『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

物語が、始まる (中公文庫)

いつもの暮らしのそこここに、ひっそり開いた異世界への扉 - 公園の砂場で拾った雛型との不思議なラブ・ストーリーを描く表題作ほか、奇妙で、ユーモラスで、どこか哀しい、四つの幻想譚。芥川賞作家の初めての短篇集。(中公文庫)

(解説より) 穂村弘さんの、楽しい、そしてとても共感できる文章を紹介しようと思います。

雛型を手に入れたという冒頭の一文に、どきんとした。
「何の雛型かというと、いろいろ言い方はあるが、簡単に言ってしまえば、男の雛型である」 で、胸のどきどきは高まった。
そこへ追い打ちをかけるように、「生きている」。
うわっと思って本を伏せた。

ゆき子と三郎 - ゆき子は雛型を三郎と名付けます - の物語の中には、人形愛や母子愛や自己愛がぐちゃぐちゃに詰まっている。そしてそんなにぐちゃぐちゃになっていても、やはりそれは純愛なのだった。
たぶん、あれが私たちのもっとも幸せな時間だったのかもしれない、と思う場面がある」 という一文に胸が締め付けられる。

私は思わず友達に電話をかけた。
「『物語が、始まる』 読んだ? 」
「川上さんの? 」
「うん」
「読んだよ~、三郎の話、せつないね~」
「うん、うん」
「あたし、泣いたよ」
「うん、うん、うん」
満足した私は肯きながら電話を切った。

そして次の作品を読み始めた。「トカゲ」 である。
この話には、女と子供と座敷トカゲしか出てこない。そして話の舞台は昼間のマンションだ。それなのにこの濃密ないやらしさはどうだ。

ラストシーンで行われている行為は、冷静に指を折って考えてみると、同性愛の近親相姦の獣姦の乱交のラマーズ呼吸法の黒ミサの生け贄儀式ではないか。しかもその快感は蛇の生殺しならぬトカゲの生殺しのようにいつまでも終わらない。読み終わった私の頭はすっかり痺れていた。

私は思わず友達に電話をかけた。
「『トカゲ』 読んだ? 」
「川上さんの? 」
「うん」
「読んだよ~、座敷トカゲ、面白いね~」

「めちゃくちゃエッチじゃないか」
「え、川上さんのこと? 」
「うん」
「そんなことないよ。だって川上さん、学校の先生だったんだよ」

「エッチな先生だっているだろう」
「だって理科の先生だよ」
「理科・・・・・・・」
「うん、炎色反応とか細胞分裂とか」

よくわからなくなった私は電話を切った。「トカゲ」 はエッチじゃないのか、興奮した私の方がエッチなのか、混乱しながら再び本を開いた。

次は 「」 である。(続く)

川上弘美が書いたものなら、私はもはや、少々のことでは驚かなくなりました。さすがに慣れました。人の形をした、ただの雛型が感情を持ち、口をきくようになり、生身の人間に恋をしたとしても。体長が1メートを超える、座敷犬ならぬ “座敷トカゲ” がいたとしても、それがなんだというのでしょう。

この本を読んでみてください係数 85/100

物語が、始まる (中公文庫)

◆川上 弘美
1958年東京都生まれ。
お茶の水女子大学理学部卒業。

作品 「神様」「溺レる」「蛇を踏む」「真鶴」「ざらざら」「センセイの鞄」「天頂より少し下って」「水声」「どこから行っても遠い町」「大きな鳥にさらわれないよう」他多数

関連記事

『煙霞』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『煙霞』黒川 博行 文芸春秋 2009年1月30日第一刷 煙霞 (文春文庫)  

記事を読む

『父からの手紙』(小杉健治)_書評という名の読書感想文

『父からの手紙』小杉 健治 光文社文庫 2018年12月20日35刷 父からの手紙 (光文社

記事を読む

『櫛挽道守(くしひきちもり)』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『櫛挽道守(くしひきちもり)』木内 昇 集英社文庫 2016年11月25日第一刷 櫛挽道守 (

記事を読む

『物語のおわり』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『物語のおわり』湊 かなえ 朝日文庫 2018年1月30日第一刷 物語のおわり (朝日文庫)

記事を読む

『てとろどときしん』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『てとろどときしん』黒川博行 角川文庫 2014年9月25日初版 てとろどときしん 大阪府警・

記事を読む

『マタタビ潔子の猫魂』(朱野帰子)_派遣OL28歳の怒りが爆発するとき

『マタタビ潔子の猫魂』朱野 帰子 角川文庫 2019年12月25日初版 マタタビ潔子の猫魂

記事を読む

『夜の公園』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『夜の公園』川上 弘美 中公文庫 2017年4月30日再版発行 夜の公園 (中公文庫)

記事を読む

『魔女は甦る』(中山七里)_そして、誰も救われない。

『魔女は甦る』中山 七里 幻冬舎文庫 2018年7月25日5版 魔女は甦る (幻冬舎文庫)

記事を読む

『自覚/隠蔽捜査5.5』(今野敏)_書評という名の読書感想文

『自覚/隠蔽捜査5.5』今野 敏 新潮文庫 2017年5月1日発行 自覚: 隠蔽捜査5.5 (

記事を読む

『宇喜多の捨て嫁』(木下昌輝)_書評という名の読書感想文

『宇喜多の捨て嫁』木下 昌輝 文春文庫 2017年4月10日第一刷 宇喜多の捨て嫁 (文春文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑