欲したのは、子どもたちの成功だった - 。永遠にわかりあえない母娘を克明に描き出す圧巻の長編! (新潮文庫)

舞台が昭和なだけに、ちょっと古い感じがしなくもありません。でも大丈夫。読むうち段々と、そんなことは気にならなくなります。そして圧巻の最終盤の、思いもしない顛末に “あっと驚く” ことになります。

精神科医であり、筑波大学教授の斎藤環先生の見立てはこうです。(解説より)

高校一年で両親を脱線事故で亡くしたりつ子は、父親の実家である富裕な玉垣家に引き取られた。上流社会の生活になじめず孤立したりつ子は、周囲の娘たちのように学習院に進学することを避けるべく必死で受験勉強に励み、東大に合格。しかし就職の段階で女子を阻むガラスの天井に突き当たり、方針変更、美貌を武器に婚活に勤しみ、名家大鷹家の長男、迪彦を射止める。そんなりつ子が双子を授かった。倫太郎と星良である。はじめは受験のことなど考えていなかったりつ子は、周囲からお受験の熾烈さを聞かされて、子どもたちを塾に通わせるようになる。しかし、娘の星良は小学校受験にことごとく失敗し、りつ子にとっては屈辱的なことに、公立小学校に通うはめになる。婚家から侮られる屈辱に耐えかねて、彼女は周囲の連中を見返してやることを決意する。

- と、ここまで書いて先生は、りつ子という女性をこう規定します。

そう、りつ子の生存原理はきわめてシンプルだ。中流階級の出自に対する引け目と、だからといって周囲から侮られるのは我慢できないという高いプライド。この原理ゆえに猛烈な努力で東大には入学できたし、結婚も思い通りになった。しかし娘の星良は、そうはならなかった。彼女からすればひどくできの悪い娘のせいで、りつ子の人生の軌道は少しずつ狂いはじめる。

- 改めて書いておきましょう。16歳を境にりつ子の人生はがらりと変わるのですが、それは、以前の彼女の生活が甚だしく辛かったとか苦しかったということではありません。玉垣家とは大きく趣は異なるものの、相応に豊かで幸せな日々を送っていたのです。

動機はさておき、持って生まれた美貌を武器に、りつ子は理想の夫を射止めることに成功します。夫・迪彦は名家の御曹司らしく品が良く穏やかな性格で、彼女のことを心から愛しています。りつ子もまた、誰よりも迪彦を慕っています。

多少の齟齬はあったにせよ、りつ子は人並み以上の暮らしを手に入れたのでした。その上、何を望むというのでしょう? 何がりつ子をそこまで駆り立てたのでしょう。

りつ子が娘の星良にしたことは、星良にとってはすべてが “地獄” でした。その内容と顛末は書かずにおきますが、母が願う娘の幸福と、娘が描く自分の将来がこれほどまでに食い違うのは、一体どこに原因があるのでしょう?

最後に、再び斎藤先生のことば。

このように母はしばしば、まったく無自覚に、それこそ 「良かれと思って」 娘を支配しようとする。りつ子は星良を抑圧し、献身し、同一化する。いずれも母による支配の典型的なやり方だ。(中略) 母はしばしば娘の身体を借りて自身の欲望を満たそうとするため、自己愛と献身と支配の区別がきわめて曖昧になりやすい。だから私はいつも強調している。「あなたのためを思っては、例外なく呪いの言葉なのだ、と。

※りつ子ほどではないにせよ、私の周りにも彼女によく似た人物がいます。おそらく、当人には一切悪気がありません。「良かれと思い」、「ためを思って」 することが、往々にして、自分のためであることに気付こうともしません。

この本を読んでみてください係数 80/100

毒母ですが、なにか (新潮文庫)

◆山口 恵以子
1958年東京都生まれ。
早稲田大学文学部卒業。

作品 「邪剣始末」「月下上海」「食堂のおばちゃん」「婚活食堂」シリーズ、「恋形見」等

関連記事

『検事の本懐』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の本懐』柚月 裕子 角川文庫 2018年9月5日3刷 検事の本懐 (角川文庫)

記事を読む

『夜の木の下で』(湯本香樹実)_書評という名の読書感想文

『夜の木の下で』湯本 香樹実 新潮文庫 2017年11月1日発行 夜の木の下で (新潮文庫)

記事を読む

『図書室』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『図書室』岸 政彦 新潮社 2019年6月25日発行 図書室 あの冬の日、大阪・淀川の

記事を読む

『どこから行っても遠い町』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『どこから行っても遠い町』川上 弘美 新潮文庫 2013年9月1日発行 どこから行っても遠い町

記事を読む

『テティスの逆鱗』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『テティスの逆鱗』唯川 恵 文春文庫 2014年2月10日第一刷 テティスの逆鱗 (文春文庫)

記事を読む

『砂漠ダンス』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『砂漠ダンス』山下 澄人 河出文庫 2017年3月30日初版 砂漠ダンス (河出文庫 や)

記事を読む

『氷菓 The niece of time』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『氷菓 The niece of time』米澤穂信 角川文庫 2001年11月1日初版 氷菓

記事を読む

『タイニーストーリーズ』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『タイニーストーリーズ』山田 詠美 文春文庫 2013年4月10日第一刷 タイニーストーリーズ

記事を読む

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』(丸山正樹)_書評という名の読書感想文

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』丸山 正樹 文春文庫 2015年8月10日第一刷 デフ・ヴ

記事を読む

『ボラード病』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『ボラード病』吉村 萬壱 文春文庫 2017年2月10日第一刷 ボラード病 (文春文庫) B

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑