『執着者』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『執着者』櫛木 理宇 創元推理文庫 2024年1月12日 初版 

すべての油断が地獄の始まり。この地獄から誰か助けて 戦慄のサイコサスペンス

幾度逃げても現れる、正体不明の老人。圧倒的恐怖の先に待つ驚愕の真相とは -

平凡な家庭に育ち、26年間大きな恐怖に襲われたことがなかった会社員・友安小輪の生活は、ある日を境に一変した。恋人と同棲するアパートに突如謎の老人が現れ、執拗ないやがらせを始めたのだ。恋人は不自然に委縮し、交番の警官はまともに取り合おうとしない。一方、都内に住む若夫婦が老人に襲撃され、夫は過剰殺傷の末に死亡、妻が攫われるという事件が起きる。幼い頃に姉を殺害されたことがきっかけで刑事になった “事件マニア“ の佐坂湘は、くせ者ながら優秀な警視庁捜査一課の捜査官・北野谷輝巳と組み、妻の行方を追うが・・・・・・・。老人による不可解な犯罪、その先に待つ衝撃の結末とは。戦慄のサイコサスペンス。(創元推理文庫)

問題は、その人物が八十歳にもなろうかという老人だったことです。正体不明の老人に何があってつけ狙われるのか - 被害者たちは、その理由がわかりません。 

友安小輪 (ともやす・さわ) は会社員。仕事がきっかけで知り合った恋人・岸智保 (きし・ともやす) と一緒に暮らし始める。だが、二人が暮らすアパートに奇妙な老人が現れ、さまざまな嫌がらせをするようになった。智保は老人が持つ風鈴の音になぜか異様な怯えを示し、じっと息をひそめているばかり。通報を受けてやって来た警官は 「相手は高齢者だから」 と小輪の訴えを軽くあしらった。

一方、都内で殺人と誘拐事件が起きる。老人が若い建築士の男性を絞殺し、その妻を連れ去ったのだ。荻窪署の佐坂湘 (ささか・しょう) は、警視庁捜査一課の北野谷輝巳 (きたのや・てるみ) と組んで捜査に臨む。

そして、一人暮らしの大学院生・丹下薫子 (たんげ・かおるこ) は、奇妙な老人によるストーキングに悩まされていた。彼女は警察に相談するものの、警官は真剣に受け止めようとしない。その一方で、老人の行動は次第にエスカレートし、強い悪意を示すものになっていた・・・・・・・。

佐坂たちの追う殺人・拉致事件と、二つのストーカー事件。老人が関わっていること以外に共通点の見えない三つのできごとは、どうつながっているのか・・・・・・・? (解説より)

いくつもの事件とそれに関わった何人もの人物が登場します。何の関係もなさそうに思える人物が、実は事件の重要な鍵を握っていたり、いかにもな人物が実はさほど悪人ではなかったり。見極めるのは、大層難しいと思います。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆櫛木 理宇
1972年新潟県生まれ。
大学卒業後、アパレルメーカー、建設会社などの勤務を経て、執筆活動を開始する。

作品 「ホーンテッド・キャンパス」「赤と白」「侵蝕 壊される家族の記録」「209号室には知らない子供がいる」「死刑にいたる病」「ぬるくゆるやかに流れる黒い川」「氷の致死量」他多数

関連記事

『よるのふくらみ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『よるのふくらみ』窪 美澄 新潮文庫 2016年10月1日発行 以下はすべてが解説からの抜粋です

記事を読む

『信仰/Faith』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『信仰/Faith』村田 沙耶香 文藝春秋 2022年8月10日第3刷発行 なあ、俺

記事を読む

『ざらざら』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ざらざら』川上 弘美 新潮文庫 2011年3月1日発行 風の吹くまま旅をしよう、と和史が言

記事を読む

『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その1)

『新宿鮫』(その1)大沢 在昌 光文社(カッパ・ノベルス) 1990年9月25日初版 『新宿

記事を読む

『メタボラ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『メタボラ』桐野 夏生 文春文庫 2023年3月10日新装版第1刷 ココニイテハイ

記事を読む

『サロメ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『サロメ』原田 マハ 文春文庫 2020年5月10日第1刷 頽廃に彩られた十九世紀

記事を読む

『名短篇、ここにあり』(北村薫/宮部みゆき編)_書評という名の読書感想文

『名短篇、ここにあり』北村薫/宮部みゆき編 ちくま文庫 2008年1月10日第一刷 「少女架刑」

記事を読む

『最悪』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『最悪』奥田 英朗 講談社 1999年2月18日第一刷 「最悪」の状況にハマってしまう3名の人物

記事を読む

『女たちの避難所』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『女たちの避難所』垣谷 美雨 新潮文庫 2017年7月1日発行 九死に一生を得た福

記事を読む

『十字架』(重松清)_書評という名の読書感想文

『十字架』重松 清 講談社文庫 2012年12月14日第一刷 いじめを苦に自殺したあいつの遺書

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑