『その街の今は』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『その街の今は』柴崎 友香 新潮社 2006年9月30日発行


その街の今は (新潮文庫)

 

ここが昔どんなんやったか、知りたいねん-。28歳の歌ちゃんは、勤めていた会社が倒産し、カフェでバイトをしている。初めて参加したのに最低最悪だった合コンの帰り道、年下の良太郎と出くわした。二人は時々会って、大阪の古い写真を一緒に見たりするようになり-。過ぎ去った時間やささやかな日常を包みこみ、姿を変えていく大阪の街。今を生きる若者の日常を描く、暖かな物語。芸術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞の三賞受賞。(「BOOK」データベースより)

これは、ちょっと玄人好みの小説なのかも知れません。大きな賞を3つも受賞した上に芥川賞の候補にもなっている作品なので良い小説であるのは間違いないのですが、日頃あまり小説を読まない人が読んだりすると、少々物足りなさが残るのではないかと思うのです。

それくらいストーリーが平坦で、大きな起伏がありません。と言うか、書き様によっては起伏だらけになるところを、敢えてそうではない風に書いている - そう言った方がいいかも知れません。その企てを知った上で、吟味しなければなりません。
・・・・・・・・・・
話の大きな目玉は2つあって、1つは主人公である歌ちゃんの恋の行く末です。まず、彼女には鷺沼さんという年上の恋人がいます。いや、残念ながら、今となっては「いました」と過去形で言った方がいいかも知れません。

詳しい事情は分かりませんが、2人の仲が多少ぎくしゃくなるのと時を同じくして、鷺沼さんは別の女性と結婚してしまいます。歌ちゃんは、おそらくそのことで怖ろしく動揺もしたはずなのですが、こんな風に心で思って自分を納得させています。

鷺沼さんは、瞼の薄い一重の目でわたしを見た。昨日も会っていたような笑顔で、最初にこの店で客同士として会ったときも、こんな顔をしていたというか、わたしを部屋に泊めようが誰かと結婚しようが変われへんのや、と思った。

鷺沼さんのことに多くのページが割かれているわけではありませんが、歌ちゃんが今でも彼に惹かれている様子がよく分かります。鷺沼さんはいかにも大人の優しげな男性ですし、
歌ちゃんはやっぱり彼のことが好きで忘れることができないのです。

そんな中で、彼女は良太郎と出会います。変な先入観を持たせるようなことを言ってしまいますが、(時節柄、頭のどこかでこの人のことを意識しているからだと思うのですが)この良太郎が、私にはピースの又吉直樹に思えて仕方ないのです。

歌ちゃんと出会ったときの良太郎は、紺色の古着っぽいTシャツと裾のすり切れたジーンズ、玄関にあったのを適当につっかけてきた感じの黒いサンダルという、その恰好もそうですが、ぼそぼそと自信なさげに喋る風情が又吉そのままに感じてしまうのです。

ま、それはよいとして、良太郎は25歳、歌ちゃんより3つ年下の青年です。消費者金融の集金係りという、ちょっと変わったアルバイトをしています。歌ちゃんは最初、怪しいヤミ金の取立て屋ではないかと疑うのですが、良太郎がしているのは至極真っ当な仕事です。

2人は偶然行き合った飲み会で盛上がり、いつしか歌ちゃんは良太郎とばかり話すようになり、気付くとべったりくっついて、最後はつき合うことになりました -- と言ったらしいのですが、彼女には確かな記憶がありません。しこたま飲んで、酔っ払っていたのです。

おそらく良太郎も似たような状態で、翌日2人は会う約束をしているのですが、改めて顔を合わせた2人は何ともぎこちなく、まるで初対面のようなありさまです。そんな「劇的感」のかけらもない、それなりな感じで、2人はつき合い始めることになります。

その「何でもなさ」がリアルで、「ああ、現実はこんなもんなんや」と納得させられてしまいます。わざとらしいところが微塵もなくて、素直に頷いてしまうのです。その上、歌ちゃんと良太郎が上手くいけばええのになあ、と思ってみたりするのです。
・・・・・・・・・・
さて、もうひとつの目玉ですが、それはこの小説が大阪を舞台にした「街小説」であるという点です。例えば、こんな情景描写が随所に出てきます。

そのまま自転車と原付を押して御堂筋へ出た。銀杏並木は葉が重そうなほど緑色に茂っていて、その向こうに「はり重」と松竹座が見え、・・(中略)・・。戎橋の架け替えと川岸の遊歩道を作るための工事で、御堂筋の東側から向こうは、白いボードで覆われていた。
道頓堀川や戎橋の代わりに、黄色いクレーンの上のほうがいくつか見えた。手前の道頓堀橋の上にも道頓堀の通りにも、暑そうに黒く光る頭がたくさん歩いていく。信号が変わると、全部南を向いている車が、待ちかまえていたようにいっせいに動き出した。

歌ちゃんは大阪の古い写真を集めていて、大阪の今と昔を比べてみるのが楽しいと言います。それを聞いた良太郎は、四天王寺の縁日やわざわざ滋賀まで出かけて、4、50年前の心斎橋付近の写真やら中古のレコードを彼女にプレゼントします。

日々姿を変えていく大阪の街を語らいながら、歌ちゃんと良太郎は少しずつ互いの距離を縮めていきます。2人の若者はらしいし、大阪の街の景色もいいのですが、歌ちゃんがなぜそんなに古い写真が好きなのか、その理由をもう少し丁寧に書いて欲しかった。そこだけが、ちょっと残念なところです。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


その街の今は (新潮文庫)

◆柴崎 友香
1973年大阪府大阪市大正区生まれ。
大阪府立大学総合科学部国際文化コース人文地理学専攻卒業。

作品 「きょうのできごと」「次の駅まで、きみはどんな歌をうたうの?」「青空感傷ツアー」「フルタイムライフ」「また会う日まで」「寝ても覚めても」「春の庭」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『セイレーンの懺悔』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『セイレーンの懺悔』中山 七里 小学館文庫 2020年8月10日初版 セイレーンの懺悔 (小

記事を読む

『三面記事小説』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『三面記事小説』角田 光代 文芸春秋 2007年9月30日第一刷 三面記事小説 (文春文庫)

記事を読む

『迅雷』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『迅雷』黒川 博行 双葉社 1995年5月25日第一刷 迅雷 (文春文庫)  

記事を読む

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日初版 さよなら、ビー玉父

記事を読む

『身分帳』(佐木隆三)_書評という名の読書感想文

『身分帳』佐木 隆三 講談社文庫 2020年7月15日第1刷 身分帳 (講談社文庫)

記事を読む

『最悪』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『最悪』奥田 英朗 講談社 1999年2月18日第一刷 最悪 (講談社文庫)  

記事を読む

『春の庭』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『春の庭』柴崎 友香 文春文庫 2017年4月10日第一刷 春の庭 (文春文庫) 東京・世田

記事を読む

『生存者ゼロ』(安生正)_書評という名の読書感想文

『生存者ゼロ』安生 正 宝島社文庫 2014年2月20日第一刷 生存者ゼロ (宝島社文庫 『こ

記事を読む

『ラブレス』(桜木紫乃)_書評という名の感想文

『ラブレス』 桜木 紫乃  新潮文庫 2013年12月1日発行 @630  

記事を読む

『君の膵臓をたべたい』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『君の膵臓をたべたい』住野 よる 双葉社 2015年6月21日第一刷 君の膵臓をたべたい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑