『夜のピクニック』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『夜のピクニック』恩田 陸 新潮文庫 2006年9月5日発行


夜のピクニック (新潮文庫)

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて、歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために - 。学校生活の思い出や卒業後の夢など語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。(新潮文庫)

第26回(2005年) 吉川英治文学新人賞、第2回(2005年) 本屋大賞 受賞作品

全生徒が24時間かけて80kmを歩く高校の伝統行事 「歩行祭」。 3年生の甲田貴子には最後の歩行祭、年に1度の特別なこの日に、自分の中で賭けをした。 それは、クラスメイトの西脇融に声を掛けるということ。貴子は、恋心とは違うある理由から西脇を意識していたが、一度も話をしたことがなかった。しかし、ふたりの不自然な様子をクラスメイトは勘違いして・・・・・・・と、ストーリーは進んでゆきます。

登場人物を紹介しましょう。(以下はwikipediaを参照/一部略)

西脇融(にしわき・とおる) テニス部。同級生の甲田貴子とは異母兄妹。
甲田貴子(こうだ・たかこ) 同級生の西脇融とは異母兄妹。母はシングルマザー。

戸田忍(とだ・しのぶ) 融の親友。水泳部。以前に内堀亮子と付き合っていた。はっきりと言及はされていないものの、貴子のことが好き。
遊佐美和子(ゆさ・みわこ) 貴子の親友で和菓子屋の娘。北高男子の憧れの的。
榊杏奈(さかき・あんな) 貴子と美和子の親友で帰国子女。2人には好きな人を打ち明けないまま、高校3年生になる春に再びアメリカへ行ってしまう。

後藤梨香(ごとう・りか) 融と貴子のクラスメイト。
梶谷千秋(かじたに・ちあき) 融と貴子のクラスメイト。密かに戸田忍のことが好き。
榊順弥(さかき・じゅんや) 杏奈の弟。アメリカに住んでいるが、わざわざ日本までやって来て歩行祭に飛び入りで参加する。実は去年も来ていた。
高見光一郎(たかみ・こういちろう) 融と貴子のクラスメイトでロックをこよなく愛する。昼間は死んだように静かなので「ゾンビ」とあだ名される。
内堀亮子(うちぼり・りょうこ) 美和子のクラスメイトで、戸田忍の元カノ。校内で付き合った男子は数知れず。融のことを狙っているらしい。超打算的女と忍に言われている。

※2006年9月にはこの小説を原作とする映画が公開されています。ちなみにその時のキャッチコピーが 「みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう」。
本文では、これを杏奈が言います。

みんなで、夜歩く。たったそれだけのことなのにね。  どうして、それだけのことが、こんなに特別なんだろうね。- と。

※この感覚こそがまさに「青春」、なのでしょう。これくらいに真っ直ぐな話になると、(今の私なんかには) 少々 「面映ゆい」 感じがします。思い出すのも恥ずかしい。しかし、間違いなくそうであったような - そんな場面や会話が続きます。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


夜のピクニック (新潮文庫)

◆恩田 陸
1964年青森県青森市生まれ。宮城県仙台市出身。
早稲田大学教育学部卒業。

作品 「六番目の小夜子」「ユージニア」「中庭の出来事」「木洩れ日に泳ぐ魚」「蜜蜂と遠雷」「EPITAPH東京」他多数

関連記事

『トワイライトシャッフル』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『トワイライトシャッフル』乙川 優三郎 新潮文庫 2017年1月1日発行 トワイライト・シャッ

記事を読む

『ようこそ、わが家へ』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『ようこそ、わが家へ』池井戸 潤 小学館文庫 2013年7月10日初版 ようこそ、わが家へ (

記事を読む

『モルヒネ』(安達千夏)_書評という名の読書感想文

『モルヒネ』安達 千夏 祥伝社文庫 2006年7月30日第一刷 モルヒネ (祥伝社文庫)

記事を読む

『まずいスープ』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『まずいスープ』戌井 昭人 新潮文庫 2012年3月1日発行 まずいスープ (新潮文庫)

記事を読む

『その可能性はすでに考えた』(井上真偽)_書評という名の読書感想文

『その可能性はすでに考えた』井上 真偽 講談社文庫 2018年2月15日第一刷 その可能性はす

記事を読む

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (新潮文庫) (帯に) 芥

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 オロロ畑でつかまえて

記事を読む

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(尾形真理子)_書評という名の読書感想文

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』尾形 真理子 幻冬舎文庫 2014年2月10日初版

記事を読む

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日初版 さよなら、ビー玉父

記事を読む

『十一月に死んだ悪魔』(愛川晶)_書評という名の読書感想文

『十一月に死んだ悪魔』愛川 晶 文春文庫 2016年11月10日第一刷 十一月に死んだ悪魔 (

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日

『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 20

『電球交換士の憂鬱』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『電球交換士の憂鬱』吉田 篤弘 徳間文庫 2018年8月15日初刷

『私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。』(日向奈くらら)_書評という名の読書感想文

『私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。』日向奈 くらら 角川ホ

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑