『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

美しすぎるのは不幸なのか? 美人であるがゆえに引き寄せられる壮絶な事件。生々しい手記の違和感に気づいた瞬間、追いかけていた景色が一気に崩される。巧妙すぎるトリックに茫然自失。この衝撃は一生モノだ

美人に生まれたのは罪ですか - ? 抜群の美貌のせいで幼少期から何度も犯罪やいじめの被害に遭い、不幸ばかりの人生を歩んできたシングルマザーの香織 (仮名)。とうとう娘の学校の教師にまで襲われ、その事件が大々的に報道されたのを機に、手記 『逆転美人』 を出版したのだが、それは社会を震撼させる大事件の幕開けだった。果たして 『逆転美人』 の本当の意味とは? 全ミステリーファン必読、文学史に残る伝説級超絶トリックに驚愕せよ!! (双葉文庫)

いくらなんでも 「文学史に残る伝説級超絶トリック」 とは大げさな・・・・・・・。(よくあることではありますが) 煽り文句があまりに過ぎるとかえって読む気が失せる - というあなたにこそ、読んでもらいたいと思う一冊です。“並外れて工夫がなされた小説“ であることは間違いありません。

何れ劣らぬ超絶美人の、母と娘が登場します。ところが、二人は思うほどには上手く生きられません。あらゆる男に言い寄られ、その気がないと断ると、お高くとまっていると逆恨みされることもしばしばで、胸襟を開いて語り合える友さえいないのでした。

さて、この先二人はどんな人生を歩むのか? 香織が手記を出版するに至った経緯とその顛末は? 終わり間際、予想もしない展開が待ち受けています。  

まったく本の内容に関する知識を持たずに、読んだ方がいい作品がある。藤崎翔の新刊は、そのような一冊だ。できれば本の帯の惹句も、裏表紙にある紹介文も、知らない方がいい。もちろんこの書評も、読まないままにするのがベストだ。(以下省略)- 細谷正充 (小説推理 2022年12月号掲載)

なので、これ以上は書きません。

この本を読んでみてください係数  80/100

◆藤崎 翔
1985年茨城県牛久市生まれ。
東京都在住。高校卒業後、6年間お笑い芸人として活動。

作品 2014年に初めて書いた長編ミステリ 「神さまの裏の顔」 で第34回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、小説家デビュー。他に「私情対談」「こんにちは刑事(デカ)ちゃん」「あなたに会えて困った」「守護霊刑事」などがある。

関連記事

『ジャズをかける店がどうも信用できないのだが・・・・・・。』(姫野 カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ジャズをかける店がどうも信用できないのだが・・・・・・。』姫野 カオルコ 徳間文庫 2016年3月

記事を読む

『変半身/KAWARIMI』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文 

『変半身/KAWARIMI』村田 沙耶香 ちくま文庫 2021年11月10日第1刷

記事を読む

『私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。』(日向奈くらら)_書評という名の読書感想文

『私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。』日向奈 くらら 角川ホラー文庫 2017年11月25

記事を読む

『くちなし』(彩瀬まる)_愛なんて言葉がなければよかったのに。

『くちなし』彩瀬 まる 文春文庫 2020年4月10日第1刷 別れた男の片腕と暮ら

記事を読む

『木洩れ日に泳ぐ魚』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『木洩れ日に泳ぐ魚』恩田 陸 文春文庫 2010年11月10日第一刷 舞台は、アパートの一室。別々

記事を読む

『かなたの子』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『かなたの子』角田 光代 文春文庫 2013年11月10日第一刷 生まれなかった子が、新たな命

記事を読む

『火車』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『火車』宮部 みゆき 新潮文庫 2020年5月10日87刷 ミステリー20年間の第1

記事を読む

『笑う山崎』(花村萬月)_書評という名の読書感想文

『笑う山崎』花村 萬月 祥伝社 1994年3月15日第一刷 「山崎は横田の手を握ったまま、無表情に

記事を読む

『カンガルー日和』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『カンガルー日和』村上 春樹 平凡社 1983年9月9日初版 村上春樹が好きである。 私が持っ

記事を読む

『口笛の上手な白雪姫』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『口笛の上手な白雪姫』小川 洋子 幻冬舎文庫 2020年8月10日初版 「大事にし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『錠剤F』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『錠剤F』井上 荒野 集英社 2024年1月15日 第1刷発行

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑